------ --
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





20171130 Thu
リボルバー


ちょっと前にTwitterで、
というネタが流れてきた。
(この方は毎日こんな感じのネタを呟いている方です)
しかし、さもありなん、という感じだったからバズッたのだと思う。
今でもビートルズは新しく聴こえるのだ。
いまさらビートルズかよ、なんて言わずに、
『1』で有名曲を一通り聴いて、なんとなく分かった感じになってる人も、
ぜひ一度アルバムを聴いてみて頂きたい。
「あ、ここ、あの曲でパクられてる」っていうのがしょっちゅうあって驚く。
しかし、それが全部オリジナルの新鮮さで聴こえてくるのだ。

ビートルズの面白いのは、
スピーカーで聴くと結構自然に聴こえてしまうのに、
イヤフォンだと仕掛けが結構聴こえてくるところだと思う。
あと、個人的には、ポールのベースのサスティンの短さに改めて驚いたり。
感じていたよりも、ずっとボンボンとしか鳴っていないというか。
それを感じさせないフレージングがすごいというか。
いやはや、拙者、ルート弾いてなんぼじゃ、とか思って楽しててすみません。

僕は、Un planeta『DES』というアルゼンチンのバンドのアルバムとビートルズを交互に聴いたりしているのだけど、
正直、どちらが2017年の作品かよく分からなくなってくる。
(『DES』も良いアルバムなので、ぜひ聴いてみてください。)
(YouのTubeで全曲聴けてしまいます。)

本は、出合った時が、その人にとっての新刊。
太宰治を存命の作家だと思ってる人も、きっといると思う。
音楽だって、そこは似てる。
ビートルズが今のバンドだと思うのも、さもありなん。
音圧とか、トラックの数とか、
本質的にはあまりそういうことじゃないのかもしれない。

>今日の1枚
リボルバー
The Beatles「Revolver」
寝不足の朝もこれを聴けば一発。
ラストの「Tomorrow never knows」の感じ、
これ、何百何千というバンドがやってる気がする。

スポンサーサイト



20171129 Wed
いつかどこかで本屋さん


朝7:30くらいに家を出るのですが、
帰ってくるのはだいたい20~21時です。
今日は帰ってきたのが22時過ぎでした。さすがに遅い。
何が悪いのか。頭と要領が悪いのでしょう。

どこかで思い切れれば、自分で本屋をやってみたいものです。
昔は古本屋ならできるかなぁと思っていたけど、
いまは圧倒的に新刊書店をやってみたいです。
自分の店であれば、365日12時間労働でも、納得できるだろうし。
(休日は落ち着いて棚整理などをするつもりです)
なんなら店に住みたいです。本屋にガチで住めるのはその店主だけですし。

お店を出す場所によって考えますが、
一見さんには入りにくいような感じが良いかなと思います。
新宿の模索舎みたいなのが理想です。
本屋ではないけれど、入りにくさだけで言うと初台のザロフが理想です。
もし大手取次と契約できるなら、矜持として、岩波文庫は置きたいです。
あとは、何の役にも立たないけれど、その実、遅効性の毒がある本を置きたいです。
お客様の探してる本はおそらくないけれど、
探していない本を買っていってもらえるような本屋にしたいです。
申し訳ありませんが、ベストセラーは他の本屋さんで買ってください。

資金と場所の提供、いつでもお待ちしております。
本は儲からないので、金をドブに捨てる気概のある粋な御仁をお待ちしております。
3年ももたずに潰す自信あります。





20171128 Tue
テレビばかり見ていると馬鹿になる


たまには難しいこともしないとダメだ。
分かりやすいことや、知っていることばかりしていると、
いつの間にか、つまらないやつになってそうな気がする。
自分がそうならないように、気を付けているつもりだけど。

僕の敬愛するエロ漫画家、山本直樹の本のタイトルにある。
「テレビばかり見ていると馬鹿になる」。
テレビばかり見ていたナンシー関が馬鹿じゃなかったのは、
テレビを見ているように見えて、もっと別のものを見ていたからか、
それか、テレビと真剣勝負をしていたからか。

書評家の豊崎由美が、小説と批評は両輪のようなものだと、どこかで書いていた。
いま、良い批評家はいるのだろうか。
僕のアンテナも感受性ももうだいぶ死んでしまっているので、
いたとしても感じ取れてないだけかもしれない。
この人は凄いよ、という評論とかあったら教えてください。
けど僕は順調にバカになってます。あんまり信じたくないけど、事実だから仕方ない。
もうあまりちゃんと本も読めないんだけど、それでも読まなくなるよりはマシだろうし、読もうと思います。
何と比べてマシなのかも、もうよく分からない。


この前、観に行った舞台が終わった後に、他のお客さんが、
「社会派で難しかった」と言うのが聞こえた。
『シン・ゴジラ』を「怪獣映画なんて、実際に起こりそうもないこと観ても仕方ない」
と言って観に行かなかった人も知っている。

社会派で難しい、んじゃなくて、
観ても分からなくて難しいと思ったから社会派とラベリングしてみた、のではないですか。
っていうか、社会派ってなんですか。
「実際に起こりそうもないこと」しか起こらないのが現実だと思うんですが、どうですか。
あなたが見たいのは、
「裏切りも含めてストーリーが薄々読める程度で予定調和に翻弄される」ものなんじゃないんですか。

今日はずいぶんとイラッとすることがあったので、悪態をついてみました。
自分がこんなに馬鹿な大人になるとは思っていなかった。自分にはガッカリしてばかりだ。
大人ってもっと、世界とか、そういうのが分かってるもんだと、思ってた。
馬鹿なふりをするのと、ほんとに馬鹿なのは違う。
そして馬鹿な振りをしている馬鹿が一番救いがなくて、僕はそれに近いんじゃなかろうか。

考えてばかりいる。
何かを試みたり、言ったり、するわけではない。考えてばかりいるのだ。
町田康『告白』の主人公の気持ちはよく分かる。
考えるしか、できることはないのだけれど、それでも考えることを止めてはいけないと思う。
たぶん考えなくなった瞬間、僕は死ぬと思う。
見た目は変わってなくても、もう死んでるんだと思う。




20171127 Mon
本を片付ける


三重で開催された一箱古本市3つ、運のよいことにすべて出店できた。
販売するために、段ボールに詰めたり、床にいくつかの山に分けて積んでおいた本を、
とりあえず本棚に戻した。
……全然減ってねえなぁ、と、一人苦笑する。
結構買ってもらったつもりだったのだけれど。

気を付けているつもりだけど、いつも余計な買い物をしてしまう。
フリクションの黒0.5は2本もいらないよ。
あと、ついに、ポスカを箱で買ってしまった。
しかし、これに関しては、使わないものがあっても、別に無駄だと思っていない。
この芯の太さで、この色がある、って知ってるだけなのと、それが手元にあるのとでは、
試せることが全然違ってくると思う。

装備とか準備とか、無駄なのがあってもいいと思う。
小学校のとき、遊園地に行くのに、辞書とホイッスルを持っていた男ですよ、僕は。
いつかフリクションの黒0.5を2本使ってスライムを倒す日が来るかもしれないし。来ないかもしれないし。




20171124 Fri
インフレ


(ひきつづき宣伝)
11/26(日)伊勢河崎一箱古本市に出店します。
前2回の一箱がお陰様でご好評いただき、本がスッカスカになっちゃったので、
今回は傷だらけの総力戦と参りたいと思います。期待せずにお待ちください。
あ、案の定、当日の予報に雨が入ってきましたね。マジですみません。


今朝、会社へ向かって歩いていると、視界の端に「んっ?」というものが見えて、思わず立ち止まりました。

 echo 310円

……絞り取られてるなぁ、と思いましたよね。
echo(エコー)というのはタバコの銘柄で、僕がいまの第二次禁煙前に吸っていたタバコです。
そのときはたしか、250円でした。あの安さとキツさだけが売りだったタバコが、300円超えたかーと。
第一次禁煙前に吸っていたのはセブンスターで、300円でした。今のエコーより安い…。
それが今や460円ですからね。お疲れ様です、喫煙者の皆さん。


読んでた本のどれかに、「日本の本は単価が安すぎる」みたいなことが書かれていました。
たしかドイツと日本との再販制を比較しての意見だったように覚えています。
最近、講談社文庫版の京極夏彦的なアホみたいな厚さの本が減って、
だいたい分冊になってきてるのは、ちょっとでも客単価を上げようという出版社の試みのような気がします。

ニュース番組で、書店の売り上げの最盛期から、
客単価は変わってないんだけど、来客数が減っているというのを言っていました。
書店員の立場では本の価格を上げることはできませんので、
まとめ買いしたくなるような売り場を作るか、来店数来客数を上げるか、
もしくはその両方か、と、何か良いネタがないかなぁと考えています。


津の一箱のときに出演させて頂いたトークイベントで、
「書店と図書館のステキな関係」みたいなお題があって、上手いこと答えられなかった。
文芸春秋の社長さんの「図書館は文庫を置かないで」発言を引き合いには出してみたものの。
あれからモヤモヤと考えているんですけど、書店から図書館に対してできることっていうのは何だろうと。




20171123 Thu
11/26(日)、伊勢河崎一箱古本市に出店します


11/26(日)、伊勢河崎一箱古本市に、【ミラーボール回ラズ】として出店します。
https://sites.google.com/site/hitohakoise/
前回、台風で中止になってしまったやつのリベンジです。
時間は10:00〜16:00。場所は三重県伊勢市の伊勢河崎商人館です。

主催の古本屋ぽらんさんが、Facebookで僕の紹介を書いてくださいました。

「ミラーボール回ラズ」
初参加のお店です。屋号の文芸同人誌、ポップ、またその人柄で県内に衝撃をあたえ続けるお店です。「三重の古本市全部雨にしたのは僕です」とのこと。しかしそれは当店のせいかもしれません。

衝撃をあたえているらしいです。おかしい。馴染もう馴染もうとしているはずなのに。
あと、古本市どころか、参加予定だったビブリオバトルを2件とも台風で中止に追い込んだのも僕です。
今回の予報はいまのところ曇りとなっていますので、皆様どうぞお越しくださいませ。

皇學館大學生のスタッフさんが今年も、ビブリオバトルをされるらしくて、(毎回恒例の企画)
先日の津の大門一箱でぽらんさんにお会いしたときに、
「せっかくマイクがあるので、僕らでなんかトークイベントをやりましょうか」
と冗談交じりに打診されたんですが、あれは気のせいでしょうか。
あの場で馬鹿笑いしながら出てきたトークのお題が、
<これまでの女性遍歴>
くらいしかなかったような気がするんですが、それで良ければぜひやりましょう。
ちなみに僕はあと、
<これまで食ったゲテモノ>
<死にたくなったらとりあえず上京しろ。東京で死にたくなったら遍路を歩け>
だったら、一方的に話せます。
というか本のことを話せよ。

ぽらんさんのことをご存知ない方のためにご説明いたしますと、
僕の師匠・へそさんを、シュッとした感じです。
へそさんをご存じない方のためにご説明いたしますと、
スカパラのキーボーディスト・沖さん似のサムライです。


ブログを書いてないと、延々AppleMusicで音楽を探してるだけのダメ野郎になってしまうので、
(今日はビートルズを聴いていました。皆さんはご存知ですか?ビートルズ。 ←ナイツのネタの始め的話法)
またちょこちょこブログを書こうかと思います。サボっててすみません。
広告が出ない程度には断続的に書いていきますんで。へへっ。

ところで、面白いブログを読みたいという方は、友人のにたないけんが、
http://blog.livedoor.jp/nitanaiken/
いまお題を募ってブログを書いていて、相変わらずの名文で読ませてくれますので、
どうぞそちらをお読みください。よかったら何でもお題を投げかけてやってください。
こちらには投げかけられても困りますので、勘弁してください。



 
OFZK

 日記 (693)
 つくり話 (26)
 蛇足 (3)

 2018/10 (3)
 2018/09 (4)
 2018/08 (1)
 2018/07 (4)
 2018/06 (1)
 2018/05 (2)
 2018/04 (3)
 2018/03 (1)
 2018/02 (1)
 2018/01 (3)
 2017/12 (7)
 2017/11 (6)
 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (22)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZK by sonton



adimin







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。