20200329 Sun
本の会 2020年3月


本の会の記録です。
飛び飛びになってすみません。
こんなに記録が残ってないものは、本の会か、近頃の公文書くらいかと思いますので、
あちらほどひどくならないうちに書いておこうと思います。
ちなみに次回は、4/29(水・祝)18:00~21:00@久居ひびうた →Facebookイベントページ
いまのところ開催の予定です。遅刻早退見学自粛歓迎。

では以下、3月の記録。
20200329.jpg
2020/3/29(日) 14:00〜17:00
本の会 通算27回目
参加者16人 

お昼の開催は初めてだったんじゃないかと思います。
終わってもまだ明るいっていうのは、なかなか新鮮でしたね。
あと、これまでよく参加してくださってた、“詩ぃちゃん”こと大阿久佳乃さんが、
夏葉社のサブレーベル・岬書店から単著『のどがかわいた』を上梓されました。
そして、進学で他県へ移られるということで、しばしのお別れ。


では、紹介された本たちです。

ooaku.jpg fuyuna.jpg シングルファーザーの年下彼氏の子ども2人と格闘しまくって考えた「家族とは何なのか問題」のこと
大阿久佳乃 『のどがかわいた』 (岬書店)
fuyuna 『DOKUGAKU×DESIGN 独学のデザインと、デザインの独学。』 (自費出版)
花田菜々子 『シングルファーザーの年下彼氏の子ども2人と格闘しまくって考えた「家族とは何なのか問題」のこと』 (河出書房新社)

 早速出ました『のどがかわいた』。さてこのあと何回登場するでしょうか。
あと、ツァラでやってた頃の本の会に来られてて、今は東京でデザインの仕事をされてる、
fuyunaさんの自費出版本も出ましたよ。


本当は怖い 日本の神話 図説 一冊でわかる! 最新宇宙論
古代ミステリー研究会 『本当は怖い日本の神話』 (彩図社)
縣 秀彦 『図説 一冊でわかる! 最新宇宙論』 (学研プラス)

 全然別の国の神話に、共通項がたくさんある。というロマン。から、はじまる妄想。


月と篝火 (岩波文庫) 幼年連祷―吉原幸子詩集 (1965年) yoshiwara.jpg
チェザーレ・パヴェーゼ 『月と篝火』 (岩波文庫)
吉原幸子 『幼年連祷』 (思潮社)
『吉原幸子草稿集』 (書肆水族館・非売品)

 本を通じて、亡くなった作家とも縁が出来るというお話。吉原幸子、キレイ。


ooaku.jpg モモ (岩波少年文庫(127)) クマのプーさん (岩波少年文庫 (008))
大阿久佳乃 『のどがかわいた』 (岬書店)  ←2回目
ミヒャエル・エンデ 『モモ』 (岩波少年文庫)
A.A.ミルン 『クマのプーさん』 (岩波少年文庫)

 児童文学、アツい!プーさんたちのシニカルさ。自分と似たキャラを見つける楽しさ。


koujienn.jpg
三浦しをん 『広辞苑をつくるひと』 (岩波書店)

 広辞苑の新版初版のオマケというレア本。挿絵の改定が面白い。広辞苑は枕にちょうど良いという野次。


極夜行 いつだって大変な時代 (講談社現代新書)
角幡 唯介『極夜行』(文藝春秋)
堀井 憲一郎『いつだって大変な時代』(講談社現代新書)

 その不安の正体とは。漠然としたそれの前に立ち止まって、自分で考えることの大切さ。


ooaku.jpg 天使のみつけかた (新潮文庫) 美しいからだよ
大阿久佳乃 『のどがかわいた』 (岬書店)  3回目の登場
おーなり由子 『天使のみつけかた』 (新潮文庫)
水沢 なお 『美しいからだよ』 (思潮社)

 『美しいからだよ』。個人的に、ダブルミーニングにめっぽう弱いッス。


ユニヴァーサル野球協会 (新潮文庫) 雨の日の釣師のために―釣文学35の傑作 ポール・ニザン著作集〈1〉アデン アラビア
ロバート・クーヴァー 『ユニヴァーサル野球協会』 (新潮文庫)
開高健(編) 『雨の日の釣り師のために』 (TBSブリタニカ)
ポール・ニザン 『アデンアラビア』 (晶文社)

 こんなときにはそうだ、皆、家でユニヴァーサル野球協会ゲームをすれば良いじゃないか。
アデンアラビアの有名な一節。は知ってても、イエメンの話とは知らなんだ。


瘋癲老人日記 (1962年) 小鳥たち (新潮文庫) その悩み、哲学者がすでに答えを出しています
谷崎 潤一郎 『瘋癲老人日記』 (中央公論社)
アナイス・ニン 『小鳥たち』   ←実際は単行本版をお持ち頂きました
小林 昌平 『その悩み、哲学者がすでに答えを出しています』 (文響社)

 谷崎の装丁の美しさ! 小鳥たちの装丁のオシャレなエロさ!


猫語の教科書 (ちくま文庫) 想像ラジオ (河出文庫)
ポール・ギャリコ 『猫語の教科書』 (ちくま文庫)
いとうせいこう 『想像ラジオ』 (河出文庫)

 『想像ラジオ』は、僕が三省堂に居た頃、ツンタローが貸してくれる「面白くなかったんで読んでみてください」の
嫌がらせコーナーで読みました。ちなみに、面白かったです。


夜を乗り越える(小学館よしもと新書)
又吉直樹 『夜を乗り越える』 (小学館よしもと新書)

 本と現代美術の平子雄一さんとの合わせ技。モコモコした立体。


園芸家の一年 90分でわかるキルケゴール
カレル・チャペック 『園芸家の一年』 (恒文社)
ポール・ストラザーン 『90分でわかるキルケゴール』 (青山出版社)

 ウチの弟も庭いじりばかりしているので、キルケゴールと呼びたいと思います。


読む餃子 (新潮文庫)
パラダイス山元 『読む餃子』 (新潮文庫)

 ゼナキング餃子を作る会、やりましょう。


終了後は、大阿久さんの即席サイン会。
詩ぃちゃん、突然ありがとうございました。
次回作も楽しみにしています。





20200323 Mon
何キロ出てたかは秘密


 午後一番で納品に行かなければならない教科書が、12時過ぎにようやく入荷。
お昼ご飯を食べる暇もなく、23号線をぶっ飛ばした。
ギュウギュウに詰め込んだ200名分の教科書の重みのためか、車が停車中にブルンブルンと震えだす。
なんとか今日の用事が終わるまでは持ったけれども、名張までのロングドライブになるといよいよ危ないかもしれない。
というか、そもそもブレーキがぜんぜん効かない。慣性の法則を身を持って感じられる仕事である。
学校が始まるまでの、今週来週が、いよいよ大詰め。
まあ、それが終わっても、ゴールデンウィークまではなんだかんだでバタバタとしているのだけれども。



♪Terry Riley 「The Walrus in Memorium」
演奏は大井浩明さん。





20200322 Sun
木蓮の香りに包まれて


 休日だけれど2件配達をしたあとで、珈琲ヨシダへ行き、
ハニークリームトーストとアメリカンコーヒーを。
甘いアイスと甘い蜂蜜で血糖値を上げる。
昼過ぎから、美杉まで木蓮の樹を見に行った。
昨年の夏に遊びに行った、リバーパーク真見のすこし先。
どこかの建設屋さんの車庫にそびえている、とても大きな樹だった。
散歩をしている近所のおばあちゃんに声をかけられる。
「大きいやろ。もう何十年もそこにあるからな」
白い花が満開。甘い香りが満ちていた。
もうすぐ山が笑う。目に楽しい季節。



♪The Songbards「春の香りに包まれて」
夜に草野マサムネのロック大陸漫遊記で流れていた。
聴いてたら、今日のことを書いておきたくなった。



 
OFZK

 日記 (749)
 つくり話 (26)
 蛇足 (4)
 本の会 (2)

 2020/05 (5)
 2020/04 (7)
 2020/03 (3)
 2019/11 (1)
 2019/10 (1)
 2019/08 (4)
 2019/07 (5)
 2019/06 (9)
 2019/05 (8)
 2019/04 (6)
 2019/03 (1)
 2019/01 (3)
 2018/12 (5)
 2018/11 (1)
 2018/10 (3)
 2018/09 (4)
 2018/08 (1)
 2018/07 (4)
 2018/06 (1)
 2018/05 (2)
 2018/04 (3)
 2018/03 (1)
 2018/02 (1)
 2018/01 (3)
 2017/12 (7)
 2017/11 (6)
 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (22)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZK by sonton



adimin