--------
 >スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




20130627Thu
 >ハウスをシェアしたい年頃。

tumblr_m6v6gqCK8g1qakafjo1_r1_1280.jpg

ハウスシェアがしたいのでメンバー募集、という話のつもり。


少し前に「共同本棚を作りたい」ってのを書きました。
あのあと、いくつか不動産屋に問い合わせをしてみたのですが、
今までと違って「ああ、ルームシェアですか?」って、すぐに聞かれることが多くなった気がします。
おお、さすがに不動産業界もシェアのことを認め始めたかぁ、
と思ったんですけど、違うんですね、

そういうテレビ番組が、やってるんですね。

ドラマとかバラエティでルームシェアをテーマにしたものがあると教えてもらいました。
そりゃ問い合わせも増えるだろうよ。
業界が進んだっていうか、進まざるをえなかったんだわな。



っていうわけで、ハウスシェアがしたいです。唐突。
ちょっと前に読んだ『ニートの歩き方』っていう本に、
“人は集まると死ににくくなる”
って書いてあって。なるほど、と。
いま、部屋に居るときはだいたい「死にたい」って独り言しか言ってないので、
そんな俺にはピッタリだと。
上京した頃、バイト先の先輩宅に転がり込んでお世話になってたんですけど、
そういえばあの頃って、あまり鬱っぽいこと考えなかったなぁ。
まぁ毎日があまりに忙しすぎたってのもあるんですけど。

家賃12~15万の一軒家を借りて、
男3人くらいでそれをシェアして、
家賃を回収するっていう名目で月に1回メンバーで集まって、
ルサンチマンを熟成させる家飲み会を開催し、
クソ下らない言い争いからちょっとケンカみたいになって、
「でもさぁ!俺さぁ!お前のこと好きだからさぁ!」
とかベロベロに酔っ払った挙句、熱い抱擁を交わして仲直り、
翌日起きて、もろもろのことに後悔する、
というのをやってみたいのです。
学校も共学だったし、部活も吹奏楽で女の子が多かったし、
ホモソーシャルにアコガレ。バディ物アコガレ。

もしくは、リビングでちょっと集まって話そうぜってなってるときに、
「あれ?A君、来なくね?」ってなって
「ああ、A、昨日だいぶ呑んで帰って来たみたいだから起きてこないかもよ」
「えー、2人だと普通のダベリになっちゃうしなぁ」
「じゃ起こしに行こうぜ」
って、2人でAの部屋に行って、Aが包まってるはずの布団を引っぺがしたら、

半裸のカワイイ子が寝てたりするハプニング、ね。

慌ててリビングに引き返したら、そこにAが外から戻ってきて、しどろもどろになってる俺たち2人に
「ああ、ごめん。あれ職場の先輩でさぁ、いきなり部屋に押しかけられたと思ったら寝はじめて、
 仕方ないから昨日はネットカフェに泊まったんだよ」
「あっ、あ、そう。職場の先輩……」
「ふ、ふーん。彼女じゃないのね?」
「ちげえよ。あんな酒乱、彼女に出来るわけねえ」
「そっかそっか、ならいいんだ、Aよ。ニコッ」
「これからもガンガン会社の飲み会には出なさい。そして先輩にガンガン酒を注ぎなさい。ニカッ」
「お前らの笑顔から下心しか感じないんだが」

で、Aの部屋から「ふぎゃっ」っていう変な声が聞こえてきて、
「あ、起きたな」とか言ってたらAの先輩がリビングまでやってきて、
「あのぅ、すみません、ここは……」
「その質問に答える前に、」
「こちらのお願いを聞いて頂けるなら、」
「まず服を着て下さい」

って俺は何を考えているんだ。バカか。ラブコメアコガレか。



ハウスシェアをするとなると、やっぱり己の特技とか書いたほうが良いんじゃないかと。
例えばこれも『ニートの歩き方』に書いてあったんですけど、
料理が得意ってのはかなり強力なスキルになるし、
ニート=いつでも荷物を受け取れる人ってことで重宝されるし、みたいな。

Twitterでは私、
・谷川史子の単行本全部持ってる
・エロ画像や動画集めが凄い
・英検5級
というのを売りにしました。
blast公論』の3枚のカード方式。

なんか、人としてどうなの、っていう感じがしまくってますよね。
あと現状、本が300~500冊はあると思うんですが、
ハウスシェアをするには邪魔になるだけっていうね。
あ、そうだ! 気配消せます! 「お前、ホント空気な」ってよく言われます!
暗転中でも蓄光が貼ってあったら板に付けます!!
wikipediaとYoutubeで2日は潰せます!!!
……うん、人として、どうなのよ、俺。

Twitterとかブログで言い続けてたらメンバーって集まるもんなんですかね。
ずっと昔に保坂和志『プレーンソング』を読んだ頃から憧れていたのです。

シェアハウスメンバー募集。楽しいことしましょう。


ってなところで今日はおしまい。最後に1曲お聴き下さい。

THA BLUE HERB - 未来は俺等の手の中


今日歩いてて、今年で20代も終わりだということに突然思い当たり、
いままでと同じくらいの人生がこれから続くとして、
おそらく、死ぬときに「良い人生だった」と思うことは出来ないな、と。
多分「人生、失敗したなぁ」と言っちゃうだろうと、今際の際が平穏ならば。
ならばそのセリフを、笑って言うか、ガチで言うしかないか。
せめて笑って言えるように、今からまた頑張ろうと、思いましたよね。
暑さにやられたなぁ、ははは。



  

カテゴリ
日記 (619) 作り話 (25) 

過去ログ
2016/12 (9) 2016/11 (18) 2016/10 (1) 2016/09 (7) 2016/08 (4) 2016/07 (9) 2016/05 (3) 2016/03 (12) 2016/02 (19) 2016/01 (16) 2015/09 (1) 2015/08 (9) 2015/07 (1) 2015/06 (14) 2015/05 (11) 2015/04 (9) 2015/03 (14) 2015/02 (14) 2015/01 (12) 2014/12 (10) 2014/11 (8) 2014/10 (10) 2014/09 (30) 2014/08 (15) 2014/07 (13) 2014/06 (22) 2014/05 (23) 2014/04 (25) 2014/03 (23) 2014/02 (17) 2014/01 (17) 2013/12 (18) 2013/11 (15) 2013/10 (21) 2013/09 (8) 2013/08 (19) 2013/07 (18) 2013/06 (19) 2013/05 (25) 2013/04 (28) 2013/03 (24) 2013/02 (6) 2013/01 (4) 2012/12 (6) 2012/11 (5) 2012/10 (7) 2012/09 (2) 2012/08 (11) 2012/07 (12) 


このブログのタイトルは OFZK です
ソントン という人間が書いています
だいたい本を読んでいます





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。