20130528Tue
『森のこども ウォレ・ショインカ』


Twitterで転がってた言葉で、

“好きなことを仕事にしようと思ったら、まずは自分の好きなことをインプットとアウトプットに分けて考えた方が良い。
インプットは与えられてる娯楽。ゲームとか読書とか。それは仕事にならない。好きで当たり前だから。
重要なのはアウトプット。書くとか描くとかつくるとか。この違いはとても重要。”

っていうのがあって、成程なぁと。
俺が好きなことってインプットだけだもん、そりゃお金にならんわなー。
でも、いまだに、本だけ読んで生活していけたらなぁ、という願望は捨て切れていません。
晴読雨読。趣味とともに死にます。
ってわけで今日も、108個ある趣味の中の1つ、

ドキュメンタリー映画を観る会(会員俺1人)。略して、ド1人。
22本目。

『森のこども ウォレ・ショインカ』
http://www.cinemaafrica.com/?page_id=1210
LAGOS-299-300x200.jpg

オーディトリウム渋谷
シネマアフリカ映画祭2013で上映されたうちの1作品です。

1986年にノーベル文学賞を受賞したナイジェリアの作家、ウォレ・ショインカ。
彼の功績を本人や周りの人々のインタビューで描きます。

おそらくはテレビ放送向けに作られたものではないだろうか、と思わせる作りでした。
『世界まる見え』の後半部分みたいなノリですね。
(俺のドキュメンタリー好きは、あの番組と、
 続けてやってた『スーパーテレビ情報最前線』によって形成されたようなもんだ)

いかんせんショインカ氏の作品は評論集が1冊だけ邦訳されているのみの模様。
(映画観た後で興味が湧いて、見に行った丸善&ジュンク堂にちゃんと置いてあったっていうのが凄い。
 さすがジュンク堂さんやで!)
小説や戯曲は英語で書かれているはずなので、
英語が読める方はぜひ買って、内容を教えて頂けると嬉しいです。と人任せ。
劇中では「難しい」って言われてましたよ。

文章を書くだけじゃなくて、不正選挙に反対するため、
銃を持ってラジオ局に潜入して、選挙宣伝のテープをすり替えたりとか、
結構危ないことをやってるんですよ。それで刑務所にも入ってるし。
机上の人ではなく、とにかく行動の人だという印象。
けど、危ない人では全然なくって、話してる内容はユーモアたっぷりです。

映画自体は、言ってしまえば退屈な物で。
これまたいびきがアチコチから聞こえてきました。
僕も正直危うく寝落ちしそうになりましたが、
本好きの端くれとして、作家の人生に関する映画で根落ちするということを、
プライドが許さず、最後まで起きて観ましたとも。

ま、そうそう劇場でかかる映画ではないと思うので、貴重な経験をしたかと。


ってなところで今日はおしまい。最後に1曲、お聴きください。

早坂紗知/Ring of Cannabis カナビスの輪


変拍子botより。
1つめのメロディーが、5/5/6/5/5/4/6で36拍、
2つ目のメロディはシックスティーンにのるリズム、
3つ目は9拍のメロディを4回繰り返す。(9x4=36)、
とのことですが、皆さんは拍取れますか?
僕ですか? もちろん、全然ダメです。



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
Gaby Comte「Ven vení」

 OFZK

 日記 (628)
 作り話 (25)

 2017/08 (9)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin