20130914 Sat
リハビリ日記。熊本書店巡り


s_IMG_1748.jpg
オテモヤン!

お久しぶりです。ギリギリ生きてました。
ようやっとインターネットも復調。
が、しばらくブログ書いてなかったってだけで、
もう何を書いていいやらわからない次第。
先週、熊本の書店めぐり(と、ついでに友人の結婚式)に行ってきたので、
簡単にその記録を残してリハビリ。
この熊本行きが決まってから、
最近出た『本屋図鑑』という書籍に載ってる本屋に全部行こうと無茶なことを思いつき、現在も計画は進行中。
財布が滅茶苦茶軽くなるぜ。

熊本市は上通り下通りを歩くだけで、何軒も本屋回れるから助かる。
それでも途中で、肩が千切れそうになったけどな。
知ってはいたけど、一番通った「満遊」っていう古本屋が無くなってて、時の流れを感じました。



1 蔦屋書店 熊本三年坂
http://store.tsutaya.co.jp/storelocator/detail/8000.html
s_IMG_1763.jpg
書店めぐりを見越して朝8時に熊本入りしたため、開店直後に飛び込む。
この書店は僕が大学を辞める直前に開店した。
夜遅くまでやっている本屋が無かった中、いきなり週末は4時まで開いてる店が出来たのだ。
そりゃ入り浸るわ。CDを意味無く試聴しながら朝までグッダグダ過ごしたわ。
文庫が出版社ごとじゃなくて、作家順に並んでるのが衝撃だった。
そんな思い出の書店に、朝イチで飛び込みました。
今回回った書店の中では一番記憶に近かった。
っていうツタヤが出来た影響で周りの書店もリニューアルしたので、
他の書店にリニューアル後に行くのが初めてっていうだけなんだけど。


2 長崎書店
s_IMG_1750.jpg
トラックに轢かれそうになりながら撮った写真↑
長崎書店にはよく行った覚えがあったんだけど、
向いに大谷楽器って言う楽器屋さんがあって納得。ロータリーオイル、買いに行ったもんなぁ。
数年前に改装があって、知ってる頃よりだいぶオシャレになってた。什器とか木製でカッコ良い。
俺の前に会計していたおじいさんが、
「なんでこの本には税抜きの価格しか書いてないんだ!」ってイチャモンつけてた。
やっぱ書店にくるお客さんは、全国どこでもこんな感じなんだなぁと、いらぬ感慨に耽る。


3 金龍堂 まるぶん店
http://www.kinryudo.co.jp/
s_IMG_1759.jpg
熊本にいた頃はあまり来なかった。
けど、今回行った中では個人的に一番盛り上がりました。
ふだん学習参考書売場で働いてるんですけど、学参の揃いが一番スゴイっていう。
Z会の本も置いてあるし。九州ならでは、っていう本が平積みになってたりで面白い。
そしてやたら天井の高い1F奥には、熊本のご当地本がズラズラズラーっと並んでおります。
このコーナーがめちゃくちゃ楽しくて、熊本出身の作家(尾田栄一郎!)の本、熊本が舞台になってる本、
ベンチも置いてあったので、しばし堪能。


4 喜久屋書店 熊本店
http://www.blg.co.jp/kikuya/shops/kumamoto/index.html
s_IMG_1765.jpg
おそらく改装したばかりで店内はキレイ。
面積も結構広くて、什器の感じが僕の働くS書店、ジュンク堂のような印象。
ってな他人行儀なことはどうでも良く、このお店では先輩が働いているのである。
毎度熊本に来るたびに今日はいらっしゃるかなーと行くと、
なぜか毎回レジに先輩がいるという妙なタイミングの良さなのだけれど、
今回もエスカレーターを上りきったところでバッチリ目が合いました。
喜久屋書店はマンガ品揃えが良いので、昔もよく行ってたんですが、
改めて行ってみると、すごく腐女子向けに尖ってました。
普通の本屋+腐女子の本屋っていうくらいに、なんかそっち向けの商品が充実。
薄い本を見て創作意欲が湧いたそこの貴女、
喜久屋さんでは画材だって売ってるから、いつだって二次元の世界を創れるぜ!
あとCDの品揃えも書店らしくない、ちょっとした同人ショップ並の物量。
本のお会計のときに先輩(店長代理)から、
「文庫担当のアルバイトさんがもうすぐ辞めちゃうんだけど、ソントン来ない?」
と光栄なお誘いを頂きました。
「いや、俺、学参担当なんで文庫のこととか全然分かんないんスけど、大丈夫ッスか?」
「うん、大丈夫、よろしく」
と、再びの熊本行きが決まってしまうところでした。


5 天野屋書店
http://www.kosho.ne.jp/~amanoya/
s_IMG_1754.jpg
古本屋。
荷物が多くて邪魔になるため、店内には入らず。
店頭の均一棚で『オヨヨ島の冒険』を見つけて、買おうかどうか迷うものの、
これ以上荷物を増やしてどうするねん、と諦め。
(ここまでの新刊書店で1冊以上ずつ買ってます)


6 舒文堂河島書店
http://www2d.biglobe.ne.jp/~jobundou/
s_IMG_1755.jpg
店頭の均一棚に片岡義男の赤い背がズラーっと並んでて、「これこれこれー!」と思った。
僕が古本屋通いを始めた高校生@三重県では、大体100円棚に片岡さんの本がバーッと並んでて、
真っ赤なコーナーがあったもんですけど、東京の古本屋ではあまり見ませんね。


7 橙書店
http://www.zakkacafe-orange.com/
ヘボイ写真しか撮れなかったので画像は無し。
2009年に開店した新しい書店。セレクト系。
僕が居た頃はまだ無くって、何年か前の『BRUTUS』書店特集号で知りました。
雑貨屋+カフェが併設されているのは知ってたので、
ここで足を休めようと思って行ったのですが、
カフェ席が思いのほか狭い上に店員さんと常連のオジサンで盛り上がってて入れず。残念。
書店の方は、文系女子御用達、みたいな感じの並びでした。地方発のミニコミが並んでたり。
ここらへんでぜいぜい言い始めたのでタイトルまでは覚えてないんだけど……。
立地がすげぇカッコ良いところで(寂れた商店街の裏路地みたいな場所にあります)、
夜にフラッと入ったりするときっとまた雰囲気も違うのだろうなぁ。
次に熊本行くときは、カフェで珈琲飲みたい。


ってなところで今日はおしまい。最後に1曲お聴き下さい。

くまモン体操


まぁねぇ、よく流れてたよねぇ。サビ覚えちゃったもん……。



コメント

by えこたん (URL)
熊本城は?城けっこう好きなので教えてほしい(笑)
九州ってあんまり縁ないです。
福岡に「いつでもラーメンぐらいおごるばい!」というラーメン要員がいるくらい。
目標としては全国にちょいちょいそんな人を増やしながら、生きていきたい!
2013.09.16 07:53 (編集)

by ソントン (URL)
熊本城は受験の翌日に行ったきりです……。
武者返し、あったなぁ、くらいの覚えしかない(笑)。
各地に知り合いがいると、相当楽しいことになりそうですよね!
僕もそれを頼りに生きていきたい……。
2013.09.17 23:48 (編集)


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

Reggie Watts 「A Song About Apples (Always Love Yourself)」


booklog (→all)


 日記 (659)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (12)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin