20130813 Tue
推しマンガ『惑星9の休日』、あと無謀な読書会


1326618975-2798875261.jpg

不定休といいながら、2日に1度のハイペースで店開けてます、
煩悩直撃型書店 ミラーボール回ラズ
お盆に終電を逃すだなんて、なかなか良い根性してますね、あなたも。
本日は1冊大推薦したいマンガがございまして、緊急開店ってところです。


amazonを見てたら、10年前の自分が書いたレビューが出てきてビビッた。
いくつかあったんだけど、そのうちの一個だけを引いてみる。
くるりのシングル『ワンダーフォーゲル』について書いたもの。
CDの発売からおよそ1年半後に書いたようです。


「何千マイルとはワンダーフォーゲル」 2002/8/29

この曲、くるりのなかでフェイバリットに挙げる方、多いんじゃないでしょうか。
発売された当時はかなり衝撃がありました。
激しいロックがウリだったバンドが、ピコピコ打ち込み系をシングルでおくってきたわけですから。
実際、くるりがメジャーになり始めたのはこのシングルあたりからだったと思います。
ランキングに登場することも多くなり、自然と曲を耳にする人が増えたのでしょう。
歌詞にはたくさん心を打つ言葉が並べられています。
切なくなる単語や、思わず同意できるような言葉の選び方に並べ方。

曲調は、希望を感じさせるものだと思います。しかし、メロディーは胸キュンもの(笑)。
しかもそれを歌うヴォーカル岸田の声がまた実にいい。
魂はあるのに、感情はないような声…文章では表現できませんが、とにかくイイ!

タイトル曲が明るいのに対し、暗いのがカップリング。夏の歌なのに、とにかく暗い。
夏休み中ゲームして過ごしてるぐらいの暗さ(暗)。バンジョーとウッドベースの音色がまた渋くてたまりません。
初回限定で聴くことができる曲は、初期のくるりを彷彿とさせるロックナンバー。一聴の価値アリです。


まず、文章の基調が全然変わってなくてビックリする。タイトルからして、もう。
俺、高校生のときには出来上がってたってことか。読みにくかったので改行は足したけど。
“(笑)”や“(暗)”は若気の至りですよね。これ面白いと思って書いてたんだろうなぁ……。
ちなみにカップリング曲は『サマースナイパー』、初回限定の曲は『ノッチ5555』です。
くるりの変わらぬ良さは岸田の声と歌詞だと、気付いてるところは誉めてあげたい。



という前フリをしたのは、
今日、久しぶりにamazonのレビューを書いたからだ。
実は僕、面白いことを知ったときにまず、
他の人に紹介したいと考えてしまう、先天性の病気にかかっていましてね。

惑星9の休日 (単行本)
『惑星9の休日』 町田洋 (祥伝社)


「夏に読みたいセンチメンタルSF」2013/8/13

宇宙の辺境にある“惑星9”が舞台。
砂漠のような荒地が広がっている。
民家や店が点在する以外に高いビルなどは無く、
入道雲や満天の星空など、風景は牧歌的でノスタルジックだ。
シンプルな細い線でノッペリと描かれた絵が、雰囲気にマッチしている。

8本の短編が収録されていて、短いものは数ページしかない。
中でも私が一番好きだったのは「衛星の夜」という作品。
2つある月のうち1つが離れていってしまうという夜に、
「あの月に行ったことがある」と男が語り始めた、ある生物との交流の話。
王道とも言える展開で、ロマンやセンチメンタルなんていう言葉が浮かぶ。
1ページを使った大ゴマ2個がとても印象的。

同じような雰囲気を感じる、市川春子作品とはどうしても比較されると思う。
僕はどちらも好きなのだけど、「惑星9~」の方がよりシンプルに楽しめる。
夏の終りにぴったりな、センチメンタルSF作品だ。

最後に、オジサンキャラが皆可愛いことも書き添えておきたい。
自動車修理工場の社長は特に。


10年前の俺。このレビューを見て君は『惑星9の休日』を読みたくなるだろうか。
もし君に伝われば、俺はもうそれで満足です。

なーんちゃって。
センチメンタル過剰なことを書いちまいましたが、面白い本ですよ。
『宝石の国』とバッティングして目立ってないですが、
市川春子ファンにこそ読んで頂きたい。
全然違うじゃん、つまんねー、とかいう感想でも良いから読んでね。

例えば『夏への扉』や『ハローサマー、グッドバイ』など、
夏SFをもっと比較しても良いんじゃねえの、とは思うんですが、
(ちなみに『ハローサマー、グッドバイ』の続編が10月に出ます!)
なかなかそんな技巧がないし、なにせ最近読んだ本以外の筋書きなんて覚えてない。
オイラは書評家にはなれないね、残念。

僕の文よりももっともっと素晴らしいレビューを書いてくれる人なんてすぐに出てくる。
けれど僕自身、普段よくamazonのレビューを参考にして知らない本を買うので、
もし『惑星9の休日』を手にとって、迷ってる人がいて、
その人がamazonレビュー見て、まだ1個もレビュー載ってないから買うの止めよう、
なんてことがあるかもしれないと思ったので、急ぎでレビューを書いてみた。

他にも誰か感想書いてる人がいないかなと思いググってみると、
次の感想ブログ記事が引っかかった。
饒舌な静寂。町田洋『惑星9の休日』 (From The Inside

この方の読み方もすごく面白い。
“また、最後のエピソード「灯」のラストの見開きは鳥肌が立ちました。お見事。”
なんて、そうそうそう!!、って頷きまくり。
読書会ってこういう感じかもしれないなぁって思う。
これくらいの強度のマンガで、読書会をやるのも面白いかもしれない。

手軽に読書会をやろうとするならやはり青空文庫だろうか。
片岡義男とか読んでみたいんですけどねぇ。



「あ、じゃあ、どうでしょうか、ミラーボール回ラズで月に2回くらい読書会をやるっていうのは」

と、店の常連になりつつある少年K君が、ジンジャーエールを飲みながら提案した。
提案したと言っても、東京のお盆の深夜。店内には私とK君しかいない。

「やりたいんだけどねぇ……。もう少し人数が居れば活気も出るんだろうけど」
「いいじゃないですか、まずは僕ら2人から始めれば」
「まぁK君は毎晩のように来てくれるし、会が開けないなんてこともないか」
「結局、普段から読書会の後の話し合いみたいな内容しか喋ってないですけどね」
「無作為じゃなくて、改まって決まった本について語り合うっていうのも良いんじゃないかな」
「そうそう、前から言おうと思ってたんですけど、店長って変な本しか読まないじゃないですか」
「ドキッ!」
「だから読書会の課題に、スタンダードな本を設定をすれば、読みの範囲も広がるんじゃないかなって」
「アハハ……アリガトウネ……」
「じゃあ記念すべき一回目の読書会は、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』なんてどうですか?
 店長、ラーメンズの『TEXT』も観てますし、高校でゴイステの『銀河鉄道の夜』カバーしてるし。
 『ひらり、』の最新号ではカザマアヤミさんが『銀河鉄道の夜』を引用してましたしね。
 だから流石の店長でもこれは読んでま」
「…………」
「せんね?」
「はい」
「じゃあ、宮沢賢治『銀河鉄道の夜』を課題本にしましょう」
「俺、昔の本って苦手なんだよなぁ……」
「あんた一応は国文学科に居た身でしょうに……」


というわけで、K君との雑談から、俺1人読書会をやることになりました。
8/30くらいまでに『銀河鉄道の夜』を読んで、感想を書きます。
無謀な読書会。はじめます。

宮沢賢治が終わったら北大路魯山人を読もうかしら。



ミラーボール回ラズ、お盆も変わらず始発が動くまで営業しております。
今のBGMはSFジャズトリオの1曲。次もジンジャーエールで良いですか?

blacksheep 重力の記憶



コメント

by クララ◎ (URL)
すごい、変わらない!w
出来あがってますねぇ。
暗い曲ってなんだろうと思ったらサマースナイパー!!
いいですよね。クーラーもない四畳半の部屋の光景、暑さがすぐ浮かんできます(暗)
これとおんなじ暗さだとハロースワローも好きです。


すごい歌詞書くなぁって人がたいてい宮沢賢治に影響を受けていて(米津玄師もそうらしい)、薄々読んでみたいなぁとは思っているんですよ。なので、そんな人の背中を押すようなレビューをですね、心よりお待ちしております!笑
2013.08.14 01:44 (編集)

by えこたん (URL)
実家は朝日新聞を読んでいるのですが
当時、アニメの「銀河鉄道の夜」をものすごい勢いで宣伝してたため、あのネコが主人公のイメージが強いです。
一応、読んだことはありますが所々記憶が欠けています。
児童文学全般読み直したいですね。

ゴイステの「銀河鉄道の夜」は熱唱できます(笑)
ライジングサンで夜空の中でそれ聴いて泣きましたから。

くるりはデビュー時に「なんかすごいバンドらしいよ」と仲間内で言ってたので、「東京」から入りましたが正直これはあんまり引っかからなかったです。
たぶん地方ってほどの所に住んでいた訳じゃなかったので歌詞の理解度が低かったからかな?
ですが「虹」を聴いた時、情景が浮かんだのでおおっ!となりましたけどね。

旅に出る理由、100個くらいあるし!
2013.08.14 03:31 (編集)

by 柚 (URL)
読書会ー!
いいですねー!わたしも、インターネットで少人数の読書会って出来ないもんじゃろうかと思っていたんですー。Twitterでメンバー募って。わたしのTLほぼ書店員か出版業界人か本好き漫画好きさんですし。

1人読書会も楽しそう!夏休みっぽくていいですね、
休みないけど・・・気持ちだけでも・・・(ノД`)

わたしも便乗してもいいでしょうか(*゚∀゚)=3
銀河鉄道の夜は子供の頃読んで、大学のゼミでも読んだので(担当教官が賢治の研究家でした・・・)読書会の課題本として最適かどうかはわかりませんけどもw


2013.08.14 22:53 (編集)

by ソントン (URL)
全然変わらない。
精神年齢も高校生のままだしなぁ。
多分死ぬまであまり変わらないと思う(笑)。
くるり、暗い曲少ないからも印象に残るよね。

宮沢賢治は言葉の選び方とリズム感が良い、
って百合マンガには書いてあったよ(笑)。
僕はそんな大層な物は書けないけどね、お楽しみにー。
2013.08.17 00:16 (編集)

by ソントン (URL)
アニメの銀河鉄道って細野さんが音楽やってたやつですかね?
観たことは無いんですが、サントラを聴いた覚えはあります。
……全っ然覚えてないですけど(笑)。

ライジングのゴイステ……うらやましい……。
そりゃ泣くわ。
いつか行きたいライジング。
1人で行って1人でテント立ててやるんだから!

昔、僕は椎名林檎が好きだったんですが、
くるりとナンバガを推してるのをインタビュー記事で読んで、
どちらもズブズブとハマっていきました。
はじめて買ったのは「春風」だったと思います。
「虹」のキーボートやピアノがめっちゃ好きです。

僕には旅に出る理由など何ひとつ無いですが、
実家では「放蕩息子」と呼ばれています。
勘当されないだけマシだと思っております。
2013.08.17 01:04 (編集)

by ソントン (URL)
ありがとうございますー。
読書会、ぜひやりましょう!

今は無くなってしまったのですが、
以前知り合いが、毎月青空文庫から1作選んで読み、
月の最終金曜にタグをつけて皆で感想を呟くというのをやってました。

まずは課題本を決めて、Twitterで感想を呟くところからですかね。
僕はSkypeやチャットのことを全然知らないんですけど、
そういうのって使えるんですかね。
皆でワイワイやれたら良いんですけどねー。
僕は普段ちょっと変な本しか読まないので、
海外文学の難しいものなども頑張って読む、
なんてことをしてみたいです!

「銀河鉄道の夜」はハンデがあり過ぎる気がしますが(笑)、
色々ご教授頂けると嬉しいです。
僕は大学をゼミまで行く前に止めちゃったので、
研究などの話を聞くとすごく羨ましく思います。
きっと大変なのでしょうけど、良い経験なのでしょうね。

そんな僕は僕で、
おそらく他の人には無いような体験を経てきたわけですが(笑)。
2013.08.17 01:49 (編集)

by 柚 (URL)
うわーありがとうございます!ヾ(* 'Д' *)ノ
許可をいただいたので、『銀河鉄道の夜』読書感想文やりまっす!

賢治はあれです、別に研究したかったわけではないのですが、近代文学のゼミに入ったらたまたま先生が賢治の研究者だったという・・・。卒論は尾崎翠でしたー!「こんなマイナーな作家で卒論書いちゃうアタシかっこいい」的な・・・。は、はづかしい(*ノェノ)

わたし司書の勉強した時に、読書会のレポートとかも確か書いたんですが、小学校とか教育の場でやるタイプのやつしか知らなくて・・・。
私も具体的にどうやるのがいいのか全然わからないのですが、そういうノウハウの本を借りてみたのでちょっと調べてみます!

あっ、『惑星9の休日』読みましたよー!
「衛星の夜」が特に好きでした!粘菌かわいいよ粘菌。


2013.08.17 23:42 (編集)

by ソントン (URL)
やりましょうやりましょうー。
『銀河鉄道の夜』、読んでますが、なんというか難しいです。とっかかりが無いです……。
まずは一度読んでから、他の研究本などにもあたってみようと思いますー。

こんなマイナーな本読んでる自分カッコイイっていう方向へは、
現在進行形で僕が突き進んでおります! 誰しも誰しも。
文学の研究っていうのはどういうことをするのか、良かったらぜひ教えてください。
僕が大学でやったのは、部活だけだったので(笑)。

僕は大学辞めてから、あ、司書って楽しそう、って思いました(笑)。
あと、資格があるぶん書店員より格上のようなイメージがあります。
けど仕事とか関係なくただただ本が好きって人たちがわらわら集まって、
なんかしら本について楽しく喋ることが出来れば素敵だなー、と。

『惑星9の休日』読んでもらえて嬉しいです!
粘菌、可愛い!! でも、車修理工場の社長も可愛い(笑)!!
2013.08.23 02:22 (編集)


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK


zack villere「cool」

booklog (→all)


 日記 (631)
 つくり話 (25)
 音楽ログ (1)

 2017/08 (13)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin