--------
 >スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




20130508Wed
 >Ready for someday

ティナin櫻

なんやかんやひねくれたこと言うてても、
落ち込んだときにテンションを上げるため、
Twitterで自己啓発や名言botみたいなアカウントをフォローしてたりする。
そのアカウントで、
「いざというときになった瞬間にはじめても遅い。
 そのときのために準備しておかないといけないのだ。」
みたいな、準備が大事だお、って呟きをよく見るのですね。
いやいや、準備って言うてもさ、
僕みたいに目標も無く毎日を惰性でダラダラ過ごしているだけの人間に
(冗談で書いてみたんですが、マジでこの感じだわっていことに気付いて、
 今さら変な汗が出てきたのは内緒だぜ)
何を準備することがあるのよ、と思ってたんですよ。

ところが、このツイートを見て、思わず膝を打ちました。


なるほど、と。
そうかそうか、と。

全ては綾波のためだったのか、と。

いやね、僕だってね、そこまで電波入ってないですよ。
まさか綾波がアニメから出てくることなんてないって頭では分かってますよ。
けどさ、気持ちは嘘つけない、って言うじゃないですか。
100%決まったわけじゃないじゃないし。
もしかしたら、があるじゃないですか。
ほら、何十年か前の人に「もうすぐ電話を1人1台持ち歩く時代が来ますよ」って言ったって、
絶対信じてもらえないと思うんですよ。
もう分かりますよね。それと同じですよね。
今は「綾波は画面から出てこないよww」って言われてたとしても、
多分、俺が死ぬまでにはなんとかなると思うんですよね。
ガイナックスとパナソニックあたりが組めば、全然いけると思うんですよ。
っていうかむしろ、俺はそれまで14歳でいるつもりだし。
っていうか、実は今も14歳だし。
いつでもミサトさんが迎えに来るの待ってるし。
1話のセリフ覚えてるし。実は苗字、碇だし。
名前もソントンって書いて、シンジって読むし。


え? あ、そうですか。ええ、ええ、分かりました。
OK、あなたがそこまで言うなら、100歩、いやさ10000歩譲りましょう。
いえいえ、僕は僕の信念を曲げるつもりはありません。
どちらかが“仮定”という形であれ相手の意見を受け止めねば、
有意義な議論というのは展開していきませんからね。
仮に、仮にですよ、あなたが言うように、
これからも綾波は画面から出てこないかもしれないし、
僕は14歳じゃないかもしれません。

けどね、マルチはもうすぐ開発されると思うんですよ。

いくらもはやメイドは廃れたって言っても、
いくら90年代ノリ前回のあの髪の色(緑)は今見ると不自然だって言っても、
人々が、癒しを求める限り、マルチは開発されるだろうね。
綾波が3次元に現れる事態に対する準備ってのは、いまいち具体的ではないけれども、
マルチの場合、ハッキリしていることが一つだけある。
それはね、お金。マネー。
マルチが来栖川エレクトロニクスから発売された瞬間に買うための貯金を、
今からせねばと思っております。
一体いくらぐらいするか検討もつかないけど、
感情というバグが取り除かれたあとのマルチを買っても意味がないので、
初期ロットを何としてでも手に入れようと、


えっ「だから、2次元のキャラは3次元に出てこないんだ!」って?
はいはい、そんな戯言寝言は良いから。
まぁまぁそんな怒ったような顔しなさんな。
分かった、分かったから、僕の襟ぐりを掴むその手を離しなさいな。
ふぅ、落ち着いたかい?
分かったよ、万に一つの可能性もないけれども、
あなたが言うように、もしかしたら、
2次元のキャラが3次元には登場しない未来ってのもあるのかもしれない。
僕は神や未来なんぞは信じやしないが、パラレルワールドはあるかもしれないと思ってる。
こんな顔して、ロマンはあったほうが良いと思ってるんでね。
だからあなたの言い分を再び飲んで差し上げようじゃないか。仮に、仮にだ。
ただ、この場合の仮ってやつは、iphone6が出ない、っていう可能性よりも低いんだけれど、
仮に、綾波は画面から出てこないし、マルチは開発されないかもしれない、けれども、

ミン・ヒョリンはいつか俺の妹になると思う。

ということは、だ、韓国語の練習は必須事項だ。
俺の中の「オッパー」って呼びかけられたい子不動の1位、ミン・ヒョリン。
っていうか、今言ってて、気付いたんだけど、
俺もう、すでにミン・ヒョリンの兄になってる、んじゃないかなーって、
ほら、もう兄妹愛としか言えない温かな感情で胸がいっぱいになってますし。
どうりで『サニー』を観たときに、生き別れの妹が映ってると生々しく感じたわけだ。
兄妹って、離れても分かるもんなんですね、目を見れば。
これからは兄妹2人、倹しくも仲良く、ソウルで暮らします。
アニョハセヨ。ケンチャナヨ。


え? ミン・ヒョリンはてめぇみたいなクサレ外道の妹にはならないって?
クサレ外道っていう言い草はヒドイなぁ。いい加減僕ちゃんも怒っちゃうよ?
「目を覚ませ」って言いながら肩を掴んで前後にブンブン揺さぶるのは止めて欲しいな。
ほら、落ち着きなさいな。飴ちゃんを一個あげませふ。
あなたの言っていることはいまだ飲み込めない部分があるけれども、
しかしね今や、綾波も諦めた、マルチも諦めた、これでミン・ヒョリンも諦めるとなると、
しょうがない、これは言っちゃってもいいよねー。

玉城ティナは、俺の妹です。


ええ加減にしなさい、どもありがとございましたー、
ってところで最後に1曲、お聴きください。

Zona Mexicana - Let's Get Tired


Twitterで、マスロックbotってのを見つけたので、
そこから毎日一個ずつ貼っていくという手抜きをしたい。



  

カテゴリ
日記 (619) 作り話 (25) 

過去ログ
2016/12 (9) 2016/11 (18) 2016/10 (1) 2016/09 (7) 2016/08 (4) 2016/07 (9) 2016/05 (3) 2016/03 (12) 2016/02 (19) 2016/01 (16) 2015/09 (1) 2015/08 (9) 2015/07 (1) 2015/06 (14) 2015/05 (11) 2015/04 (9) 2015/03 (14) 2015/02 (14) 2015/01 (12) 2014/12 (10) 2014/11 (8) 2014/10 (10) 2014/09 (30) 2014/08 (15) 2014/07 (13) 2014/06 (22) 2014/05 (23) 2014/04 (25) 2014/03 (23) 2014/02 (17) 2014/01 (17) 2013/12 (18) 2013/11 (15) 2013/10 (21) 2013/09 (8) 2013/08 (19) 2013/07 (18) 2013/06 (19) 2013/05 (25) 2013/04 (28) 2013/03 (24) 2013/02 (6) 2013/01 (4) 2012/12 (6) 2012/11 (5) 2012/10 (7) 2012/09 (2) 2012/08 (11) 2012/07 (12) 


このブログのタイトルは OFZK です
ソントン という人間が書いています
だいたい本を読んでいます





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。