------ --
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





20180311 Sun
ゲッコーコーヒーのこと


雑誌『CASA BRUTUS』の4月号は、「カフェ&ロースター」特集。
一応コーヒー好きの私、表紙のイラスト担当が引っ張りだこのKYNEさんということもあり、思わず買ってきた。
内容は、『CASA~』が建築の雑誌ということもあって、店構えの写真が多く、コーヒーの味や、現在のコーヒー業界の潮流などはあまり詳しく書かれていない。
「サードウェーブ以降のコーヒーは……」なんて書いてあっても、それらが具体的に掘り下げられることもなく、ちょっと肩すかしだった。おそらくは、そこらへんのリテラシーをお持ちの方が普段から読んでいるのだろう。
あと、たとえばしょっぱなに載っているKOFFEE MAMEYAに、僕はシラフで行く自信がない。
個人的に、東京に対して愛憎あるので、つい虚勢を張った言い方になってしまう。
もちろん、すべての店が庶民的であれ、なんて言うつもりはさらさらない。
この店に行くことがステータスになる、というのならそれはそれで良いのだけれど。
各地のコーヒースタンドの店構えを1ページに3つずつ載せたページ。これの京都と沖縄が良かったので、もうこのページのために買ったと思おう。
いつか行きたい栄町市場。(宮里小書店もあるし)

さて、この号に掲載されているお店の一覧地図が、特集ページのはじめにあるのだけれど、もちろん我らが三重県は飛ばされている。
逆に言えば、岡本仁(このマップに載っている店の多くが、岡本仁のインスタからの転載特集のお店であり、いわば水増し……ゲフンゲフンなんでもありません)ですら発見できていないお店を、我々は発見できている、ということになる。
またここで虚勢を張ることになるけれど、岡本仁のあとを追うのではなく、もしも岡本仁が三重に来たときに「あの喫茶店は良いッスよ」って教えることができる方が、すごいことのような気がする。


というわけで、僕が紹介するのはもちろん、「ゲッコーコーヒー、良いッスよ」となる。

近頃、津市大門商店街の一角・ランタン通りに、リノベーションによっていろいろと面白い店が出来ているのだけれど、ゲッコーコーヒーはそのうちの一軒だ。
一軒、と言ってみたものの、はっきり店舗と言えるかどうかは怪しい。
なんせ、ゲッコーコーヒーには壁も天井もない。
かつて中国にあった魔窟・九龍城よろしく、ランタン通りの店舗は、建物の持ち主たちによる古い時代のセルフビルド、ぶっちゃけて言えば違法建築によってやりたい放題にされた結果、店の連なる屋上にぽっかりと、そこだけが誰からも忘れられたような空間がある。
ゲッコーコーヒーはそのスペースに、店主一人分のスペースしかない屋台と、何人かが立ち飲みできる簡素な台と、ビールケースにクッションを載せたイスを並べて、晴れた夜にだけ営業している。
川口葉子の名著『屋上喫茶階』の夜バージョン、といった店である。

店名の「ゲッコー」はもちろん「月光」、かと思いきや、元々は「下戸(げこ)」だったらしい。
大門商店街にあるのは夜の飲食店。訪れるほとんどの人は、お酒を飲むことを目的としている。
そんな場所での多数派になれない、つまり酒の飲めない下戸の人たちが集まる場所になれば、というような目的があったのかどうか、店主が店名を聞かれ「ゲコ」と言ったのが、客の口伝いにいつのまにか「ゲッコー」となまった、という説が有力。
(なにせこの店には看板がないので、ゲッコーの正式な表記も曖昧である)

しかし、ゲッコーという名も伊達ではない。
メニューはコーヒーのみ。深煎りのブレンドをネルドリップでいれてもらう。
このお店は天井がないので、晴れの夜にしか営業していない。
晴れている夜、月をカップに浮かべて真っ黒なコーヒーを飲むのである。
下戸でも李白の気分がほんの少し味わえる瞬間だ。
子どもの頃に親にねだって飲ませてもらい、思わず吐き出しそうになった、大人の飲み物。
そんな懐かしくも感じるようなしっかりとした苦味。鼻へと抜ける香ばしさ。
階下の賑やかな酔客たちの声を聞きながら、夜空のような飲み物を。
なかなか乙だとは思いません?



と、久しぶりに、真顔で嘘を言ってみた。
モデルにしたのは、足利の屋台カフェ・アラジンです。
おつき合い頂きありがとうございました。

スポンサーサイト


 
OFZK

 日記 (693)
 つくり話 (26)
 蛇足 (3)

 2018/10 (3)
 2018/09 (4)
 2018/08 (1)
 2018/07 (4)
 2018/06 (1)
 2018/05 (2)
 2018/04 (3)
 2018/03 (1)
 2018/02 (1)
 2018/01 (3)
 2017/12 (7)
 2017/11 (6)
 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (22)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZK by sonton



adimin







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。