--------
 >スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




20130624Mon
 >面白そうな本を載せる

web2-600x399.jpg


ミラーボール回ラズ、という名前には、
僕みたいな人間がいくら格好をつけたところで漏れ出てしまうダサさみたいなもの、をこめてみた。

なんて、まさかの昨日のネタの続きで書き始めてしまった。
とは言っても、これ以上引っぱるネタなんてない。
これぞ出オチ。

やっぱ本が好きやけんさー、普段本を読まん人にも好きになってもらいたいとよ。
と、久々にインチキ九州弁を出しつつも。

本屋とかネットとか巡ってて面白そうやなーと思った最近のブツを、
ズラーッと並べるだけ並べてみます。
本屋って言うか、あれね、ぶっちゃけ東京堂ね。
ほとんど毎日昼休みに1階を通ってくからね。ご迷惑かけてすみません。

本屋に行くのとネットで見るのではまた違って、
本屋はやっぱ1冊丸々の質量で迫ってきますから、
ネットでは拾いきれなかった本がピカッと光って見えるときがあるんですね。

とりあえず、面白そうな本をただただズラズラ並べて見ました。
趣味が合う方が居てくださると嬉しいです。新宿あたりの喫茶店でお茶しましょう。
以下、お時間ある方はご覧下さい。



書店で見つけた本------------------------


狂言兄弟 千作・千之丞の八十七年
茂山千作、茂山千之丞『狂言兄弟 千作・千之丞の八十七年』 毎日新聞社



我らに光を ---さいたまゴールド・シアター 蜷川幸雄と高齢者俳優41人の挑戦
徳永 京子『我らに光を ---さいたまゴールド・シアター 蜷川幸雄と高齢者俳優41人の挑戦』 河出書房新社



考えすぎた人: お笑い哲学者列伝
清水義範『考えすぎた人 お笑い哲学者列伝』 新潮社



性欲の研究: エロティック・アジア
井上章一『性欲の研究 エロティック・アジア』 平凡社



60年代新宿アナザー・ストーリー―タウン誌「新宿プレイマップ」極私的フィールド・ノート
本間 健彦『60年代新宿アナザー・ストーリー タウン誌「新宿プレイマップ」極私的フィールド・ノート』 社会評論社



子犬に脳を盗まれた!  不思議な共生関係の謎
ジョン・フランクリン『子犬に脳を盗まれた! 不思議な共生関係の謎』 青土社



世界フリージャズ記
副島輝人『世界フリージャズ記』 青土社



さよならは小さい声で 松浦弥太郎エッセイ集
松浦弥太郎『さよならは小さい声で』 清流出版



ネットで見つけた本--------------------------


エロエロ草紙 【完全復刻版】
酒井 潔『エロエロ草紙 【完全復刻版】』 彩流社



ゲイの誕生: 同性愛者が歩んだ歴史
匠 雅音『ゲイの誕生 同性愛者が歩んだ歴史』  彩流社



わが馬よ、語れ!
岩根 拓行『わが馬よ、語れ!』 澪標



アルビノを生きる
川名 紀美『アルビノを生きる』 河出書房新社


  

カテゴリ
日記 (619) 作り話 (25) 

過去ログ
2016/12 (9) 2016/11 (18) 2016/10 (1) 2016/09 (7) 2016/08 (4) 2016/07 (9) 2016/05 (3) 2016/03 (12) 2016/02 (19) 2016/01 (16) 2015/09 (1) 2015/08 (9) 2015/07 (1) 2015/06 (14) 2015/05 (11) 2015/04 (9) 2015/03 (14) 2015/02 (14) 2015/01 (12) 2014/12 (10) 2014/11 (8) 2014/10 (10) 2014/09 (30) 2014/08 (15) 2014/07 (13) 2014/06 (22) 2014/05 (23) 2014/04 (25) 2014/03 (23) 2014/02 (17) 2014/01 (17) 2013/12 (18) 2013/11 (15) 2013/10 (21) 2013/09 (8) 2013/08 (19) 2013/07 (18) 2013/06 (19) 2013/05 (25) 2013/04 (28) 2013/03 (24) 2013/02 (6) 2013/01 (4) 2012/12 (6) 2012/11 (5) 2012/10 (7) 2012/09 (2) 2012/08 (11) 2012/07 (12) 


このブログのタイトルは OFZK です
ソントン という人間が書いています
だいたい本を読んでいます





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。