20120811 Sat
冬におぼえた歌を忘れた


「冬におぼえた歌を忘れた」

funny_creative_clothes_640_04.jpg

バイトからの帰り道、自転車で信号に並んでいたときでした。
前に立っている女性の背中に、セミがとまっているではありませんか。
他人に無関心なことで知られる僕も、さすがに声をかけようかと思いました。

なんたってそこは地下鉄の駅からすぐ近くの場所。
オスならどこかのタイミングで鳴くだろうからまぁ分かるだろうけれども、
もしもこのまま女性が背中のセミに気付かずに、地下鉄の席に座ったらプチッと、
いや、これ以上は言うまい。想像するだけでおぞましい事態。

意を決して「ヘイ、ガール!背中にセミがとまりっちんぐだぜ!」と、
声をかけようと瞬間、はたと思いとどまりました。


話は一旦ワープ。
僕には絶望的なほど足りないセンスがありまして、それは料理と服装の二本柱。
料理には避けるという選択肢があるから良いのですが、服は着なければ犯罪です。
無難な服を着ているつもりが、何を着てもだいたいダサく見えるという呪い。

そして、センスが無いということは自然、流行にも疎いということになります。
たとえば、レギンスパンツの存在を知ったのもずいぶんあとになってから。
随分と痴女が増えたものだと東京の街を歩いていたものです。流行怖い。


話は戻り。
そのようにファッション界に疎い僕です。もし下手に背中のセミを指摘しようものなら、
「オシャレでつけてるんですけど。失礼なこと言わないで下さい」とか
「セクハラで訴えますよ!おまわりさん、こいつです!」とか、
言われる可能性が充分あります。2012年夏は背中のセミが熱いのかもしれない。

さらに運悪く、ここは魔界都市・頭狂(東京とも書く)であります。
奇奇怪怪な格好の全てが“個性”の2文字で許容されてしまう場所なのです。

ほら見てごらんよ、現に僕以外の人達は、背中のセミなんて全く気にしていないじゃないか。
きっとそうさ、あれはファッションなのさ。
この年齢になって寝癖がついたまま仕事に行くような僕には分からないけれども、
おそらくキッチュでハイソなアーバンスタイル、というやつだろう。
そうだ、きっと森ガールが行くところまで行くと、背中のセミなのだ。うわ、おっしゃれー。


というわけで、僕はその女性に声をかけることなく帰宅したのでありました。
僕を非難する人もいるでしょう。でもそんな人こそ、一旦気持ちを落ち着けて欲しい。
そしてGoogleで“背中 セミ”と検索して頂きたい。是非とも。
まさかと、お思いでしょうか。そう、そんなモノなど、ありはしません。


それでは最後に一曲、お聴きください。

「Smells like Teen Spirit - The Ukulele Orchestra」


死ぬまでにやりたい100のこと
4「ウユニ塩湖へ行く」



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

Reggie Watts 「A Song About Apples (Always Love Yourself)」


booklog (→all)


 日記 (659)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (12)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin