20180219 Mon
「社会に出たら100点取って当たり前」と言われたら


s-IMG_2628.jpg

TOKYO FMに『ジブラルタ生命 Heart to Heart ありがとう、先生!』という朝の番組があります。
JFN系列で放送されているので僕はFM三重で聞いています。
内容は、先生に言われて印象に残っている言葉を紹介するというものです。
この番組の今朝の回で、
 「社会に出たら100点取って当たり前」
という言葉が紹介されていました。

そんな言葉が良きものとして紹介される世の中を、
すこしでも生きやすいものにするため、微力ながら久しぶりにブログを書きます。

1分ほどの短い番組なので、どういったシチュエーションでこの言葉が言われたのかは分かりません。
ただ、紹介されたエピソードからは、
「君たちはテストで80点を取れば褒められるが、
 社会に出たら120点を取って初めて褒められる」
という言葉が前後に続いたようで、いよいよ苦しい状況だな、と感じました。
こういうことを言うような先生を求めている方もいられるのかもしれませんが、
僕は、生徒がすこしでも生きやすくなる方法を教えるのが先生だと思っています。
これでは生徒が息苦しくなるだけではないでしょうか。

すこし考えただけで、次々と疑問が出てきます。
 ・社会とは何を指しているのか、社会へ出るとはどういったことなのか
 ・社会へ出たのちの100点とは何なのか
 ・社会へ出たのち100点が取れないのは悪いことなのか
 ・その採点は誰がおこなっているのか、採点基準は何なのか
 ・採点の主である誰かに褒められるからという理由で何かをやるのか

それぞれの疑問について説明をするには、ちょっと今日は時間がないので、
(すみません。らしくないと思われるでしょうが、最近真面目に、寝る時間を決めています)
腑に落ちない方もいらっしゃるかもしれません。
なので、この先生に、この言葉を適用してみて、疑問に思うことを挙げてみます。

 ・この先生はどの社会のどこに属しているつもりで、
 どの社会の誰に何点をつけられていて、
 果たしてこの言葉を言ったことによって得た点数は何点で、
 それによって誰に褒められたかったのか

どうでしょうか。
とても馬鹿げていて、とても息苦しいと思うのは、僕だけでしょうか。
屁理屈だと言われるかもしれませんが、それはそもそも先生の言葉が下手だからです。
発した意図が、悪い冗談であったことを願うばかりです。
もしこの言葉が「120点を取るつもりで何事にも向かっていけ」というものであったら、
まだだいぶ違和感はありますが、僕もこれほどまで疑問に感じなかったでしょう。
鹿児島県のばらちさんも、こんな馬鹿な呪いにかかっていないで、さっさと気楽に生きてください。

代替案を出さないのはあまりに言いっぱなしなので、
この先生の言葉の選び方で、例えばソントンという生徒が僕にいたなら、
その子たちに言うであろうことを書いてみます。


学校のテストには、定まった出題者がいて、ある程度の定まった答えがあり、
よって、あなたの出した答案を、定まった基準で採点することができます。
しかし、学校を卒業し、いまよりもっと多くの人に出会うようになると、
あなたの行動は、その多くの人たちそれぞれの価値観で判断されるようになります。
そのうち誰かの価値観は一定ではなく、たとえば僕にも、
ソントンくんは早く登校して偉いな、と思う日もあれば、
ソントンくんがもう少し遅く来てくれたら落ち着いて授業の準備が出来るのにな、と思ってしまう日もあります。

今あなたは、誰かに褒められたい、誰かを喜ばせたい、
そのためにテストで良い点を取ったり、部活に取り組んだりしているかもしれません。
ただ、考えてみましょう。
誰かが褒められてくれたり、誰かの喜んでいる顔を見て、
その結果、嬉しかったり、幸せになっているのは、あなた自身のはずです。
つまり、あなたは、あなたを喜ばせるために、勉強したり、部活をしているはずなのです。

さきほど言ったように、社会に出たら、多様な価値観にさらされますし、
ひとりの人間の価値観だって、ときによって変わってしまいます。
なので、誰かから100点をもらい続けるのは不可能です。
ましてや、あなたのことを気に入ってない人からは、60点をもらうことだって厳しいでしょう。

なので、あなたは誰かの顔色を窺わずに、あなた自身であなたを評価しなければいけません。
ほかのグラグラ動く評価基準に頼っていたら疲れてしまうだけです。
ぜひ、あなた自身の評価基準を見つけてください。
その基準を見つけるヒントは、先ほどもちらっと言いましたが、
あなたが見ている周りの人、が見ているあなた、にあります。ややこしくてすみません。

そして安心してください。人生はテストではありません。ましてや受験でもありません。
10点しか取れない日もあるでしょう。
けれど、価値観が動くということは、知らず知らずそのまま90点が取れる日もあるということです。
誰かに0点のような扱いをされるときもあるでしょう。
けれど、その人がすべてではありません。そのままのあなたに100点をつけてくれる人もいます。
なにより、点数が悪いからといって、それでおしまいということはありません。

人生は大変です。けれども大変、面白い。
生きている限り、答案用紙を埋めているようなものです。僕もまだまだ途上です。
生きていれば、答えは出ません。
ただ、答えを考えたり、答えを求めることはできます。
どうか、あなたなりの楽しさや、幸せを、これから探していってください。

ということで、いまの僕の話は長かったし、あまり面白いものではなかったので、
30点ということにして終わりにします。ありがとうございました。




20180115 Mon
石野卓球 /ACID TEKNO DISKO BEATz


たしか出口治明さんの、読書術についての本だったと思うのだけど、
確実に面白い本を読みたいなら、評価の定まった古典のようなものを読んだほうが良い、
みたいなことが書いてあった。それもまた正しいと思う。
しかし、僕は書店員のハシクレとして、
存命の作家さんの本を読んで、何かしら応援していきたい、という気持ちを強く持っている。
そこを盾にこれからも玉石混交の新刊を買っていく言い訳にしたいと思っている。

石野卓球 /ACID TEKNO DISKO BEATz
ACID TEKNO DISKO BEATz
★★★★☆
とある音楽鑑賞のイベントで、登壇者さんが、
「一音聴いて分かるオリジナリティのあるボーカルが好み」というようなことをおっしゃっていた。
その点でいうと僕は、卓球のボーカルがめちゃくちゃ好きである。
テンションを上げたいときにはいまだに『モノノケダンス』を選曲している僕がいる。
卓球ソロなのでボーカルは入っていない。
けど、ふとしたところに、やはり卓球節としか言えない音が入っていて、
知らない間に体が、DJブースの卓球ダンスを模してしまっているのだ。






20180108 Mon
Vijay Iyer Sextet/Far from Over


1/2の朝に倒れ、病院に行ったところ、インフルエンザA型でした。
7日までは休めと言われて、年始休みが一気に伸びました。
実家暮らしの良いところは、こういうときに大変助かるところです。
たぶん一人暮らしだったら死んでたと思います。
いまだに生きてるのはただただ運が良いからに他なりません。

Vijay Iyer Sextet/Far from Over
Far from Over
★★★★★
ジャズピアニストVijay Iyer、昨年に出た新作です。
実験作ならともかく、僕がIyerの作品にハマらないわけがない。
この人の音楽はほんとに頭の中が痒くなって、良いです。
ドラムがマーカス・ギルモアじゃないのがやはり違和感があるっちゃあるのですが、
ソーリーのパワフルなドラミングも良いですよね。

最後に、今年のフェスで、このアルバムのメンバーで、アルバムの曲を、
プレイしているライブ動画がフルで上がってたので、お聴きください。
1時間半くらいありますので、お暇なときにでも。
前から思ってたんですけど、Iyerの曲が分かりにくいのって、
ベースのステファン・クランプによるところもあるところも大きいですよね…。




20180101 Mon
BONGEZIWE MABANDLA/Mangaliso


あけましておめでとうございます。
今年も色々とマイペースにやっていけたら、と思います。
懲りずにお付き合い頂けると嬉しいです。
ブログは最近すっかり“とあるアラ男”形式になってますが、
とりあえず飽きるまではこの感じでいきたいと思います。

BONGEZIWE MABANDLA/Mangaliso
Mangaliso
★★★★☆
南アフリカの東ケープ州出身、ボンゲジウエ・マバンドラの(おそらく)2枚目のフルアルバム。
1985年生まれのニューカマーなので、これからまだまだ人気が出ると思います。
コーサ語という言葉で歌われてるようです。
どうも僕は個人的に、こういう声の人が好きなのでは、と気づきました。
少しかすれたハイトーンで、ややフラット気味というか。
コーサ語のなのか、アフリカの歌の特徴なのか、
歌の中で8分や16分で揺れる(フェイク?)ところがまた気持ちいい。
トラックも、わりとポップでところどころアフリカっぽさがまぶしてある、という感じで良いです。
アフリカの音楽ってアコギなど、アンプラグドの弦の音が良いんですよね。

それでは最後に1曲お聴きください。
アルバムの3曲目から「Ndokulandela」




20171231 Sun
Alice Ader/MUSICA CALLADA


2017年もお世話になりました。
前半のことはもうほとんど覚えていませんが、一応ベストです。
本 板垣巴留「BEASTARS1~6」
 このマンガに出会わせたくれたジュンク堂大阪店にありったけの感謝を
映画 「ベイビードライバー」
 しばらく「Bellbottoms」を目覚ましの音楽にしてました
舞台 渡辺源四郎商店「コーラないんですけど」
 2017年明け1発目に観たのがベスト
 (水族館劇場、どくんごは、殿堂入りのため選外)

Alice Ader/MUSICA CALLADA
Musica Callada
★★★★★
今年、AppleMusicに登録してから一番多く聴いたアルバム。
フランスのベテランピアニスト、アリス・アデールによるソロ。
来日したことはないようですが、ウェブで検索すると、
バッハ「フーガの技法」のライブ録音で衝撃を受けた方が多くみられます。

今作はスペインの作曲家フェデリコ・モンポウのピアノ曲を取り上げています。
28の小曲からなる「Música Callada(ひそやかな音楽)」と、
3つの小曲からなる「Paisajes(風景)」。
ドビュッシーやサティが好きな方にはきっとハマると思います。(というか僕がそうです…)
優しく幻想的な曲調から、不協和音がよく鳴る曲まで。
モンポウの他の曲を聴いたことがないので、なんとも言えませんが、
室内、しかも自分の部屋で、聴くのが合う音楽だと思いました。
鳴らすというよりかは、流れるというか。
冷たさや静けさ、しかしそのどこかにある美しさ、春先の氷のような音楽とでも言いましょうか。
言ってしまいますと、寝る前に電気を消して、このアルバムを流してたので、
一番再生回数が多かったというわけです。
暗闇で聴くと、大変しみじみと来ます。オススメです。

それでは最後に1曲お聴きください。
アルバムの曲がYouTubeに上がっていなかったので、別のライブ演奏を。
ドメニコ・スカルラッティによるソナタから5曲。演奏はアリス・アデールです。




 
OFZK

bgm (→log)


book (→log)

 日記 (678)
 つくり話 (25)

 2018/02 (1)
 2018/01 (3)
 2017/12 (7)
 2017/11 (6)
 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (22)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin