20130919 Thu
本屋で水タバコは吸えるのか


lgf01a201306100600.jpg

水タバコを吸ってきたのである。

僕は学生だった頃からタバコを吸い始め、
某出版社で働いていたときの年末に止めた。
今で、大体禁煙6年目くらいになる。
体も元々そんなに強いわけじゃないので、
吸ってた頃でも1日に3本~4本程度の喫煙者だった。

そんな俺が、水タバコを吸ってきたのである。

きっかけはフォローしているニュースサイト「TimeOutTokyo」に、
東京、シーシャ5選  広尾、代々木八幡、千束、浅草、渋谷で一服する
という記事が載ったからだ。
出不精の癖に、興味を持ったものに関しては現場に行って体験してみたいという欲求がありまして。
その興味の矛先がコロコロ変わるのがちょっとイケないところなんですが。
で、今回も、最近よく聞くようになった“水タバコ”ってのはどんなもんなんやろ、と、
せっかく紹介記事を見つけたことだし行ってみよう、と。

記事に載っている5店のうち、僕が興味をもったのはもちろん、
渋谷「North Village」。
>自伝を中心とした書籍を発行している『NORTH VILLAGE』が、
>渋谷・宇田川町に2012年7月にオープンした"水タバコが吸える本屋”

本屋と言われれば行かぬわけにはなりますまい。
まぁね、刊行物の著者ラインナップが、窪塚洋介・高橋歩・ロバートハリス……
っていう時点で、大体想像はついているのですが。
それが地雷だと分かってても踏みに行かねばなりますまい。

お店は渋谷東急ハンズの向かい、仲屋むげん堂の坂を少し入ったところにあります。
夜に行ったのですが、周囲は何と言うか、
知り合いが知り合いを連れてくることで成り立っている飲み屋、
みたいな店が立ち並んでおります。完全にアウェイですが進みます。
店の前には「SHISHA & Wi-fi」と書いてある看板が出てました。
もう絶対に本屋じゃないよね……と諦めながらも進みます。
入店するとすぐにソファに座らされます。
(余談、店員のお兄さんが好みのタイプだったのは点数高い)
で、すぐにメニュー渡されます。

案の定、本なんて見る暇ない。

というか、やっぱり本屋ではありません。
NORTH VILLAGE出版の本が(手の届きにくい棚で)何冊か飾ってあるだけです。
他に壁になぜかバンドデシネの『レオン・ラ・カム』が飾ってあったんやけど、
表紙でタバコ吸ってるからやろか。取れそうもない場所にあったし。

さて、僕はただでさえ渋谷が苦手で、
こんな魔窟のような場所に1人で来ておいて緊張するようなチキンであります。
つまり、メニューはほとんど覚えてない。というレポート失格っぷり。
そんな沢山のメニューから水タバコの香りの種類が選びます。
すげぇ種類が多かったのは覚えてる(4ページ分くらいはあった)。
とりあえず人気ナンバー1の「マンゴー」を選びました。
1ドリンク制とのことで(おそらく飲食店ということで届けを出してるのでしょうね)
飲み物を頼まなきゃいけないんですが、
ここで印象的だったのは、お兄さんがソフトドリンクから薦めてきてくれたこと。
僕が酒飲めなさそう見えただけかもしれませんが、
他のお客さんもソフトドリンク飲んでる人が多かったので、
水タバコを吸うときには、お酒はあまり飲まないものなのかもしれません。

店内ですが、薄暗いです。すべて電球の灯りで、店奥に吊ってある電球はピンク色。
カウンターの前には何故か等身大のプレスリーフィギュアが鎮座。
ギュウ詰めで5人ずつ3組分くらいの席があります。10人入ったら混んでるなーって感じ。
僕は1人掛けの椅子に案内されたのですが、
その横には細野晴臣似で会社役員風のオジサン、向かいにはその連れのナードっぽい白人男性が、
すでにポコポコと音を立てて水タバコを吸っていました。
ほかに、お店の角にはカップル客が1組いたのですが、見ないふりをしました。

まずは速攻でドリンクが来ます。
って言っても、ジンジャーエールのカナダドライ瓶の栓抜いて出されるだけなんですけど。
ちなみに細野晴臣氏はクリスタルゲイザー、
白人男性氏はトニックウォーターと、やはりお2人ともソフトドリンク。
カップルが何を飲んでるかなぞ知らんわ。

店内奥には水タバコの準備をするカウンターがあって、
薄暗いこともあり、なんか魔法の道具を売ってる怪しい店の雰囲気。
細長いすり鉢みたいな入れ物に葉っぱを詰めて、
それを、水タバコを吸う装置って聞いて大体の人が想像するであろう、
あの1m弱くらいある装置にセットします。
で、すり鉢の上にフィルターを置き、その上に焼けた炭を並べます。
吸い口を付けないままホースのところからお兄さんが何口か吸って、味が出たのを確認したら、

掃除機、登場。

掃除機で一気に空気を吸い、炭を真っ赤に熾します。
で、順調に炭が焼け始めたら、吸い口を付けて、お兄さんが装置を持ってきてくれます。
吸い口はタピオカジュースを飲むときのストローくらいの太さがありました。
なにぶん初めてで吸い方が分からなかったので訊ねると、
「水がボコボコいうくらいに吸って、吐き出せば良いだけです。あんな感じで。」

白人男性氏による実演。

あー、なるほど、と緊張のせいで薄いリアクションを取ると、
白人男性氏はすぐにスマホいじりを再開しました。
実際に吸ってみると、吸い口が太いので沢山まとめて吸う感じになります。
煙も多くてモワモワとでます。
けど、いわゆる“ヤニ”っぽくは無く、ベタベタはしないです。
あれですね、霞を食ってる感じです。

お兄さん曰く「煙を吐くときに、ハーッって感じでゆっくり出すと、香りがしやすい」とのこと。
これ、白人男性氏がめっちゃ上手かった。



話はちょっと変わって、

飲み屋で働いていた若かりし頃、色々と悪いことに興味があったのですが、
(男の子ですから、今も興味津々なんですけどね)
バイト同僚の家へ遊びに行ったとき、いわゆるハッパが普通に転がってまして、
僕がドキドキしながら「これって、あの、もしかして……」と聞くと、

「あ、ソントンは無理だと思うから、止めといたほうが良いよ」

って言われました。
その時は仲間はずれにされた感じもしましたが、
今思うと、俺の体調のこと分かって止めてくれてたんだなーと、
あれが本当の優しさってやつかもしれないなーなんてことを、



水タバコ吸って、グワングワンしてる頭で思いました。

ダメです、水タバコ。僕の体に合ってないようです。
よく、子どもは自分で目を回して酩酊するのを楽しむと言いますが、
そういえば僕は昔から、目が回るのとか、車で酔うのが嫌いでした。
子どもの頃に家族で遊園地に行って1発目にバイキングに乗り、
僕だけすんごいテンション下がって、その日は一言も発さなかったことが思い出されます。
今でも、たとえばアルコールとか、ホロ酔いのうちは大丈夫なのですが、
ただでさえアルコールに弱いうえに、だれかのお説教(a.k.a.余計なお世話だバカヤロウ)が始まったりすると
即ゲロゲロであります。

あとから調べてみると、おそらくタバコの煙ではなく、
一酸化炭素を吸うことによる酸欠だったのだろうとは思います。
通常のタバコのように肺まで入れるのが本来の吸い方ではあるようなのですが、
・肺まで入れない(ふかす、ってやつですね)
・沢山吸わない
というのが水タバコを安全に吸う方法らしいです。

隣の細野氏と白人氏のペースにつられ、さらに1人で来てて話す相手も居ないので、
バカバカ吸った結果が一酸化炭素中毒だよ!
おそらく、水タバコっていうのは1人で吸うのではなく、
何人かでワイワイと回して吸うのが楽しいのではないかと思います。
アルコールはないけど、1本のタバコを回してるっていう連帯感で、盛り上がっていくものではないだろうか。


他には例えば、けっこういい感じにまで持ってきた女の子を誘ってですね、
単館系の映画、そうですね、今だったら『あの頃、君を追いかけた』、
ちょいサブカル寄りにいって『わたしはロランス』なんかを観に行ってですね。
こんな店あるの知ってる?とか慣れた感じを装って、水タバコ屋の前を通って、
女の子がちょっとでも興味ありげなそぶりを見せたら入店、
「へーっ、○○くんって、ほんとに色々なこと知ってるよねー」とお世辞でも良いから言ってもらって、
「あっゴメン、俺もうお金ないや、タバコ1本で良い?」と嘘でもいいから言って、
間接キスという既成事実を作っておいてですね、
その日の別れ際にキスまでは持ってっちゃう
っていうコースをフラフラな頭で考えたんですが、どうでしょうか、喫煙者男子諸君。
たぶん、そういう感じに使う店です。
ちなみに僕が居た時間帯(22~23時)は、男性12名、女性1名という来客数でした。
野郎ども、寂しすぎはしないか。


あまりにも気持ち悪くなってきて休憩していると、白人男性氏がiphoneを細野氏に見せて、
「あ、さっき言ってたウメハラなんスけど」
って言い始めたから、もうビックリよね。
「え、どれどれ、見せて」と細野氏。

この動画の……ここからなんスけど、
 ほら、もうウメハラのゲージ、あと一発ってくらいしか残ってないじゃないスか、
 で、相手がケズリで勝つために、超必を出すんすけど、
 なんとウメハラ、全部ブロッキングしちゃうんですね。
 ちなみにこれ、入力時間0.2秒なんスけど。
 で、そのまま疾風迅雷脚くらわせて勝っちゃうっていう」

……あんた、めっちゃ日本語うめーな!っていう

「もう俺感動しちゃって、立ち上がっちゃいましたからね。
 でも本人たちは全然ノーリアクションで、手元だけめっちゃガーッつって動いてるんスよ」

……あんた、あの現場に居たかい!っていう

ま、そんなオモシロ話が聞けただけでも良かったです。

ちなみに料金は1800円ナリ。正直、高い。
もうちょい安く吸える店もありそうね。



ほか、参考記事。

・デイリーポータルZ「こわくないよ、水タバコ
こちらでは下北沢にある「シーシャ」という店が取り上げられています。
たしか一番街にあって、僕が通りがかったときにも、チラホラお客さんが入ってました。
水タバコってさ、下北とか高円寺(他、中央線)のイメージがあるんですけど、
この店はイメージど真ん中って感じ。


wikipedia「水タバコ
>イギリス保健省などの調査によると、水タバコ一回分の吸引によって体内で発生する一酸化炭素の量は、
>紙巻きタバコ1本分で発生する量の約4~5倍にものぼり、これによる脳などへの重大な影響が懸念されるとして、
>通説では「紙巻きタバコよりも安全」と見なされがちな水タバコ吸引の危険性について
>同省や関係機関では注意喚起を行っている。

水タバコは、何しろ終りが分からない。
一般的なタバコはフィルター手前まで吸ったら大体終わりってのが分かるんですが、
水タバコは煙が出なくなってきたなー、と思ってたら、
お兄さんが「あ、炭変えますねー」ってやってくれて、
再びモウモウと煙が出始めたのである。
あれは、ここで終わりにしようとか、まだ酸素は脳に回ってるから大丈夫とか、
ちゃんと自分で見極められる、大人の人がやって楽しむものだと思います。
おこちゃまの僕は、おそらくもう行くことはないでしょう。


ってなところで今日はおしまい。最後に1曲お聴き下さい。

PMM - Sprawa dla dżentelmena


珍書編集者として活躍しておられるハマザキカク氏のツイートで知りました。
ポーランドのギャングスタラップとのこと。
リリックの意味が分からなくても良いなーって思うってことは、
リリックは意味だけではなく、ライミングやフロウといったものが占める部分が多いんだなぁと。



コメント

by えこたん (URL)
ワタクシ、こう見えてタバコは一切口にしたことがありません。
一度くらいは吸ったことあるよって人の方が多いみたいで
わりと珍しがられます。
好奇心はある方だと思いますが、なんでだろう?

ハッパは某公園(NHK近くの)のイベントとか
現在のニコファーレとかで「要ります?」と見ず知らずの人に
すすめられたことはありますが、興味ないのでお断りデス。

そう言えば、社会人になって友達とウダウダ遊んでた時に
友達(男)が「その飲んでるヤツ、美味しそうだからちょうだい」と
私のジュースを指さしたので、慌てて口つけるとこ拭いてたら
「そんなの気にする年齢じゃないから」と言われて
ぎゃふんとなりました(笑)

2013.09.20 10:54 (編集)

by えこたん (URL)
あ、説明がおかしかった。
ニコファーレになる前のヴェルファーレね←ハッパすすめられたの。
ヴェルファーレに踊りに行ってた訳じゃなく、おもしろイベントで行ってたんですけどねー。

確か電撃ネットワークがテレビじゃできないネタやったり、
マッドカプセルマーケッツでグタグタになったりとかそんなのでした。
そういや、飲み物がハーパー縛りだったので、ソントンさんアウトですね(笑)
もう一つ、思い出した。
電撃ネットワークが布団圧縮袋に入るってヤツがあったんですけど、
「誰か入りたい人いるー?」ってお客さんを誘ったんですよ。
前の方で勢いよく「はい、はい!」と手を挙げてる女の人がいて
その人が選ばれたんですけど、「お名前は?」と聞かれて
「日本橋ヨヲコです!漫画家やってます!」と答えたんです。
なんかもう、みんなケラケラ笑ってました。
2013.09.20 11:06 (編集)

by ソントン (URL)
タバコは体に悪いだけなので、
なんというか直感の拒否を素直に出せるってのは良いことだと思いますよ。
僕はそれよりもイメージとしての、ワルっぽいカッコ良さに惹かれて吸い始めちまいました。

>ニコファーレになる前のヴェルファーレ
時の流れを感じます(笑)。
ウルサイのと人がたくさん居る場所が苦手なので、
クラブには行かないですねー。なのでもうハッパとは無縁。
行くとしても爆音のジャズ喫茶とかですかねー。
タバコの煙で前が見えないくらいの(笑)。

ヨヲコさん!!!!! 素敵やー!!!!!
マンガによく電撃のメンバーっぽいキャラ出てきますもんねー。
2013.09.20 23:36 (編集)

by 南陽子 (URL)
渋谷の水タバコに関して書かれていたので、新しいカフェがあるのを少し、と思い・・・いきなりお邪魔することにしました。fbで知ったのですが、渋谷の道玄坂、山田電機の裏手にも、エル・ファイルーズというシーシャカフェができたようなので、行って来ました。比較的早い時間でしたので、友人とゆったりと甘い煙を楽しみました。ピタパンの肉詰めのような簡単なお料理もありました。水タバコは、日を言うとわたしもこわごわだったのですが、エジプト人のオーナーが、吸い方をやさしく教えてくれました。それなりにはまってしまう味でした。
2013.12.04 00:25 (編集)

by ソントン (URL)
はじめましてー。コメントありがとうございます!

シーシャのお店、渋谷を中心に増えてるみたいですねー。
今日も渋谷に行ったのですが、目立たぬところにチラホラと看板を見かけました。

聞いた話だと、タバコ吸えないけど水タバコは好き、っていう人も居るらしいですね。
僕のはおそらく、一気に吸いすぎたことによる、ただの一酸化炭素中毒だったのだと思います(笑)。
マンゴー味に挑戦したのですが、おかげでしばらくマンゴーは見たくないという結果に……。

また機会があったら、挑戦したいと思いますー!
2013.12.05 01:20 (編集)


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

山瀬まみ「ゴォ!」


booklog (→all)


 日記 (661)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin