20190107 Mon
1/13(日)本の会@ひびうた、やります


こんにちは。何もしない主催者こと、ソントンです。
2019年1発目の本の会をやります。今年も懲りずにやりますよ。
昨年のツァラの本の会は、曜日固定で開催されていましたが、
色々と様子を見つつ探っていこうと思っています。
というわけで、まずは、日曜夜に開催してみます。
翌月曜日は祝日です。悪い大人なので夜ふかし上等です。
つい先日も飲んでて、楽しさと引き替えに終電を無くしました。

2019.1.13.(日) 本の会
久居・ひびうた
(駐車場あり)
19:00~21:00(~22:00まで居残り可)
参加費500円
遅刻、早退、見学、当日飛込、可。
(もしよければ、事前に何かしらの方法で参加の表明をして頂けると、
 こちらの心の準備がすこし整います)

お菓子と飲み物をひびうたさんがご用意してくださいますが、
ほかにも飲食物は持ち込み自由ですので、どうぞお好きにやってください。
そしてこの日は、18時半くらいに来て頂いた方から先着15名様に、
なんと、うどんが振る舞われます!1月と言えばうどんですよね。…ね!
企んでるメンバーが詳細を秘密にしてる雰囲気なので言わないですが、
なんにせよめちゃ美味いので、ぜひ19時よりすこし早めに来て下さい。
風の噂では夕方くらいから作業をし始めるようなので、
割と早く来て頂いても、お待ち頂ける場所はあるかと思います。
むしろたぶん、うどんメインで来ても大丈夫です。
気が向いたら本の会も覗いていってください。

本の会の内容は、本について皆でワイワイ話す、というものです。
本だったら何でも大丈夫です。
好きな本、積んでる本、小学校の図書館から借りっぱなしになったままの本。
卒業アルバムをお持ち頂いて初恋について語って頂いても良いです。
なんなら去年の手帳でも大丈夫です。
話す方法もお任せしますので、スーパーササダンゴマシン並のパワポ芸をして頂いても大丈夫です。
話したい本を実際にお持ち頂けますと、なお盛り上がるかと思います。
手ぶらでももちろん大丈夫です。人は皆生まれたときは手ぶらです。

それでは皆さんのご参加をお待ちしております。
楽しく平和にやりましょう。たくさんの愛と、読み切れない本を。


***
さて、ここからはオマケです。
僕は当日に話す時間がおそらく無いと思うので、最近読んだ本をここに書いておきます。
前回の本の会で紹介されていた、
 ヤモリ、カエル、シジミチョウ
 江國香織『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』(朝日新聞出版)
江國さんの本を読むのは久しぶりでした。
直木賞くらいまでは読んでたのですが、僕がサボってる間にも、
江國さんは旺盛に傑作を書き続け、本作では、
ベテラン作家から大御所への過渡期にとる(という大変勝手な)イメージの、谷崎潤一郎賞を受賞されています。

一言で感想を言いますと、やはり、とても良かったです。
僕は江國さんの文章を読むと、湿気をはらんだ室内から、くもりガラスを通して、ドライな外の風景を眺めているような気になります。
米文学の翻訳もされている方ならではというか、
ともすると激情が支配しそうだったり、もしくは湿っぽく転がりそうなところでも、それらを散らかさずに抑制して描かれているイメージです。
(他の作家さんはたとえば、小川洋子さんの文章だと室内も外もどちらも冷たいというイメージ、
 で、ガラスじゃなくて、なんかよく分からない皮膚みたいなぶよぶよしたものを通して見ている感じ)

物語は、ある一家、中でも特に、弟を中心とした群像劇です。
段落ごとに主となる人物の視点は変わるのですが、
どれも三人称なので、主の人物のすこし上からカメラが回っているようなイメージです。
とくに事件が起こるわけではなく、物事の進行はスローなのですが、
カメラの視点が転々と移っていくので、たるんだ印象はまったく受けません。

この本を紹介して下さった方もおっしゃっていたのですが、
弟の視点に移ると、文がすべてひらがなとカタカナに書き下されているのが特徴的で、
慣れるまでは大変読みづらいです。(小学低学年の教科書みたい)
この弟君が、虫や小動物と話をすることができるのです。
逆に、家族を含めた人間との会話はあまり上手くありません。
一番近しい姉とでも、分かり合っているとは言えない感じです。
一家の他にも登場人物は何人も出てくるのですが、
弟君に心の声を届かすことができる人物が2人、
しかも通じ合うところまで行く人が1人出てくるんですね。
なぜ他の人ではなくその人たちだったのか、なんてことを考え始めると、
また「起きながら眠ってるように見える」と言われたりするので、世知辛いですよね。

僕が好きだった人物は、隣家で一日中大音量でテレビをつけて、独り言を喋っているおばあさんですね。
孤独を孤独と描かないやり方が、江國さんは大変上手いですよね。
さらに色々な孤独を書き分けるのがまた上手い。
主役一家の母と、隣家のおばあさんの、孤独が響き合ってオーバードライブしていくのとか、もうたまらんです。

あと、父の恋愛相手の女性。
こういう女性を描くともう、江國さん本領大発揮ですよ。
陳腐な言葉で言ってしまうと、女性には嫌われそうな女性。
たぶんこの女性が今風のボキャブラリティを持っていたら、
「私中身がオッサンだから」って言いながら、男を取っていくような感じね。
男性読者の皆さんは是非たぶらかされてください。

あと、ネタバレ厳禁なところがあって、楽しみを完全に奪うことになるので詳細は伏せますが、
最後の章には仕掛けがあって、あれっ、と気付いたときにはもう逆戻りは出来ないことになっていて、ゾワッとします。
さらに最後の最後がとてもオシャレで、僕は気に入りました。してやられました。
……あ、最後だけ読んでも全然意味が分からないと思うので、ぜひ頭から読んでみてくださいね。
あれは、あの一瞬がとても良いのです。行から行への間に一瞬だけれど抗いようのない強い風が吹くのです。
もう戻ることのできないような風が。

バランスと、転ぶこと・人と対する・世界と対する・孤独との関係、そんな言葉が浮かぶお話でした。
オススメです。
カエルとヤモリが本当に好きなら、とりあえず読んで損なし。


ってなところで今日はおひらき。最後に1曲お聴きください。
当日はうどんを食べる機械になります。





20190102 Wed
「待ってろ今から本気出す」リリック文字起こし


2019年はRhymester結成30周年ということで、
1/2に配信リリースされた新曲『待ってろ今から本気出す』のリリックを聞けた分だけ書き起こしてみました。
赤字のところは聞ききれなかったところです。どなたか教えて下さると嬉しいです。
追記1/2:タマフル仲間の冨坂友さん(@アガリスクエンターテイメント)からリプライ頂きました。ありがとうございます!)
追記1/6:コメント欄で教えて頂いた2点を修正)
追記1/6:1/2放送のアトロクオープニングトークにて、宇多丸さんがヒントをくれるという奇跡(笑))
47都道府県ツアーで、僕の仕事が一番忙しい時期に三重に来てくれるという…。タイミングよ…。


20190101-rhymester_full.jpg
RHYMESTER 『待ってろ今から本気出す』
Produced by Mr. Drunk
Lyrics by Mummy-D, 宇多丸
Turntables by DJ JIN


<HOOK>
また時代が 俺を呼んでる
気がするのさBaby 嘘なんかじゃないぜ
お前の知ってる アイツじゃもうないんだ
CheckしときなHaters 度肝抜かしてやんぜ
Hey world!
待ってろ今から本気出す C'mon(待ってろ今から本気出す)
待ってろ今から本気出す What(待ってろ今から本気出す)
ほんほんほん本気出す C'mon(ほんほんほん本気出す)
ほんほんほん本気出す What(ほんほんほん本気出す)

<Verse Mummy-D>
(Yeah)(Who)身構えな(are)身構えな(you)身構えな ほら身構えな
(It's D!)
身構えな ほら身構えな 新しい時代がやってくる
平成元年あの日19だった俺が生まれ変わってまたやってくる
(またお前か?)そうお思いでしょう ならば次のフェイズへとおいでおいでしよう
ずっとリズムの奴隷として生きた男の本気をお見せしよう(Let's go!)
何度でも何度でも何度でも何度でも挑戦してやんぜこのロクでもないギャンブル
感動でも賛同でも反動でもいいんだ聞かせてくれよお前のリアルな反応
いまだに尽きぬ闘争心 いまだ枯れぬライムと向上心
いまだ本気の本気も出してないって俺ってマジでイカしてない?

<HOOK>

<Verse 宇多丸>
(Verse two)
(Who)Put your hands up.(are)Put your hands up.(you)Put your hands up. 皆 Put your hands up.
(宇多丸!)
Put your hands up.皆 Put your hands up.いまにも手が届きそうな星座
目指し道無き道ゆくレーサーみたいな人生さ
またペースアップして更新する総走行距離 発信するメッセージは相当の飛距離
世界は不条理だが凡人でも精進して勝利 つかんだ等身大の誇り
いまやその存在自体がすでにシンボリック(聖なる三角形)の完璧なシンフォニー
虹の向こうに(いや泥水の向こうに)何か感じた例の確信のとおり
1989: A Hiphop Odyssey 未知の領域への探索隊結成
時はバブル全盛新元号は平成 だが俺たちにゃKRSやチャックDが先生
まるでマイクロフォンはディスカバリーの 無限の彼方から響くビート
導かれたあの日の旅人 さあHere we go! Here we go! HereHereHere we go!
だが満足は一度もしていないのさ いつか見たモノリスには追いついていないのさ
進化の途中サイクロップスと格闘中 そんな俺は奇跡の齢50

<HOOK>







20190101 Tue
18→19


あけましておめでとうございます。
今年も懲りずによろしくお願いします。

2018年も色々とありました。
アフター6ジャンクションが始まり、
菊地成孔の粋な夜電波が終わりました。
イオン津南が改装オープンし、
ツァラトゥストラハカク語リキが閉店しました。
そんな1年でした。



読んだ冊数はたぶん50冊くらいでしょうか。
1月に津のコーヒーハウス・ツァラトゥストラハカク語リキで、
ツ・ブックソシアルクラブという、本についてワイワイと話す会が始まり、
11月にお店の閉店と共に会が終了するまで、毎回参加させて頂きました。
いまのところ12月の1回だけですが、久居のひびうたさんに場所を移して本の会を続けられて良かったです。
ツァラさんに甘えさせて頂き、『売春島』の著者・高木瑞穂さんをお招きしてのイベントも開催しました。
一箱古本市には伊勢へ1回だけ出場。雑誌ラティーナ1年分強をお買い上げ頂いた衝撃。
ベスト ジョン・ウィリアムズ『ストーナー』
 ツァラのマスターに教えて頂いた本。人生の供になる小説。
次点 花田菜々子『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に会いそうな本をすすめまくった1年間のこと』
 まさか活字の本に自分の名前が刻まれる日がくるとは……。


映画
ツァラの映画の会にたまに参加したおかげで、去年よりは本数を観たかなぁと。
ただそれでも、周りに圧倒的に本数観てるが人が居るので、本数を観るよりは、
やっぱり僕はあまり皆が観てなさそうな映画を拾って行きたいなと改めて思いました。
サンバレーが改装され、イオン津南として再オープン。
期待されていたIMAXは入らず、割とガッカリ。
僕の会社から行きやすいイオンシネマ津はどうなるのかと不安だったのですが、今のところ継続のようです。
差別化のためか、ミニシアター的な作品も増えてきて嬉しいです。
しかし相変わらず人は入っていないので、なんとか来場者を増やせたらなぁと。
ベスト『バッド・ジーニアス』
 ありがとう、イオンシネマ津。
次点 『若おかみは小学生!』
 劇場が僕を含めて1人客のオッサンで埋まってた思い出。


舞台
今年はひょんなことから舞台に立ちました。5年ぶりくらいでしょうか。
セリフの無い通行人役でしたが、舞台の楽しいところもめんどくさいとことも思い出せて良かったです。
お盆は東京へ行き、久しぶりに鉄割アルバトロスケットも観れて、脳味噌を溶かせたので良かったです。 
ベスト あうんの会『海につくまで』
 なんか毎回年初に観たものを選んでいる気がする……。
次点 水素74%『ロマン』
 気持ち悪さと面白さの見事な同居。
殿堂入り どくんご『誓いはスカーレット』
 ……いつか三重に来てほしい!!


音楽
もうAppleMusicでしか音楽を聴いていません……。
ライブもいよいよ行かなくなりました。
レコードで音楽を聴く会みたいなのには行ったのですが、あまり良くなかった……。
音楽をもっと素直に楽しめるイベントがあれば良いのになぁ。
ベスト 中村佳穂『AINOU』
次点 Khruangbin『Con Todo El Mundo』
MVP 崎山蒼志


2018年には、
「ソントンにはインプットが足りていない」というのと、
「ソントンにはアウトプットが足りていない」という、
両方のことを別々に人に言われました。
人の期待に必要以上に応えるつもりは毛頭ありませんが、もうちょっと外に向けてやった方が良いのかな、とは思いました。

あと、割とたくさんの人と会えたような気がします。
人脈とか、つながるとか、そういう言葉が苦手なのですが、
最近、残る縁は残るのではないか、と考えることがあります。
大事なのは、どれだけの人とすれ違えるか、ということではないかと思います。
なのでまぁ、今年もあまり気張らずに、人とは会っていこうと思います。
会いたい人、が居るのかどうかも自問していこうと思います。
それは自分の目標がはっきりしたときに見えてくるものなのかもしれませんけれど。

今年の抱負を聞かれて、そのときには答えられなかったのですが、
「自分が良いと思うことをちゃんとやっていく」にしようと思います。
目標もいくつかありまして、ここで書いておくような目標としては、
「ブログを100回書く」があります。他にも色々とあるのですが、
(小説100冊読むとか、マンガ100タイトル読むとか)
たぶん結果として、ブログに集まってくるのではないかと思います。
……目標が守れたらですけど。

というところで今日はおしまい。最後に1曲お聴きください。
今年もこの曲を頭に爆音で鳴らしながらやっていこうと思います。





 
OFZK

 日記 (760)
 つくり話 (26)
 蛇足 (4)
 本の会 (2)

 2020/08 (4)
 2020/07 (7)
 2020/05 (5)
 2020/04 (7)
 2020/03 (3)
 2019/11 (1)
 2019/10 (1)
 2019/08 (4)
 2019/07 (5)
 2019/06 (9)
 2019/05 (8)
 2019/04 (6)
 2019/03 (1)
 2019/01 (3)
 2018/12 (5)
 2018/11 (1)
 2018/10 (3)
 2018/09 (4)
 2018/08 (1)
 2018/07 (4)
 2018/06 (1)
 2018/05 (2)
 2018/04 (3)
 2018/03 (1)
 2018/02 (1)
 2018/01 (3)
 2017/12 (7)
 2017/11 (6)
 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (22)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZK by sonton



adimin