20180605 Tue
ツ・ブックソシアルクラブ第5回


津のブックカフェ「ツァラトゥストラハカク語リキ」で、
月に1回開催されている、読書会「ツ・ブックソシアルクラブ」に参加しました。
……と、ご報告するのも1週間遅れてしまいましたが。

先にお知らせしますと、次回は6/25(月)、だと思います。
毎月第4月曜にやってます。19時から。
オススメの本を紹介する以外にも、最近こんな本を読んだとか、
この本が気になってるんだけど誰か読んだ人いませんか、とか、
買ったまま積みっぱなしになってるんだけどその本の話をしたいとか、
もしくはただただ話を聞くだけ、でももちろんOKです。
本に興味があれば何でも大丈夫だと思います。
ぜひ、ご参加ください。(僕は主催者ではないのですが…)

では以下、5月のことを書いていきます。


上の画像を見ればどんな本があったかは分かって頂けると思いますが、
余計なお世話で一応、紹介された本を書いておきます。


バベる! (単行本)
 岡 啓輔 『バベる!自力でビルを建てる男』(筑摩書房)
僕の紹介した本です。
蟻鱒鳶ル、見に行ったことあるんですけど、すごい建物です。
どうか無事に完成してほしい。


「おいしさ」の錯覚 最新科学でわかった、美味の真実
 チャールズ・スペンス 『「おいしさ」の錯覚』(KADOKAWA)
著者はこの研究でイグ・ノーベル賞を受賞した人。
ふにゃふにゃに湿気ったポテトチップスを食べるときに、ヘッドフォンで「パリッ!」という音を聴かせると、
人は美味しく感じるらしい。なんて雑で面白い人間の脳。
ほかにも人が「おいしさ」を感じるとはどういうことが、がぎっしり。


ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫) いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画 (集英社新書) [新装版] 印象派の水辺
 原田マハ 『ジヴェルニーの食卓』(集英社文庫)
 原田マハ 『いちまいの絵 生きているうちに見るべき名画』(集英社新書)
 赤瀬川 原平 『印象派の水辺』(講談社)
これだけの本を持ってくるという熱量よ…。
モネが好きという方の、モネ展に絡めた本の紹介。素晴らしかった…。
恥ずかしながら、原田マハ作品を未読なので、この熱量に押されるまま読んでみよう。


和菓子のアン (光文社文庫) 和菓子のアンソロジー (光文社文庫)
 坂木司 『和菓子のアン』(光文社文庫)
 坂木司ほか 『和菓子のアンソロジー』(光文社文庫)
坂木さんの持ち味(のひとつ)である、日常ほのぼのミステリ。
いま書きながら気づいたんですが、てっきり創元推理文庫かと思ってました…。
さらに勘違いで、坂木さんが「猫丸先輩シリーズ」を書いてると思ってた…。(正解は倉知淳)
ミステリにハマってた時期に、坂木さんも倉知さんもデビュー作しか読んでない…。


最悪の将軍 吉良の言い分―真説・元禄忠臣蔵〈上〉 吉良の言い分―真説・元禄忠臣蔵〈下〉
 朝井まかて 『最悪の将軍』(集英社)
 岳 真也『吉良の言い分―真説・元禄忠臣蔵〈上〉』(ケイエスエス)
 岳 真也『吉良の言い分―真説・元禄忠臣蔵〈下〉』(ケイエスエス)
時代小説。
世間的な評判が悪い人(紹介された本で言えば、徳川綱吉や吉良公など)を取り上げて、
評判ではなく、ただただ事実を基にして、その評判とは違う側面で書いていき、新たな角度で光を当てる。
フィクションとはいえ、それが書くということの強さ。
というか皆さんの、複数冊を持ってくるという気合がすごい…。


ホモ・ルーデンス 文化のもつ遊びの要素についてのある定義づけの試み (講談社学術文庫)
 ヨハン・ホイジンガ 『ホモ・ルーデンス』(講談社学術文庫)
紹介された方は、最近のアメフトの事件を見て、やりきれない気持ちになって、
いったん戻って、“遊び”とは何かということから見直そうと思って本書を手に取られたそう。
……学者の発想や……。すげえ……。
「ホモ・ルーデンス」とは、「遊ぶ人」という意味。
人間の文化の発展を、遊びという視点から捉えなおした一冊。
個人的には一番読んでみたいと思った本です。


青空の卵 (創元推理文庫) 冷静と情熱のあいだ Rosso (角川文庫) 冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫)  子ダヌキのいたずら日記 (わたしの動物記)
 坂木司 『青空の卵』(創元推理文庫)
 江國香織 『冷静と情熱のあいだ Rosso』 (角川文庫)
 辻仁成 『冷静と情熱のあいだ Blu』 (角川文庫)
 池田 啓『子ダヌキのいたずら日記』(ポプラ社)
ついにひとり4冊も…!そしてまさかの坂木司かぶり!大人気!
ようやく僕も読んだことのある本たちが…。
それにしても、子ダヌキかわいかった…。


お読み頂きありがとうございました。
さすがに1週間たち、記憶も薄れてきているので、なんとなく本を並べてお茶を濁してしまいました。
次回は、早めにご報告します…。そして次回までにもっと本読むぞー。

#BGM cero / 魚の骨 鳥の羽根

最近こればっか聞いてます。4:25のポリリズムが本番。




20180529 Tue
そして報告は明日へ


今日、読書会のレポートを書くと言いましたが、
今日も今日とてツァラトゥストラさんに行き、ついマスターと話し込んでしまい、
帰りが遅くなったので、ちょっと延期します。
僕の都合でどうにでもなる世界。それがここ。
今日はマスターと話して、思いついたことをメモに残しておきます。

帰り道、電子書籍のことを考えていた。
きっと僕には想像もつかないようなやりかたで、
電子書籍はもっと便利になる日がくると思う。
(20年前には誰もYOUTUBEの存在を知らなかったように)。
そうなると書店員というのは、いったいどうなるのだろう、と。

電子書籍ってのは始めは、まず取次(本の問屋みたいなところ)と書店を飛ばして、
出版社と読者を直接結ぶようになり、
やがて出版社がなくなる、というかもっと個人単位から無数に出版元が立ち上がって、
それらが出版するさらに無数の文章たちが、
AIによって受け手にオススメされるようになって、
やがては物語の生成自体が受け手の好みによって変化していく、
ところまで行ったら楽しいなぁ、と個人的には思っている。
(金子邦彦『カオスの紡ぐ夢の中で』をご参照)

となると、書店員という職業は消えるのだろうか。どこかへ溶け込むのだろうか。
電子書籍の流通量が紙の本を超えたときに、まずひとつめの転換点があるだろう。
(僕の勝手なイメージで言ってしまうと)いまの書店員で、
電子書籍のことを分かっている人というのは少ない気がするから、
電子書籍の薦め方を知っている人たちの方が、新しい書店員になっていくんじゃなかろうか。
やがてはAmazonのオススメやNetflixのオススメ、みたいな、
人工知能によるオススメの方が精度が上がっていって、人工知能が書店員になっていくと思う。

もしも人間の書店員が、
完璧にその人の好みに合わせてくるAIに勝てるとするなら、
遅さ・つまらなさ・わからなさ・合ってなさ・めんどくささ、というネガティブさが大事になってくると思う。
シンギュラリティはそこも超えてくるのかもしれないけど。
やがて人工知能は人間より人間っぽくなるんだろうか。
僕が生きてる間にどこまで楽しいことが起こるだろう。


たぶん、なんとなく分かってくれる人はいると思うんだけど、
いまはフラットな時代なのもあって、いったん傾くと、
早さとか、上手さとか、分かりやすさ、の方へ皆が転がっていきやすい。
最近、涙や、泣ける、といった評価に前よりさらに違和感を感じていて、
涙っていうのは、色々なことから無関係に速くやってくるので、気を付けた方が良いんじゃないかと。
泣ける、の対義語が無いから、余計に危なく思うのかもしれない。
僕もよく、号泣、とかいう評価を使ってしまうんですけどね。


#BGM 「海が聞こえる サウンドトラック」
海がきこえる
tr.4 少女の想い




20180527 Sun
書店員とは、本を紹介する人のことである


1か月更新されていないとかで、広告が出てきたので、慌てて更新。
これで何度目だ……。

松阪市立図書館で開催された、ビブリオバトルに参加してきました。
発表したのは、岡啓介『バベる!自力でビルを建てる男』(筑摩書房)
バベる! (単行本)

結果は1回戦で敗退という無残なものでしたが、楽しかったです。
ただ、僕の場合は、一応書店員という職業ということもあり、
負けるとダメージも大きいですね…。

書店員の仕事で多くを占めるのは、本をうまく見せてお客様に手に取ってもらうこと、だと思うので、
なんというか、自分で面白いと思った本を、ビブリオバトルで紹介して、それが負けるとなると…。
実際の仕事でもそれが上手く出来ていないのではないかと、さすがにヘコみます。
まあ、書店の店頭では、直接お客様にガーッと話しかけることも無いですし、
自分が面白いと思った本=売りたい本、と直結するわけではないし、
もっと言えば、売ろうとする本=自分が面白いと思う本、というわけでもないので、
ビブリオバトルの結果だけで一喜一憂するものでもないんでしょうけど…。

明日5/28(月)は、津のブックカフェ・ツァラトゥストラハカク語リキさんで、
月に一度の恒例読書会(という名の、本をオススメし合う会)です。
まだ参加人数が少ないので、1人2冊くらい話せます。
僕は、『バベる!』を再挑戦するのと、もう1冊SFを持っていこうと思います。
明後日くらいには、ブログにレポートも書けるはず。お楽しみに。


#BGM Hello Nico「光塵」

台湾のバンドです。



 
OFZK

 日記 (684)
 つくり話 (26)

 2018/06 (1)
 2018/05 (2)
 2018/04 (3)
 2018/03 (1)
 2018/02 (1)
 2018/01 (3)
 2017/12 (7)
 2017/11 (6)
 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (22)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZK by sonton



adimin