--------
 >スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




20150818Tue
 >耳に残るは

 ゲストハウスに住んでいる。六畳程度の部屋に二段ベッドが二台あり、僕は片方の上段で寝ている。というと、なるほどソントンの部屋には最大で4人が寝泊まりするわけだな、と早合点する御仁がいらっしゃるかもしれない。残念、間違いです。床にもう1人泊まったことがあるので、最大5人です。荷物スペースは押し入れ一段の半分。貧乏のくせに物持ちだった僕だが、ここへ引っ越す段階でずいぶんな量のものを処分した。最近流行している“ミニマリスト”に憧れている人は、ゲストハウスへ引っ越せば一発で憧れを手に入れられるのでオススメ。ちなみに、ミニマリスト、っていうのは、音楽のいちジャンルである「ミニマル」を愛好している人、というわけではないので注意が必要。

 僕は音楽が好きで、かつては夜寝るときにラジオ(特に日曜深夜のJ-wave試験放送は最高)を点けっぱなしにしたりだったのだけど、ゲストハウスで、男四人が文字通り頭をつき合わせて寝ている室内で、そんな勝手な行為が許されるわけもない。なので、騒音(主にイビキ)対策もあって、最近寝るときにカナル型のイヤフォンをして、菊地成孔の粋な夜電波の音楽回を聞きながらいつの間にか眠りに落ちる、というパターンで夜を迎えることが多かった。こんなことをしていると難聴に近づいていくのは分かってはいるのだけれど、どうせかつては爆音のライブハウスに出演していたのだし、そもそも人の話に耳を貸すつもりはあまりないし、セニハラセニハラ(背に腹は代えられない、の略です念のため)、ということで、ゴリ押しでカナル型イヤフォンを耳に捩じ込んで眠りについていた。
 そんなある朝、起きてみるとどうも右耳に違和感を感じる、はて耳垢でも詰まっているのかしらん、と耳をほじくらんとすると、指先に違和感。

 カナル型イヤフォンの、ゴムが取れて、耳に詰まってた。

 夜行バスでゆっくり眠るために愛用を始めてから、いつかは起こるだろうな、と思っていたのだけれど、ついにこの日が。そもそも僕って寝相がいい方では無いし。仰向けで死んだ人のように寝たはずなのに、起きてみたら轢死した毛虫のような格好だった、ということは数知れず。
 多少は慌てたものの、耳にゴムが詰まったままでは仕事にもならないので、個人スペースの押し入れから、ソントン箱(中身を見た人には、「これは何というカテゴリの箱なの?」とか「田舎のおばあちゃんちにある箱みたい」とか言われる箱)を取り出し、
「テレレレン! ラジオペンチ〜(ドラえもん風)」
と、我が耳から脳を引きずり出すような格好で、スルリと、耳からゴムを引き抜くことに成功。無事に山へ芝刈りに出かけることができた。

 あれ以来、懲りてイヤフォンを外しているかというと、そんなことは全くなく、相変わらず寝る前には夜電波、通勤にはj-wave、という日々である。



スポンサーサイト



20150815Sat
 >予定は未定です

 ミラーボール回ラズは懲りずに11月に新刊(4冊目)を出す予定なのだけれど、先日、その表紙イラスト素材の撮影が行われたらしい。編集長や営業部長や装画担当の方々が無事に遂行してくださったらしい。11月の文フリは当日にも行けないし、誰も突っ込んでくれないので言うしかないんだけど、いま自分のパソコンが無くて文章をデータに起こせないので、そろそろ隠居を企んでいます。

 最近、文字の本をほとんど読んでいません。コーヒー関係の本か、へそまがりにあるマンガばっか読んでます。へそまがりにあるマンガ全部読んだらシェンロンが出てくるって信じてるレベルで読んでます。けど、そろそろ文字の本も読まなきゃなあ、と考えたり。なにより、文章書かないとヤバいよなあ、と考えるふりをしてみたり。TARI。

 いまはへそまがりのカウンターに置いてあった、DJ FORESTのMIX CDを聞いています。カッコイイです。夜の街、という感じです。たぶん先日、DJ FORESTとは一緒に飲んだんじゃないかなあと思いますが、色々と曖昧です。ヤバいくらい面白い御仁でしたが、曖昧です。 



近頃のマンサツ 16冊
 一色まこと「花田少年史」1〜5 ←僕の父母弟が大好きなマンガ。
 真鍋昌平『闇金ウシジマくん』26〜33 ←「洗脳くん」編、いまいちだった。
 オノナツメ「GENTE」1〜3 ←やっぱ面白いよね、このシリーズ。

いままでのマンサツ 計 57冊 





20150811Tue
 >ベルトが置いてある、という恐怖

 仕事も終わり、現在の住居である、へそまがりに帰ってきた。へそまがりは、昼は漫画喫茶としての顔を持っているのだが、夜になると、ゲストハウスとしての一面を如実に表す。現在僕以外に200人ほどの人々が住んでいて、伊藤潤二の『うずまき』で家の中でくっついた人々さながらのホラーな光景を毎夜表す。ほぼ嘘です。住んでいる人以外にも何泊かの利用者が入れ替わり立ち替わりで、横浜で旅の恥をかき捨てていくならここ、っていうくらいの人気っぷりになっている。そのために、帰ってきてから家を出るまで、僕以外に誰かは必ずいるのだけれど、今日は僕一人で一軒家を占拠している。ただ、帰ってきたときに2階男部屋の電気は点いていたし、扇風機も回っていて、誰かがいたような気配があった。おそらくは昨日からの泊まりの男性が居たのだろう。それより何より、不気味だったのは、玄関あがりのマットのところに、ちょうど腰に巻いてあったまま抜け落ちたような、ベルトが、妙に丁寧に置いてあったことである。

 事件性しか感じない。

 というふざけたことを書いていたら、同居人が帰ってきたので、こんなところで。今はソニーロリンズのソロアルバムを聴いています。ロリンズの抜けたような明るい音、最高。




20150810Mon
 >自分の感受性くらい

 久しぶりに舞台を観に行った。好きな劇団なんだけど、初見の頃より面白さを感じなくなってしまっている。いつもより舞台上で飛び散っている汗の量が少なかった、というのもあるけど、きっと僕の慣れが大きな原因なんだろう。こういうとき“自分の感受性くらい 自分で守れ”という一節をいつも思い出す。
 麻痺してしまった自分の感受性を脇に置いて、基本的に僕は、汗が飛び散る芝居、が好きなのではないだろうか、ということに気づいた。目で見える汗に限らず、脳が汗をかくような芝居も好きだ。
 つまりは、一生懸命にやっているかどうか、ということなんだろう。
 何も芝居に限ったことではない。僕だって、一生懸命、やるべきことがあるのだ。それを頑張るのだ。

 20連勤の一週目が終わりました。応援よろしくお願いします。死なぬよう。


マンサツ 0冊





20150809Sun
 >漫画を読む日々

今日はヤサへ帰ったらイベント開催中だったので、
2階でひとり静かにウシジマくんを読んでいた。
ざわざわした。
24・25巻に収録されている「生活保護くん」編は名作。
こういう形で震災を取り入れた作品もあったのだな。ラストも最高。
次に始まる「洗脳くん」編は、屈指の胸くそ悪いエピソードらしいので期待。
北九州の事件がモデルになっているとのことで、
園子音「冷たい熱帯魚」界隈を思い出すかも。

オノナツメのパラディーゾはシュッと読める本当に良い漫画だと思う。
うまく、まとまってて凄いなぁと。
これで読んだの何回目か分からん。

どげせん関係は、休憩がてら読みました。


さて、宇多丸師匠の『バケモノの子』批評、もう一回聞きながら寝ます。



マンサツ記録

8/6〜8 22冊
真鍋昌平『闇金ウシジマくん』13〜25
オノナツメ「リストランテパラディーゾ」
板垣恵介・RIN「どげせん」1〜3
RIN「どげせんR」1〜2
板垣恵介『謝男』1〜3

これまでのマンサツ 41冊






20150806Thu
 >ハマづく

 今朝は電車でTBSラジオを聞きながら仕事場へ向かった。本屋で働いていたころは、ゆうゆうワイドのワンコーナーが始まったくらいで家を出れば良かったのだけれど、いまは電車を降りるときに、毅郎さんから悠里さんへのバトンタッチがある時間帯なので、悠里さんの声をあまり聞くことができない。今日の放送で7千何回目かだった。その放送回数をきくたびに、俺もまだまだ頑張らねば、と気合いが入る。

 横浜駅近くのビブレ前のおでん屋台、2016年1月で撤去が決まっているらしい。綱島の東京園には間に合わなかったので、屋台はどこかのタイミングで行ってみたいが、あの並びは気が引けて、なかなか。


マンサツ経過

8/5 4冊
きくち正太『おせん』9〜12

これまでのマンサツ 19冊




20150805Wed
 >夜と本と音楽と

最近、本をめっきり読まなくなった。
仕事への行きの電車内15分で少し読むくらいだ。
いまは金子光晴『どくろ杯』をちょこちょこと。

“唇でふれる唇ほどやわらかなものはない”


へそまがりでは、漫画を読んで、レコードを聴いて、寝るという生活。
今日はハンクウィリアムズのベスト盤を流している。
こういう音楽はいつ聴いても飽きない。すごい。

横浜駅からへそまがりへの帰り道、ダイエーの中にレコファンが入ってて、
僕の大好きなJimmy Giuffreのレコードが何枚か売っていた。
ささってる場所がバラバラだったので、この前行ったとき、
俺がいつかまとめて買いますよ、という具合にまとめて置いてきた。
僕が買う前に誰かが先に買うだろう。
僕が買ったところで、今は場所をとるだけだし。
っていうか、お金無いし。
それとも、Jimmy GiuffreとEric Dolphyのレコードだけは買うことを己に許そうか。
お金無くても。



マンサツ記録

8/3 6冊
きくち正太『おせん』3〜8

8/4 0冊

これまでのマンサツ 15冊





20150802Sun
 >俺と悪魔のブルーズ

「マンガは1日3冊くらい」略して「マンサツ」。

8/2 5冊
平本アキラ『俺と悪魔のブルーズ』1〜5

ずいぶん前に、1巻を持っていた。当時読んだときに、
ラストで、ボニーとクライドが出てきた衝撃といったらなかった。
さすが奇才平本(アゴゲン大好きです)。
最近、へそまがりに、8年ぶりの新刊である5巻が入荷したので、
今までのを流しつつ一気に読んでみた。
びっくりするくらい、話が進んでなかった。
さすが奇才平本。

『監獄学園』読んだことないんですけど、こんどアニメ化するらしいッスね。



これまでのマンサツ 9冊。




20150801Sat
 >マンサツはじめます

かつて僕はゲームが大好きで、塾から帰って寝るまで、
さらには睡眠時間を削って、毎日のようにゲームばっかしていた。
そのころ大人によく言われたのが、「ゲームは1日1時間」という言葉だ。
たぶん元ネタは高橋名人だと思う。

そんなゲーム少年も30歳になり、今は漫画喫茶で寝泊まりをするようになった。
寝泊まりっていうか、住んでしまうことになった。
何が言いたいかもうお察し頂けた方もいるんじゃないかと思う。

いま、毎日のようにマンガばっか読んでます。

ただ僕もいまや(建前上は)大人になり、
お給金を頂くために、朝起きたり、仕事に行ったり、夜寝たりしなければならない。
「ゲームは1日1時間」と言ってくれるような人ももういない。
自分のことは自分で決めなければならないのだ。
それならば、自分にこう言おうと。

「マンガは1日3冊くらい」
略して、新企画「マンサツ」と。


8/1 4冊
・石塚真一『BLUE GIANT』6
・真鍋昌平『闇金ウシジマくん』10〜12

というわけで、企画名を裏切って、いきなり初日から4冊読んでしまった。
ご存知の方もいるだろうけど、ウシジマくんは巻をまたいで話が続くので、
途中ではなかなか読むのを止められないのだ。という言い訳。
今日は「サラリーマンくん」編を読んだ。
後味は悪いが、今までで一番救いのある話だったと思う。
この1個前の「フリーターくん」編は本当にヤバかった。

そして『BLUE GIANT』最新刊が、へそまがりに入荷しましたよー。
僕がへそまがりに初めてきたときに読んで、席で号泣したマンガです。
みんな読みにくれば良いと思う。
最新刊、もちろん面白いし、ラストが良い感じに引っ張ってて、
また次巻が待ち遠しくてたまりません。



ちょっと最近文章書いてなさすぎて、
どういうふうに文字を並べていけばいいのか忘れてしまったので、
リハビリがてら、へそまがりのパソコンを使わせてもらえる時間があれば、
ゆるゆる更新していきたいと思います。
それかwi-fi対応のノートパソコンがあればいつでも更新できるので、
だれかください。

ではまた近日。



  

カテゴリ
日記 (619) 作り話 (25) 

過去ログ
2016/12 (9) 2016/11 (18) 2016/10 (1) 2016/09 (7) 2016/08 (4) 2016/07 (9) 2016/05 (3) 2016/03 (12) 2016/02 (19) 2016/01 (16) 2015/09 (1) 2015/08 (9) 2015/07 (1) 2015/06 (14) 2015/05 (11) 2015/04 (9) 2015/03 (14) 2015/02 (14) 2015/01 (12) 2014/12 (10) 2014/11 (8) 2014/10 (10) 2014/09 (30) 2014/08 (15) 2014/07 (13) 2014/06 (22) 2014/05 (23) 2014/04 (25) 2014/03 (23) 2014/02 (17) 2014/01 (17) 2013/12 (18) 2013/11 (15) 2013/10 (21) 2013/09 (8) 2013/08 (19) 2013/07 (18) 2013/06 (19) 2013/05 (25) 2013/04 (28) 2013/03 (24) 2013/02 (6) 2013/01 (4) 2012/12 (6) 2012/11 (5) 2012/10 (7) 2012/09 (2) 2012/08 (11) 2012/07 (12) 


このブログのタイトルは OFZK です
ソントン という人間が書いています
だいたい本を読んでいます





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。