--------
 >スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




20121229Sat
 >今年読んだ本の中で1番面白かった本を選び、まかり通す。

毎年暮れになると、様々な年間ベストというものが発表されますね。
そして毎年暮れに必ず考えるのです。よし、個人的な年間ベストを作ってみようと。
そしてそして、毎年必ず思うのですね。全然記録がとれてねぇ、と。
そしてそしてそして、毎年頭に立てる目標には必ず、
「今年は読んだ本などをちゃんと記録して、年末にベストを決める」
というものが入るのです。

以上、人類が何故戦争を止めないのか、という問題を個人的な視点に立脚して考えてみました。嘘です。
忘れるよ、そりゃあ忘れるよ、だって人間だもの。
まぁ、そんなわけで僕の場合、だいたい年末に買った本が年間ベストになるという図式があるのですが、
今年もその手でいきます。寄り切ります。押し通します。まかり通らせます。
……いい加減、誰か怒ってくれよ。


はいはいさてさて、余談はここらで終了。では、発表。
今年、ナカイデが読んで面白かった本1位は……!

初沢 亜利 『隣人。 38度線の北』!!

隣人。 38度線の北隣人。 38度線の北
(2012/12/22)
初沢 亜利

商品詳細を見る


“(amazonの内容紹介より)
2002年、当時の小泉純一郎首相と金正日総書記が日朝平壌宣言に調印してから10年を経た。敵国視が続く北朝鮮、かの国を政治的視座ではなく、庶民の目線で見たらどんな世界が見えてくるんだろう。
気鋭の写真家が3年の歳月をかけて単身、平壌の日常、地方の庶民生活を潜入ではなく堂々と正面から撮影を敢行。金正日体制から金正恩体制の移行期の北朝鮮、そこで見えてきたのは――。
(以下、撮影対象の一部抜粋)宅配ピザ屋のバイト嬢、産婦人科での新生児と出産後の母親、公園で酒盛りをしている男たち、プールで遊ぶ水着カップル、今年オープンの遊園地で絶叫マシンに興ずる人々、町で声を掛けた美女、波打ち際で愛を語り合う男女、杏の花の下で待ち合わせる恋人たち、マラソン大会で最下位を走る少年、無邪気にキスし合う子供同士ほか。
これまで決して撮られることのなかった生き生きとした表情のある北朝鮮の人々。世界的にも類を見ない撮影の記録。巻末に、先方との交渉過程、現地案内人との撮影現場等でのやり取りを記した「滞在記」を付記。”


……うん、さっき買ってきた本です。奥付、2012年12月31日やし。

いやいや、でもこれは本当に良い本ですよ。
北朝鮮の市井の人を撮影した写真集。
星空の下の万景峰号に始まり、平壌から、地方で暮らす人々まで。
普段ニュースでは、指導者やマスゲームの様子しか映らないんで、
当然、彼の国でも普通の人々が普通の生活を送っている、ということを忘れがち。
その普通の部分を見事に伝えてくれる写真たちです。

特筆すべきは、お姉さん方の美しさ、でしょうか。ぜひご覧あれ。
ってか、まずは表紙の写真が良いでよすねー。
一瞬、また中国のトンデモ系の本かよ、と思って手に取っちゃいましたけど。
あとがきによると、平壌市内で夜だけ営業している遊園地らしいです。

初沢氏によるあとがきは、この写真集が出来るまでの北朝鮮滞在記。
帯にも引用されてるんですが、案内人の方の言葉が印象的。以下引用。

“「あんなところ誰にも撮らせたことはないんです。でもね、初沢さんが撮った写真はうちの国では日々見かける当たり前の現実なんです。それでもみんな懸命に生きている。
(中略)
もしかしたら写真集が出ることによって私は職を失うかも知れません。
(中略)
でもね、私も対日関係が何とかうまくいくことを願っているし、初沢さんだってそうでしょう? 少しでも日本人に我々のことを理解してもらえたらと思ったんです。あとは宜しくお願いします」”

ミサイルや拉致など、それも確かに北朝鮮の一面であるし、
この写真集が映した普通の国としての一面もまた真であると思うのです。
決め付けるんじゃなくて、より相手を知ろうとすることが、何に対しても大事なんじゃないかと。
国交なんて実際難しいものですが、難しいで置いておくんじゃなくて、
それぞれに考えて、言ったり行動したり、していくことが大事なんじゃないかと、
改めて思った次第でございます。このままじゃいけないって誰しもが思ってることなんだから。

もう一度、あとがきから引用

“私が会った日本担当の人たちは皆、大の親日家であった。いつの日か国交正常化を果たし日本の朝鮮大使館で働くことが彼らの夢なのだ。
 酔っ払うと皆同じことを言う。大学に入学した時、先生に「君たちが働く頃には国交正常化もされて自由に日本と行き来することもできるだろう。希望を持って日本語の勉強をしてくれ」と言われたらしい。彼らはその言葉を信じて頑張ってきたのだろう。”

僕は本当に無知なので、北朝鮮との国交正常化、というのが具体的にはどの程度のことまでを言うのかが分からないのですが、
これからも日本人として生きていくなら、どうしたって引っ付いてくる問題ですので、
自分なりに色々と考えていこうと思いました。

うん、つい真面目になってしまったけど、
もしかしたら僕がこれからスウェーデン国籍をとってしまう可能性だって無きにしも非ず。
しかし! 日本国籍を無くしたからって、僕は色々と考えて、言ったり書いたり、していくんだよー!


参考リンク
映画『かぞくのくに』 (http://kazokunokuni.com/
2012年に観た映画でベスト5には入る映画です。
これを観てなお、北朝鮮との国交問題に関心を持たない、ってのは難しいんじゃないかと。
しかし安藤サクラさんは本当に良い女優さんですねぇ。

スポンサーサイト



20121222Sat
 >1年ぶりですが、よいお年を

シカバンというバンドがありまして。
1年前に、ひょんなことから全曲コピーのライブをやったんですよ。
なかなか楽しかったので「またやろうぜ」って言って、
毎度のことながら私のせいで、そのままになってしまってたんですけど、
今日、1年ぶりにスタジオへ入ってきました。

ギターのウッチーとドラムのアラヤは、それぞれに音楽活動をやっているので腕は衰えてないのですが、問題児は私です。
なにせスタジオに入るの自体が1年ぶり。忘れ物が無かっただけでも奇跡。
一安心してベースをアンペグに繋ぐと、
ガガッ!ビーーーーー!ガガッ!!
とお馴染みのあの音。
そうです。ベースが壊れてました。
ジャックの接触が悪くなってるんでしょうが、以前使ってたモンスターケーブルではとにかく音が出ない。
駄目元で備品のシールドを借りて、JCに刺すと、なぜか鳴りました。
僕個人は真空管よりトランジスタの音が好きなんですが、何もベースまでそれがうつらなくても。
やたらジャキジャキしたベース音での練習になりましたが楽しかったです。

前にバンドをやってたときは、大体100人か200人に1人くらい、僕のベースを好きだと言ってくれる人がいました。
あとの9人が無感想で、90人には下手くそと言われるようなベースだったんですけどね。
90人は多分僕のことを認めてくれることは無かろうと思ったので、適当に怒られておいて、
ライブでは、1人のために演奏をしておりました。

蛇足ですが、対バンして、のちに売れたバンドは、無感想の9人が多いような気がします。
人のことに構ってる時間なんて無い人が、成功するのでしょうか。

良いお世話ですが、よいお年を。




20121211Tue
 >キッチンにはハイライトとあと略。

2004082633.jpg

一人暮らしを始めて10年になります。
弟とはたまにフジロックで遊んだりするのですが、
両親とは盆暮れに帰省したときにくらいしか会いません。
放蕩長男属性ということで、なんとなくOKが出てるんですが、
まぁ私にも一応、ド田舎人の血が流れておりますし、
いつかは都落ちして地元にUターン、
閉鎖的かつ俗習にまみれた生活に没したいなぁと考えております。
田舎暮らしで人見知りとか、言ってらんないんだからねっ!

祖母が亡くなったときは死に目にも会えず、
新幹線で数時間とはいえ、距離感からくる寂しさを感じたものです。
いくら怒られても夜に爪を切っていた報いがこんなところで出るとは。


私のことはさておいて、今の仕事場で扱っている商品の関係で、
よく親子連れのお客様の相手をすることが多いのですね。
いやはやまぁまぁ、色々な親子像があります。
僕は特に人間観察を趣味とはしておりませんが、
否応なしに目に入ってくるくらい、面白いです。

棚を散らかしていくお子様の親御さんは、やはり嵐のように散らかしていかれます。
失礼ですが、全志望校に落ちろ、と念じて止みません。

「図書カード、これ使ってなかったはずですけど!?」
と言ってくるお子様の親御さんは、やはり数倍の勢い&言葉数でクレームをつけてこられます。
失礼ですが、全志望校に落ちろ、と念じて止みません。


現時点で、一番破壊力があった家族の風景は、
ごく普通の、言ってしまえば地味なご家族の、
中学生くらいの娘さんがレジにいらっしゃって、
少し離れた場所に立っている父親に向かって、
「おとうちゃま!ポイントカード持っていらっしゃる!?」
と呼びかけた瞬間でした。おとうちゃま、て。財閥か!
しかし、本当のお金持ちは、そうとは分からない服装をするって言うし、
俺の知らないところではもしかしたら、
『おぼっちゃまくん』みたいな世界が実在するのかもなぁ、と妄想しきり。


そんな諸々百鬼夜行の横では、
とても丁寧な態度で接してくださるご家族ももちろんいらっしゃいます。
「お願いします」「ありがとうございます」がちゃんと言えるお子様には、
やはり丁寧な接客をしたくなりますし。
こちらが何か失敗をしてしまっても、寛大に笑って許してくださるご家族には、
平身低頭。お詫びに何でもやります。よければ私の臓器も差し上げます。
くらいのことは言いたくなります。

でも悲しいかな、正義は目立たないものでして、
仕事後に覚えているのは大体、めんどくさかったお客様の顔だけです。
けれど、良いお客様は、確実に癒しになっています。どうか絶滅しないで欲しい。
1.5倍の声量で「ありがとうございました」と言うことくらいしか出来ませんが。
あ、僕の死後は好きなだけ臓器は差し上げます。遺産はありません。ごめんよ。


あと、ときにものすごく気になる親子関係というのもございまして、
例えば、閉店間際に駆け込んでらっしゃった女子中学生と母親。
僕が、「失礼します。もうすぐ閉店ですが、何かお探しですか?」
と聞いたところ、母上が突然逆上しお子様に向かって、
「お前は何しに来たんだよ!死ね!キチガイ!」
言われたお子様は、笑顔で、
「お母さん、ほら、閉店だから、店員さんに迷惑がかかるから。すみません」
と静かに母親を誘導し、エレベーターで一緒に降りていかれました。

なんだったのだろうか、あれは。
どうか、あの子が幸せでありますように、
と、祈ることしか出来ない不甲斐なさ。




20121206Thu
 >文学青年、駒場を往く

日本近代文学館へ行きました。
色々メモしたつもりが、あまりにも時間が無かったので、字が汚く、

 小熊秀雄の髪型すげえ

と書いてある部分しか判別できませんでした。


では登場願いましょう。小熊秀雄さんです。

  ↓

oguma20.jpg


……はい、まぁ、皆の心の声を代弁するならですね、
「メデューサか!」
でしょうね。

いやいや、これだけじゃ文学館まで行った意味がない。
私は、一生懸命に汚い文字の解読に励みました。
もう1ヶ所だけ読める部分がありました。

 室生犀星の文字カワイイ

うるせえ、どうでもいい。
俺は、あの時の俺を殴りたい。全力でブチのめしたい。
お前も文学好きの端くれを称するならば、
髪型とか文字とかそういう外面的なことじゃなくて、
せめて「この文に感動した」とかメモれよ!
と、泣きながら説教したい。

大体、室生犀星の文字がカワイイと言っても、それほどのもんじゃ、

s_a947fa47-s.jpg

って、ほんとカワイイな、おい。


------------------------------------


ネタはさておき。
文学館1階に、BUNDANというカフェが新しく出来たので、行ったんですけどね。
2階の展覧会「近代の詩歌2」が予想以上に楽しくて時間を使いすぎ、
カフェでゆっくりすることを放棄してしまいました。
猫舌にはツラいペースでコーヒーを飲みました。

メニューの名前がオモシロでですね、ぶっちゃけ、
寺田寅彦の牛乳コーヒー、これだけのために行ったと言っても過言ではないッス。
リンク先でも『コーヒー哲学序説』からの引用があります。
私、この文章が大好きなんです。
俺が持つ寺田寅彦のイメージは、めっさ可愛いオッサン、です。
あとね、二兎を追うパイオニア。
物理学者と随筆家という顔を持ってらっしゃるのです。

僕がずっと舞台とバンドをやっていて、どちらの側の人にも、
「もうそろそろ一本に絞った方が良いんじゃない」みたいなことを、
言い方は違えど諭されるようになってきたときに、ちょうど寺田寅彦を知りまして、
明治にこんな二兎を追った先人が居たのなら、俺だって!いけるよ!!
と思ったものの、ダメだったので両方辞めたんですけどねー。テヘッ。

実は寺田寅彦を知る前に、
二兎? 全然いけるんじゃん? ユー、追っちゃいなよ。
っていう文章を読んでいたってことに後から気付くんですけどね。

私は一兎など得なくてもまったくかまわない。
いや、そんなものは永遠に要らない。
私は、どこまでも二兎を追うことが楽しい。
   クラフト・エヴィング商會 『クラウド・コレクター』 より



最後に余談ですが、寺田寅彦って響きが可愛いから、ついついフルネームで呼んじゃうよね。


そんな諸々を思う間もなく閉店時間になった、
っていうのが今日の大オチ。




20121203Mon
 >私はあなたの味方だよ。

er2.jpg

10年くらい使ってたマグカップが、ピシリと、割れました。

僕の部屋には暖房器具がカーペットしかないので、まぁ寒いんですよ。
控えめに言ってまぁ“クソ”寒いんですよ。
カフェイン中毒の私は毎夜毎夜インスタントコーヒーを飲んでおるのですが、
昨晩の気温とお湯の温度の差のせいか、ピシリと、ね、割れましたよ。
正確に言うとヒビが入ったって感じなんですけどね。
割れたところからコーヒーがダバダバーッと出てきて、
深夜に「ウヒャハーッ!」って奇声を上げてしまいましたよ。

僕は物の使い方が荒いので、まぁしょうがないや。
カップのふちに“I'm in your corner.”って書いてありましてね。
僕はコーヒーを飲むたびに、安心しましたよ。
自己連続性の認識と、ずっと前に破った約束。

長きに渡り、お世話になりました。
これからは鉢植えとしてよろしく。




20121201Sat
 >やあ1年ぶり、と冬は言った。

2006120353_1031139139.jpg

12月、はじめました。

ホームページはともかく、ブログはもうちょっと更新したい。
ありがたいことにドラッグにはハマってないけれど、
10年ほど不治のパソコン中毒(正確に言うとインターネット中毒)なので、
仕事の前日はパソコンに触るのが怖い。
けれどたまに、「ブログ面白いねー、次はいつ更新するの?」って言ってもらえることがあって。
そりゃ!もう!めっちゃ!嬉しい!ので、
なんとかネットサーフィンする前にブログだけ書く術を身に付けたい。

あと、完全に放置してたTumblrのアカウント。
せっかくiphoneを四六時中いぢってることですし、
読んだ本や観た映画を記録するために使おうと思います。
「来年こそは、年間ベスト作品を決めるために、ちゃんと記録つける!」
って、年末になると言ってる気がするので。しかもここ5年くらいずっと。
良かったらたまに見てね。また名前変えた、というツッコミ歓迎↓
Tumblr 「春の夜の夢は永遠


さて今日はamazarashiのライブへ行ってきました@渋谷公会堂。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、amazarashiの演奏って映像と完全同期なんですね。
ステージ前面の全面に紗幕が張ってあって、そこにプロジェクタで投影。
あと、ステージ後方にもスクリーンが。曲によっては前後二重に映像が流れます。
おっと、YouTubeにライブ動画があったぜ!↓

amazarashi『LIVE「千年幸福論」』


この演出で感心な点は、ステージ上の空間が埋められるところ。
ライブ中にふと上方に視線をやると照明しか無い空間があって、
相対的に、あれ?このアーティストってこんな小さかったっけ?
って思ってしまうような、大きいホールでよくある現象(俺だけ?)。
その現象が見事に防がれているんですねー。ってことを今日気付いた。

あと、ステージの左右は埋められるんですけど、奥行きって埋めるのが難しい。
思っている以上に前後に動かないと空間を使っているように見えないんですよ。
それをスクリーン→アーティスト→スクリーンと、はっきり三重構造にすることによって、
これも埋めてしまっている。ほんとに感心。
今日のライブからの演出として、客席後方にスピーカーを置いていたらしく(サラウンドシステム)、
奥行きがさらに深まっていました。

ただ、あたらしく音響の設備を追加したことが原因なのか、
演奏中にボーカルがバンドに対して“音量を下げて”というような指示を出すなど、
音量のバランスが上手くいってない様子。今後の課題になっていくのだろうなぁ。

前回のライブ後にもブログにも書いたことなんですが、
曲のラストにリタルダントせずにフェルマータっていう演出になってるのが、
個人的にはすごく気持ち悪いんですよ。悪い意味でゾワゾワする。
それで良い曲もありますけど、ほとんどの場合は不自然だと感じます。
映像同期+打ち込みも使ってるので、しょうがないんでしょうか。
僕は打ち込みを使ったことが無いので、突っ込んだところまでは分からないんですけれどねぇ。


僕は自分がベースを弾いてたっていうのもあって、
上モノよりもベース・ドラムなどリズム隊の方が好きなんですけど、
それが今日、よりハッキリしました。
僕は耳が悪いので、打ち込みが入ってくると、
ギター・キーボードが生でどの音を弾いてるかさっぱり分からなくなってしまうんですよ。
それに比べて、リズム隊の素直なことよ。
耳に比して目は良いので、運指とスティックさえ見れば、大体どの音が出てるか分かるっていう。
まぁそんな個人的な事情も持ち込んで楽しんだライブでした。


久しぶりに気合入れてブログ書いたら、ほら2時半だよ。



  

カテゴリ
日記 (619) 作り話 (25) 

過去ログ
2016/12 (9) 2016/11 (18) 2016/10 (1) 2016/09 (7) 2016/08 (4) 2016/07 (9) 2016/05 (3) 2016/03 (12) 2016/02 (19) 2016/01 (16) 2015/09 (1) 2015/08 (9) 2015/07 (1) 2015/06 (14) 2015/05 (11) 2015/04 (9) 2015/03 (14) 2015/02 (14) 2015/01 (12) 2014/12 (10) 2014/11 (8) 2014/10 (10) 2014/09 (30) 2014/08 (15) 2014/07 (13) 2014/06 (22) 2014/05 (23) 2014/04 (25) 2014/03 (23) 2014/02 (17) 2014/01 (17) 2013/12 (18) 2013/11 (15) 2013/10 (21) 2013/09 (8) 2013/08 (19) 2013/07 (18) 2013/06 (19) 2013/05 (25) 2013/04 (28) 2013/03 (24) 2013/02 (6) 2013/01 (4) 2012/12 (6) 2012/11 (5) 2012/10 (7) 2012/09 (2) 2012/08 (11) 2012/07 (12) 


このブログのタイトルは OFZK です
ソントン という人間が書いています
だいたい本を読んでいます





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。