20131011 Fri
月刊「根本宗子」『中野の処女がイクッ』 (大きなネタバレあり)


9ec57ee6.jpg

月刊「根本宗子」『中野の処女がイクッ』を観ました。
http://ameblo.jp/gekkan7-imadekiru/


皆さん、喜んでください。フィクションは、もう、大丈夫です。
やったぜ。これで安心して12時間寝れます。


根本宗子という劇団は、僕が出来るだけ毎日ブログを更新することになったキッカケの劇団であります。
今年3月の公演『今、出来る、精一杯。』を観に行って、その凄さに圧倒され、
ツイッターで「絶対に観に行くべし!」という勢いで呟くものの、
無名の俺の言うことなぞ大海に発泡スチロールのカケラを投げ込むが如く、
当然、影響力は皆無。己の発言力の無さを反省することとなり、
「応援したいものが出来たときに、わずかでも力になりたい」
と、発言力の底上げ方法としてブログを毎日更新することと相成りました。
まぁ、ね、今でもほとんど変わらないということに泣きたくなる夜もありますが。


ネタバレ無しの感想はツイッターで呟いたとおり




『今、出来る、精一杯。』はほとんどの人にオススメ出来る作品でしたが、
今回の『中野の処女がイクッ』は、あまりにもシンプルでサラッとしてるので、
観て「で?」と思う人がいらっしゃるかもしれませんが、もの凄いことになってます。




では、サクッとネタバレしてしまいましょう。



 ↓



『中野の処女がイクッ』を観に行く予定の人は、ここから読まないほうが良いッス



 ↓



ツイッターに書いた“ズルしないで、ちゃんと乗り越えてる”ものが何かっていうと、
地震のことなんですね。

個人的な話をさせて頂きますと、3月11日、役者として本番初日を迎えようとしていた私の場合、
ゲネプロ(本番どおりのリハーサルのこと)直前に地震が起こり、その舞台は中止となりました。
(結局、2ヵ月後に上演することはできたんですけどね)
3/11は金曜日だったこともあり、舞台関係の方と話していると、
同じ日に同じような目にあった、という話を聞きます。

歌は世につれ 世は歌につれ。
現実とフィクションはお互いに影響しあって出来ていくものです。
(現実→フィクション、は当然ながら、
 フィクション→現実、だってあるんですよ。
 オタクが犯罪に走る、なんていう変な意味じゃなくてね)
地震のことを見て見ぬふりすることは、やる側にとっても観る側にとっても不自然なことになりました。
(いまだ開演前のアナウンスに、揺れたときの注意が含まれているのがそれを象徴していると思う)
けれども、あの震災は巨大なものでした。
なので東北震災以降、フィクションは現実に負けたっていうことを何度か聞きました。
地震のことを描いた作品はいくつもありました。
けれどそのどれもが“分かるんだけどね”っていう作品だったような気がします。

大きいスケール感を描くことで、
震災というものをなんとか表現できる範囲内に納めようとしている作品ならありました。
ノンフィクションならこの手法は有効かもしれません。
けど、フィクションの場合、芯がぶれてしまって、
結局何を言いたいのか、が分からなくなってしまって、
“分かるんだけどね”という感想しか出てこない原因になってしまうと思うのです。

で、『中野の処女がイクッ』なんですが、
ものすごく小さいスケールのことしか描いてません。
舞台は、おそらく中野にあるメイドバーの控え室、それだけです。
登場人物はメイドさん4人と、バーのオーナー、事務員、客のオタク、
合わせてたった7人です。これ以上にはまったく広がりません。
外に拡散していうのではなく、とにかく見えるものだけを描いていきます。
しかもその方法が、ものすごく単純なのです。
小難しいことは何ひとつやってません。

それなのに、震災以前・以降を描ききっています。
あれから色々読んだり観たりしてきましたが、
こんなに単純でよかったのかと、ものすごく驚きました。

これで、フィクションは、現実に勝ちました。
勝ち負けでないと言われるのなら、乗り越えました、と言いましょう。
そうだよ、フィクションってのは、結局人間模様を描くことしかできないんだよ。
地震なんていう大それたものを正面きって描こうとしてたからいけなかったんだ。
ああ、もう大丈夫だ、演劇は大丈夫だ。フィクションは大丈夫だ。

っていうか少なくとも、根本宗子は大丈夫だ。

次は、現実が根本宗子に追いつくターンです。
それまでは、いや、それからも、根本宗子は楽しめる。
根本さんの優しさ溢れるラストを観ながら、そう思いました。



ってなところで今日はおしまい。最後に1曲お聴き下さい。

Viviane - Kumu Neexul



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

山瀬まみ「ゴォ!」


booklog (→all)


 日記 (661)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin