--------
 >スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




20150621Sun
 >Los tres deseos de siempre

IMG_4191.jpg

数日前、横浜喫茶へそまがりへ、
へそさんによる「ひと月十冊 補講」を受けに行った、ということは書いた。
そこで取り上げられていた1冊、『山の珈琲屋 飯舘「椏久里」の記録』。
へそさんは、人の帰巣性、つまり故郷に帰る、っていうことについて触れていた。

僕も三重に帰る、っていうことについて考えないわけじゃない。
ただ実家は、もはや父母弟のトライアングルが出来上がっているので、
実家に帰るというつもりはない。あらためて三重の他の地域に住むことになると思う。

ネットで見てると、三重も色々と(僕個人の興味があるポイントで)盛り上がってきてて、
特に、四天王会館界隈の動きは面白い。
地方ミニコミ『kalas』、小劇場あけぼの座スクエア、など。
あけぼの座が、僕が三重に居たころからあったら、
小劇場とのファーストコンタクトが早くなって、少し人生の進み方が変わっていたかもしれない。
(ちなみに熊本で観た、燐光群『屋根裏』が小劇場との出会いです)
ついに美里町にも劇場が出来た。熱い。案外三重の劇場は熱い。

四天王会館で本屋が出来ないかな、と夢想したこともある。
僕の強みっていったら、本界隈のことしかないので、本に関わることをやることになるのだろうけど、
三重には、四日市のメリーゴーランド、津の奥山銘木店、伊勢の古本屋ぽらん、という素晴らしい書店がすでにある。
ブックカフェだって、伊賀の月灯りの書斎、津のツァラトゥストラはかく語りき、がある。
そして、三重の他の部分は人類未開の地なので、本をやるにはつらい。
けど、俺以外の全員が止めるならばやろうと思う。そういうの好きやし。

夜型人間の僕としては、夜が実家のようなものなので、
東京のどこかで、終電から始発までの本の店をやるのも良いかもしれないと、密かに考えていたりする。
この案ですら現実的ではないのはよく分かっています。

では今日もパソコンの隅から1曲。
Carlos Aguirre 『Los tres deseos de siempre』




スポンサーサイト



20150620Sat
 >元気でやってるのかい?

IMG_2595.jpg

あてもないのに上京し、下馬下北沢沼袋千石、と転々、
やがて本駒込に安住、するかと思いきや、
なんなんでしょうか、僕の体にはロマニーの血でも流れているんでしょうか。
趣味は引越し、とでも言いたいんでしょうか。そのわりには荷物が多いんですけど。
断捨離とか、ノマドとか、ミニマリストとか、流行ってる(もしくは流行って“た”)けど、
僕の生まれは東海地方。名古屋は嫁入りの豪華さ(トラック)で有名だぎゃあ。
ってわけで、できるだけ多くの荷物を持っていく作戦でこれからもいきます。
東北大震災のあとにはあれだけ備蓄備蓄って言ってたのにさ!
水やらトイレットペーパーやら、買占めたりしない人間でいたい。

荷物を送る用事があった人には、新しい根城の場所をご連絡いたしました。
僕はメールよりもよっぽど手紙の方の返信率が高いですよ。1ヶ月は待たせますけど。
連絡先など知りたい方は、知ってる人に聞いてください。
もしくは、風に聞いてください。はい、ロマンティックが炸裂。
具体的にはメールとかDMとかくだされば良いと思います。1ヶ月は待たせますけど。

ブログは続けていく気でいますし、
(見てて欲しい人が結構見てくれてたりするのです、意外にも)
(あと、行方不明じゃなくなったの、ブログのおかげだし)
どこに行ったところで僕は、「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」ってやつ。
相変わらずです。かご心配なく。

そしてこちらからも、たまには連絡します。邪魔にならないくらいで。
「元気でやってるのかい?」







20150618Thu
 >君はまるでダンスしているみたいに

IMG_7957.jpg

用事があって実家に電話したら、母親に、
「あんた、次の仕事、向いてなさそうやけど大丈夫なん?」
と、心配そうに言われてしまいました。
そういうのは22歳くらいで済ませるやつだよな、と思いました。

ふだん人の言うことばかり気にしてるので、こういうとき、
人のせいにしてしまいそうになる、自分が嫌いです。
凝りねえなあ、俺。人として軸がなんとかかんとか。

パソコンの隅から1曲。こういうときは明るい曲を。
ostooandell / 君はまるでダンスしているみたいに




20150617Wed
 >Crayon Box

s_P1070275.jpg

皆さん薄々分かっていたでしょうし、僕もどこかで勘づいてはいたのですが、
どうしよう、引越しが終わらない。今回もダメでした。
昔から、計画的に物事を進めるのが苦手で、
追い詰められてはいつも、『武士沢レシーブ』最終回の伝説のあのセリフ、

「こうなったら年表だ!」

が頭をよぎります。
けど、現実は年表にはなってくれないので、なんとかします。

今日はTweedBooksさんへ本の買取をお願いしに行って、
へそまがりで、へそさんによる、ひと月十冊の補講を受けに行ってきました。
『フォーナイン』を読んでないと言ったら「ぬぁにぃ!?」と返ってきて、
『寄生獣』を読んでいないと言ったら「きさまぁ!?」と返ってきました。
補講どころではなく予習が足りませんでしたが、楽しかったです。
ドジ先生と、ツイードさんが一緒で、すごくお馴染みのメンバー感。

しばらく前にドジ先生の棚から買った
 菊地成孔・大谷能生『東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・歴史編』(文春文庫)
を、帰りの電車で読み終わる。
菊地成孔さんの仕事にはほぼ毎度絶賛と酷評が付きまとうんですが、この本もそうですね。
amazonにおける星の割れっぷりと、参考になった投票数の割れっぷり。
僕は菊池さんのこういう仕事が好きなので、読んでて楽しかったです。
なにより本人たちが楽しんでブンチャカやってるのが伝わってきて良かった。

今日の補講でへそさんが言ってたからなんやけど、
本やマンガなんか、紙面の向こうから、作者の考えとかノリとか気持ちが、しっかり伝わってくる本、
そういうのもっと感じながら読んでいこうと思います。
自分もやっぱ、気持ちとか考えとかを抜くことの無いように、書いたり、作ったり、生きたり、
していこうと思いました。

ってなところで今日もパソコンの隅から1曲。そういえばクレヨンも片付けられない子どもでした。
Combo Piano 『Crayon Box』






20150616Tue
 >Laurentech

IMG_1300.jpg

整理整頓が下手なのはパソコンの中でも同じで、
しばらく前から始めた、パソコンの隅から1曲のネタを探していると、
いつ保存しておいたのかも覚えていないような写真がワンサカ出てきた。
デジカメをなくしてしまうまでは、そういえばよく写真を撮っていたのだった。
著作権アウトな画像を載せるよりは、まだこっちを載せたほうが良いかもしれない。見るに耐えないけど。
というわけでパソコンの隅から1枚。実家で飼っていた、犬の散歩中に。

駅を出るときにちょうど、にわか雨が降った。
濡れて帰った、部屋の中の湿気がすごい。
窓を開けて寝たら、きっと蚊がたくさん入ってくるだろう。
梅雨入りしたとは聞いていたけど、半端にグズグズした天気が続いていて、
さっきみたいな夕立があるってようやく、ああ夏が来るのだな、と思う。
降り始めの雨に濡れたアスファルトの匂い、かなり好きだ。


東京生まれ東京育ちの純シティガールが言うには、
田舎生まれの人が、実家に帰省する、みたいなのに憧れがあるとのこと。
僕なんかは典型的な東京憧れ人間なので、そこらへんのことを話すと食い違いまくって面白い。
いまだに東京は好きだけど、実家に帰ったとき(主に正月なので、冬)わりと星が見えるのとか、
結構、おおお、って毎回感動する。
実家にいた時は、山の方よりも、ぜんぜん星少なくてつまんねーなー、って思ってたのに。
無いものねだりな性格なのでしょうな。

花火大会に行こうか、という話になった。
我々は人ごみが苦手なので、「花火大会 人が少ない」、でググったりする。
分かっちゃいたけどそんなもの、少なくとも都内近郊には存在しない。
むかし、隅田川・足立・お台場、へは行ったことがあるんだけど、
どの現場からも、早い時間からの場所取りが肝要、ということを学習した。
まあ、場所取りの間に、話すことがなくなるまで話をして、
ビールを飲んで、ちょっと寝て、っていうのも楽しいんだけどね。
気付いたら花火なんて終わってて、帰りは超満員で辛いのもお約束。

そういえば僕の地元には、おおきん祭りという夏祭りがあって、昨年で20周年だったらしい。
それ以前も、嬉野祭り、っていう名前でやっていたような記憶もあるので、やや歴史改竄な気がしないでもない。
花火の数は少ないし、時間もほんとに一瞬で終わる。
メインステージ、今年は元SKEの出口陽と、どぶろっくがゲストで来るらしいです。推して知るべしな規模。
現場に行かずとも、実家の車庫の屋根(平屋なので)からでも小さく花火は見られるし、
行ったところで、町民の数なんてたかが知れてので、東京の花火大会に比べたら楽勝だ。
屋台の数も、見るものも、本当に少ないので、
ひとりで行くと10分、いや5分でやることがなくなる。経済的だ。
手持ち無沙汰になったら、一日中嬉野オリジナルの祭りソング、
燃えて嬉野」をぶっ倒れるまで踊るしかない。
(小学校の運動会などで絶対に踊るので、子どもがいる家は全員踊れる)
「イエー!イエー!」と言われたら「イエー!イエー!」と返す。
血に染み込んだコールアンドレスポンス。ってこの話、前にもどこかで書いたな。

住んでないからだろうけど、なんだかんだ地元も好きで。
あの頃はめっちゃだっせーなーって思ってた色々なことが、
すごく温かく懐かしく感じるほど、時間も経ったし、ずいぶん遠くへ来た。
どれだけ追い払ったところで、残るものは残るのだ。

最後にパソコンの隅から、今日は、夏フェスを思い出す1曲。
Special Others 『Laurentech』




20150615Mon
 >Tom's Diner

notvtop.jpg

江國香織がすごく好きだった。
たしか高校生のころ、集英社の100冊のうち『きらきらひかる』を読んですごく感動し、
『つめたいよるに』『ホテルカクタス』『神さまのボート』など、とても好きだった。
『きらきらひかる』は個人的なオールタイムベストのわりと上位にずっといる作品なのだけど、
かつて勤めていた会社の後輩(本・映画・音楽の趣味がかなり良かった)に、
「『きらきらひかる』って、あれはかなりひどい作品だよ」
と言われたことがあって、以来ランキングには入れつつも、いつか読み返さねばならない、と考えていた。
もしかすると感想や印象が変わるかもしれない。
印刷された作品が変化するわけがないので、変わっているとしたら自分の方なのである。
そういうとき、作品は悪くないと思う。

今回、引越しをするにあたって、本を、
せめて10冊くらいにしようと、ずいぶんめちゃくちゃに減らした。
作業中に、『きらきらひかる』を久しぶりに読み返した。
たしかに面白かったけど、まあ、多感な時期だったから憧れたのかしら、と思いました。
あと(実際のページ的な意味で)驚くくらい薄く感じた。
手放す山に積みました。

では、パソコンの隅から1曲。
江國さんが何かのエッセイの中で好きだと書いていた曲。っぽいな、と思います。

Susanne Vega 『Tom's Diner』




20150614Sun
 >Melody 4

6a0120a5c8d9a9970c0133ed235b65970b-400wi.jpg

朝から千駄木の古書ほうろうへ買取を依頼しにいった。全部で89冊あったらしい。
30冊くらいのつもりだったんだけど、どうりでクソ重いわけだ、キャリーバッグが。
今回はタイトルで買った系の本を持っていったんだけど、気に入ってもらえたようで良かった。
帰り道に、団子坂のエスプレッソファクトリーへ寄る。
いまだにカフェラテとカプチーノの違いが分からない。
カプチーノの方が泡立ちミルクの分量が多い気がする。

夕方から友達の結婚式へ行ってきた。@代官山ヒルサイドテラス。
結局、高校の友人と同じテーブルで一安心。アロハを着ていたのは僕だけだった。
フルコースは大変美味だった。肉の良し悪しが柔らかさで決まるとは思ってないが、
あんなに柔らかい肉がこの世に存在しただなんて……!!

友人たちとは再会を約束して分かれる。
特に池っつには、美容師のトカゲさんが言い出したリコーダーバンドに誘いっぱなしだったので、
そっちもどうにかせねばいかんよね。ごめんね、いつもやりっぱなしで。

帰ってきてから、前に友人の結婚式に参列したとき書いたような文章を、また書けないかなーと、
パソコンの前でしばらく考えるが、何も思い浮かばない。
ぶっちゃけ、前回の『ミラーボール回ラズ』のときから、スランプである。
スランプっていうか、要するにネタ切れなのである。
それもあって今回引越しを決めたんだけど、
そんなもん誰かに言ったところできっと分かってはもらえまい。

奥田民夫がカバーしているフジファブリックの『茜色の夕日』を、YouTubeで聴いてほろほろと泣く。
フジファブリックのボーカル・志村は2009年、29歳で亡くなったらしい。
そうか震災よりも前のことだったのか。
そして僕は30歳にもなって何をやってるんだろうか。
とりあえず、今日もブログだけは書いてみた。

では、パソコンの隅から1曲。
Tera Melos 『Melody 4』





20150613Sat
 >Pumpkin Lover

2_27_11_CharlotteRustED21877.jpg


今日は、ブックオフに引き取ってもらう本を玄関先に積み重ねているうちに終わりました。
300冊くらいと言い張っていた積み本ですが、
本家に先んじてサグラダファミリアが出来上がるくらいの量がありました。

明日は高校のときの友人の結婚披露宴へ行きます。
そんなところへお呼ばれされている身の回りの情況ではないのですが、
計画性なんてものは母親の腹の中に置き忘れてきたので so it goes,
そもそもマジで何も準備してないけど、まあ、何とかなるだろうに。

もち、行くなら行くで、全力で祝ってきます。
たぶん周りは知らない人ばっかなので、たくさん嘘も吐いてきます。楽しみ。
職業:彫像師(主にトーテムポール)
年収:120万
嫁の実家が資産家でパトロン
というふざけた人物像で行きます。
サイズ感の合っていない、日に焼けたスーツを着心地悪そうにして。

では、パソコンの隅から1曲。
Shrimp Boat 『Pumpkin Lover』




20150612Fri
 >The least 100sec

4613748100_b90d287812.jpg

思い出が(必要以上に)いっぱい。なので引っ越します。
どうか寂しがらないで下さい。寂しいときは僕の好きな月の光に泣いてくれるか、
っていうかそんな暇があるなら引っ越し手伝ってください。

ご縁があればまたお会いしたい。会いたくて会いたくてぶるるる。
どうせまた会えます。僕とあなたは腐れ縁です。いい加減諦めてください。
もしも会うのが嫌ならば、僕の顔を見かけたときに
「ポマードポマードポマード!」って言ってください。
ものすごく傷ついた顔をすると思いますシンプルに。

いつか袖擦りあったら多少のYENを恵んでください。
僕はいつでもお金に困っています。どうかそれだけは忘れないで下さい。
僕が下北でウンコもらして泣きながら帰ったことがあるってことは今すぐに忘れてください。

お金に困ってるのは本当ですが、マジでYENをもらっても戸惑うしかないので、
そのYENは目黒寄生虫博物館にでも寄付して頂くとして、
笑えるときに笑ったり、行けるときに行ったり、そういうの大事にしてください。
多生の縁もあるかもしれませんが、一生一度の縁かもしれません。

だって僕たちはいつか終わりますから。
時よ流れろ。そなたはいつか終わるから美しい。

ではパソコンの隅から1曲。

佐々木博文 『The least 100sec』




20150611Thu
 >Du Hast Den Farbfilm Vergessen

ac474211fe119d1c798a0cdc0e1c9655720ee1fc_l.jpg

ラジオで聞いた話だっけな。
携帯を持ってないのは不便じゃない、って人が、友達に言われたそうな。
「あんたは不便じゃないかもしれないけど、周りが不便なのよ」
俺、そう言われた人の気持ちがすごく分かるから代弁する。

いや、知らんがな。

携帯が出来て、10点くらい便利になったとしたら、
同じくらい不便に、っていうか窮屈になってる。

今日も最後にパソコンの隅から1曲。
Nina Hagen 『Du hast den Farbfilm vergessen』




20150610Wed
 >Da Doo Ron Ron

01_20150610201346e95.jpg

色々なことをしてきたけど、舞台とバンドをやったことはとても記憶に残っている。
バンドの名前はメリミーといって、
なんてことは今まで何回も言ったり書いたりしてきたので、今日は書かない。

美容師である尾切トカゲさんにカットしてもらいに、恵比寿へ行ってきた。
トカゲさんは4月末のニコニコ超会議に、ブース側の人間として参加しており、
ゲームで作るアバターをリアルにやってみる、みたいなコーナーの一員として、
カットやらメイクやら、てんてこ舞いだったらしい。
以前に、参考画像を見せてもらったのだけれど、あれはもはや特殊メイクだった。
あと、GLAYのHISASHIが弾いてみた陣で出演してたり、土俵の存在感が凄かったり、
といった話で盛り上がった。

トカゲさんの旦那様はベーシストである。と同時にニコニコの実況主でもある。
話を聞く限り、比率的には2:8、いや、言いすぎた、1:9くらいの感じで実況主ある。
僕も、一度ライブを観に行ったことがあるし、それ以上にニコニコに上がってるベース教則動画を観ている。

カットをしてもらうと毎回、そもそも僕の髪の量が多いため、
切り落とした毛が2~3匹の子猫に見えるほどなのだけれど、そいつらを見下ろしつつ聞いた。

「あ、旦那さんに、俺のベース差し上げても良い?」
「なになに、急にどうしたの」
「実は引っ越すので、荷物を減らさなくちゃいかんのよ」
「いらないことはないと思うし、分かった、聞いてみるわ」

さて、もらって頂けるかどうか。
僕はといえば、またいつか低音を弾きたくなったら、次はウクレレベースを買おうと企んでいる。

では今日も、パソコンの隅から1曲。

Crystals 『Da Doo Ron Ron』




20150609Tue
 >坂道

18fa41133eb31f54e2701c5435395c7006dee46f_l.jpg

家の近くの古本屋へ、買取をお願いしに行きました。これで二度目。
数ヶ月前、横浜白楽のTweedBooksさんに買取をお願いしたときに、
買取をお願いするのは思ってたより怖くないぞ、
っていうか、ブックオフより全然買い取り価格が高いぞ、と遅まきながら気付き、
他の古本屋さんにも本を買い取ってもらうことにしたのです。
今日行った古本屋さんは、前回も今回もとても良い値段で買い取って頂きました。
千駄木にある、古書ほうろう、という古本屋。かなり好きなお店です。

そういえば今住んでいる部屋に引越しを決めたのは、
当時1階に古本屋が入っていたからだった、と思い出しました。
まだ住人がいるので内見は出来ないし、駅から徒歩30秒なのにやたら家賃は安いしで、
相当怪しい建物だったのですが、現地の地図だけもらって一人で来て、
1階に古本屋があるのを見て、速攻で決めました。
そのときも色々な人に、すぐにまた引っ越すことになるよ、って言われました。
エアコンは無いわ、ガスは止まるわ、夏は暑くて冬は寒くてゴキブリは大量発生しましたが、
結局ずいぶん長く居座ってしまいました。無神経で良かったです。

1階の古本屋、はじめはよくある小さなチェーン系の新古書店だったんですが、
遊戯王カードのゲーム筐体が置かれ、カードのイベントが定期的に行なわれはじめ、
店長が小学生たちとのカードバトルに熱を入れ始めたあたりから、
徐々に雲行きは怪しくなってきて、そのまま閉店。いまはドラッグストアが入っています。

家から歩きで行ける谷中・根津・千駄木、通称「谷根千」。
いまは谷根千発のイベント、一箱古本市もすっかり有名になりました。
ほうろう、往来堂、不思議(はてな)、オヨヨ書林、って並びも変わりました。
アルバトロス、タナカホンヤ、ツバメブックス、バンゴブックス、などが出来ました。
ブーザンゴはオシャレすぎて一回しか行かなかったけど、
結構人ミルクホールは空気が合って、何回も行きました。
けど一番多く行ったのは間違いなく本郷図書館です。
金無くてすみません。出来ればもっと本買いたかったです。

文京区はとても坂が多いです。上野にある会社へ自転車で通っていたときは、
団子坂と三崎坂、さらに入谷へ向かう坂があり、ずいぶん足腰が強くなりました。
谷中の夕やけだんだんは、最近ようやく好きになりました。

では今日も、パソコンの隅から1曲。

くるり『坂道』




20150608Mon
 >La Mer

0cb7566b-s.jpg

パソコンの隅っこにある曲を載せていく、という昨日から突発的に始まった流れ。
ついでにチョサクケンのあれで止めていた、画像も処分市していこうと、
いまだに多数の画像が残っているロリフォルダからお届け。猟奇的な枚数あります。

NINは全然聴いたことないんですけど、この曲だけはどこで聴いたんだったか、
下北に住んでいた頃に知って、すごく好きになって、
たまたま入った中古CD屋にアルバム売ってたので買いました。
たしかRADWIMPSのアルバムと一緒に買いました。僕にもそういう時期があったのです。

はじめのピアノとキーボードが3拍子で、途中から入ってくるドラムが4拍子でハネてる。
っていうリズムが当時は衝撃で。
3拍子は元々好きだったんですけど、この曲を聴いてポリリズムに興味を持ちました。

昔、MALIMOという不発のバンドをやっていたことがあったんですけど、
この曲はそのバンドでやってみたかったな、といまだに思います。

では最後に1曲お聴き下さい。
Nine Inch Nails 『La mer』。





20150607Sun
 >Angel

パソコンの隅に残っている曲を一個ずつ載せていく。

いま住んでいる部屋には、6年間くらいいた、と思う。
ずいぶん長いこといたので、あまり良く覚えていない。
かつて勤めていた会社が徒歩10分くらいの場所にあって、そこの社長の奥さんに、
「部屋探してるなら会社の近くにすればいいじゃない、そしたら通うのもずいぶん楽よ」
って言われて引っ越して、1年ちょっとで会社が上野へ移転したときは、
あまり人の言うことをあてにしてはいけないのだな、ということを学んだ。

今日載せる曲は、その会社で働いていたころのこと、
在庫を集めながら口ずさんでいたら、後輩に、
「それって『人のセックスを笑うな』の曲ですよね!?」
と言われたという思い出がある。
かなりイカれた後輩で面白い子でした。
その後輩にはとことん迷惑をかけたまま、僕はその会社を辞めた。

はやく全部の思い出がキレイになればいいのにと思いつつ、
また人に迷惑をかけて今日も明日もあさっても。


武田カオリ with HAKASE-SUN / ANGEL

超名曲。



  

カテゴリ
日記 (619) 作り話 (25) 

過去ログ
2016/12 (9) 2016/11 (18) 2016/10 (1) 2016/09 (7) 2016/08 (4) 2016/07 (9) 2016/05 (3) 2016/03 (12) 2016/02 (19) 2016/01 (16) 2015/09 (1) 2015/08 (9) 2015/07 (1) 2015/06 (14) 2015/05 (11) 2015/04 (9) 2015/03 (14) 2015/02 (14) 2015/01 (12) 2014/12 (10) 2014/11 (8) 2014/10 (10) 2014/09 (30) 2014/08 (15) 2014/07 (13) 2014/06 (22) 2014/05 (23) 2014/04 (25) 2014/03 (23) 2014/02 (17) 2014/01 (17) 2013/12 (18) 2013/11 (15) 2013/10 (21) 2013/09 (8) 2013/08 (19) 2013/07 (18) 2013/06 (19) 2013/05 (25) 2013/04 (28) 2013/03 (24) 2013/02 (6) 2013/01 (4) 2012/12 (6) 2012/11 (5) 2012/10 (7) 2012/09 (2) 2012/08 (11) 2012/07 (12) 


このブログのタイトルは OFZK です
ソントン という人間が書いています
だいたい本を読んでいます





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。