20180115 Mon
石野卓球 /ACID TEKNO DISKO BEATz


たしか出口治明さんの、読書術についての本だったと思うのだけど、
確実に面白い本を読みたいなら、評価の定まった古典のようなものを読んだほうが良い、
みたいなことが書いてあった。それもまた正しいと思う。
しかし、僕は書店員のハシクレとして、
存命の作家さんの本を読んで、何かしら応援していきたい、という気持ちを強く持っている。
そこを盾にこれからも玉石混交の新刊を買っていく言い訳にしたいと思っている。

石野卓球 /ACID TEKNO DISKO BEATz
ACID TEKNO DISKO BEATz
★★★★☆
とある音楽鑑賞のイベントで、登壇者さんが、
「一音聴いて分かるオリジナリティのあるボーカルが好み」というようなことをおっしゃっていた。
その点でいうと僕は、卓球のボーカルがめちゃくちゃ好きである。
テンションを上げたいときにはいまだに『モノノケダンス』を選曲している僕がいる。
卓球ソロなのでボーカルは入っていない。
けど、ふとしたところに、やはり卓球節としか言えない音が入っていて、
知らない間に体が、DJブースの卓球ダンスを模してしまっているのだ。






20180108 Mon
Vijay Iyer Sextet/Far from Over


1/2の朝に倒れ、病院に行ったところ、インフルエンザA型でした。
7日までは休めと言われて、年始休みが一気に伸びました。
実家暮らしの良いところは、こういうときに大変助かるところです。
たぶん一人暮らしだったら死んでたと思います。
いまだに生きてるのはただただ運が良いからに他なりません。

Vijay Iyer Sextet/Far from Over
Far from Over
★★★★★
ジャズピアニストVijay Iyer、昨年に出た新作です。
実験作ならともかく、僕がIyerの作品にハマらないわけがない。
この人の音楽はほんとに頭の中が痒くなって、良いです。
ドラムがマーカス・ギルモアじゃないのがやはり違和感があるっちゃあるのですが、
ソーリーのパワフルなドラミングも良いですよね。

最後に、今年のフェスで、このアルバムのメンバーで、アルバムの曲を、
プレイしているライブ動画がフルで上がってたので、お聴きください。
1時間半くらいありますので、お暇なときにでも。
前から思ってたんですけど、Iyerの曲が分かりにくいのって、
ベースのステファン・クランプによるところもあるところも大きいですよね…。




20180101 Mon
BONGEZIWE MABANDLA/Mangaliso


あけましておめでとうございます。
今年も色々とマイペースにやっていけたら、と思います。
懲りずにお付き合い頂けると嬉しいです。
ブログは最近すっかり“とあるアラ男”形式になってますが、
とりあえず飽きるまではこの感じでいきたいと思います。

BONGEZIWE MABANDLA/Mangaliso
Mangaliso
★★★★☆
南アフリカの東ケープ州出身、ボンゲジウエ・マバンドラの(おそらく)2枚目のフルアルバム。
1985年生まれのニューカマーなので、これからまだまだ人気が出ると思います。
コーサ語という言葉で歌われてるようです。
どうも僕は個人的に、こういう声の人が好きなのでは、と気づきました。
少しかすれたハイトーンで、ややフラット気味というか。
コーサ語のなのか、アフリカの歌の特徴なのか、
歌の中で8分や16分で揺れる(フェイク?)ところがまた気持ちいい。
トラックも、わりとポップでところどころアフリカっぽさがまぶしてある、という感じで良いです。
アフリカの音楽ってアコギなど、アンプラグドの弦の音が良いんですよね。

それでは最後に1曲お聴きください。
アルバムの3曲目から「Ndokulandela」



 
OFZK

 日記 (688)
 つくり話 (26)

 2018/07 (4)
 2018/06 (1)
 2018/05 (2)
 2018/04 (3)
 2018/03 (1)
 2018/02 (1)
 2018/01 (3)
 2017/12 (7)
 2017/11 (6)
 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (22)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZK by sonton



adimin