20130416Tue
『9速眼球アクティヴスリープ』中山敦支


本を読まない日は、ありません。
明日世界が滅ぶとしても本を読んでることでしょう。
自称、世界の終わりの読書家です。今考えました。
そんな読書や本屋通いの日々の一端を記録していこうと思います。
映画はドキュメンタリーだけに絞ってますが、本は現状全方位的に扱います。
よければお付き合いください。

今日は最近読んで面白かったマンガを紹介。

『9速眼球アクティヴスリープ』中山敦支
9速眼球アクティヴスリープ―中山敦支短編集 (ヤングジャンプコミックス)

作者は、現在ヤングジャンプで『ねじまきカギュー』を連載中の中山敦支。
この人のこと、全く知らなかったんですが、
僕が一番好きな書店で、なぜか面陳になってたので手に取りました。
2011年発売の本が面陳になってて、それを買っちゃったっていう奇跡。
だから本屋は面白い。

この本には2008~2011年に描かれた読み切り短編が3作収録。
「ミュータントキングダム」(2008)
「恋のスーサイド」(2010)
「禁断ワンダーラバー 前・後」(2011)
という並びで収録されています。

本を読んだあと、作品が描かれた年を見て「えっ?」て思いました。
なぜかというと、読んでいただければ一目瞭然なんですが、
ページが進むごとに、絵が下手くそになっていくんです。
つまり僕は、「禁断ワンダーラバー」はだいぶ初期に描かれた作品だと思ってたのですが、
実は一番最近に描かれた物だと知って驚いたわけです。
絵が下手ってだけではなく、「禁断ワンダーラバー」が一番荒々しい魅力に溢れていて、
こういうのって新人のときじゃないと描けないなんじゃないかなぁとも思ったわけです。
それが、もう、全然逆だったという。ある意味すごい成長を遂げている作家さんだと思いました。
ちなみに僕は「禁断ワンダーラバー」が一番好きです。
個人的な嗜好も大いに原因なんですが、それを言うとネタバレになるので言いません。

荒々しさを感じる原因は多分、大ゴマ&見開きが多くなってきてるからなんでしょうけど、
デフォルメされるキャラクターの身体も合わせて、すごい迫力です。
僕が一番感動したコマは、裏表紙にもなってるんですが、
「禁断ワンダーラバー」でヒロインが振り向くシーン。
あんな大ゴマ使われたら、そりゃゾクッとするわ。

3作品ともにボーイミーツガール物です。キュンキュンします。
短編読み切りってこともありますが、どれもこれも満足感とともにどこか物足りなさが残るようになってます。
僕が好きな「禁断ワンダーラバー」に関しては、そりゃもう、
圧倒的な満足感と圧倒的な物足りなさですよ。これで連載してくれ。お願いします、っていう。

連載中の『ねじまきカギュー』が人気のようなのでご存知の方も多いかと思いますが、
以上のように感動いたしましたゆえ、改めて、オススメしたい1冊でございます。

「俺、多分、買った日に5回は読んだ」


ってなところで、今日はおしまい。最後に1曲お聴きください。

Wild Nothing - Shadow



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
Gaby Comte「Ven vení」

 OFZK

 日記 (627)
 作り話 (25)

 2017/08 (8)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin