20131105 Tue
自己嫌悪がやってくる夜


tumblr_mksc1vFJjL1rs454yo1_500.jpg

たすけてぴょー、ぴょぴょぴょぴょー、
と、言いたくなるくらいの鬱期に突っ込んだ。
パソコンの前にばかり座ってると鬱になるだぜ、気を付けなお嬢ちゃん。

原因はきっとあれである。
気まぐれで某駅の不動産屋に行って無茶なお願いをしたら、
オードリー若林似のお兄さんが6.5万円の物件を出してきてくれて、
これもし6万円だったら速攻で引っ越したのになぁ、と思って、

いや、待てよ、もしも更新までに彼女が出来たら、……イケる!

と下衆の極みな考えが頭をよぎり、
揺り返しで自己嫌悪です。死にてえ。
ってか、あんな良い物件、俺が帰ったあとですぐ埋まるっつーの。


以上は2軒目に入った不動産屋の話なのだけど、
その前の1軒目が悪かった。某池袋。ガシガシ来られた。疲れた。
同い歳ってことでなんか盛り上がってしまった。全然同い歳には見えなかった。
向こうは、若手のやり手マフィアみたいな見た目だった。
お兄さんは「逆に」が口癖で、俺の目の前でしょっちゅう事態は二転三転し、
まるで鉄板焼きのカウンターでアルバイトさんがお好み焼きを作るのを見ているようだった。
あと、店員さんたちが全員アウトレイジの端役って言われても信じてしまうような雰囲気だった。
一方僕は西武新宿駅近くのアスファルト上に打ち捨てられたような見た目だった。
20歳の春には実際に打ち捨てられていたわけで、それから歳をとってないという奇跡。いらねえ。
同じ1984年生まれでもここまで差が出来るのかと。
雑誌で例えると『SPA!』と『野宿野郎』くらいの差だ。分かりにくい。
そんな僕の貧乏志向(あくまでも思考ではないと言い張る)を読み取れないまま、
なんか的外れな物件を紹介されて疲れた。でもまぁまぁまぁまぁ僕が悪い。


この前結婚式に呼んでくれたGotaも僕と同い歳には見えないもんなぁ、
と思ったけどよく考えたら奴は同級生ではあっても同い歳ではなかった。
年上相手に僕が完全にタメ口を叩くってのはGotaくらいなもんである。
普段は年下相手でも基本的には敬語である。距離感取りたがり屋さん。
そんなGotaは結婚し、僕は引越し代を浮かせるための彼女募集中という、
人としてどうかって差が出来てしまってやっぱり死にてえ。


1軒目の不動産屋には、6万円で憧れの屋上付きという部屋を問い合わせてから行ったのだけど、
「ソントンさん、ここ、安い理由が分かりました」
「何ですか」
「この物件、オーナーさんが宗教団体の代表をやってまして、
 土日、その団体の集会に絶対参加すること、が入居の条件です」
「ぶははwwwサーセンwww無理ッスwww」
みたいな事件があって、二人で爆笑して、ちょっと打ち解けた。


2軒目に行った不動産屋がある町、最近ちゃんと行ったばかりなのだけど、
なんだかだんだん好きになってきている。
ちょっと遠いけど、引っ越すなら、もうこの町だな。と思った。
不動産屋に行く前に寄った古本屋で「若い人が来てくれるのは嬉しいよ」なんて言われてしまったし。
(買ったのはブルーバックスの『ゴキブリ3億年のひみつ』)
今まで行った喫茶店の中で一番くらいに好きな店もあるし。

みたいな、良い本屋と良い喫茶店がある場所に住みたいなぁと思うのだけれど、
不動産屋ではそんな探し方出来ない。自分で歩くしかない。

というか、今住んでる部屋はやっぱ良い場所なのだなぁ、とますます思えてきてしまう。
まず職場までチャリで20分だし。電車でも同じくらいの時間でいけるし。
山手線内側で秋葉原池袋チャリ圏内だし。
周り、良い本屋だらけだし。良い喫茶店もカフェもあるし。

引っ越す理由は、更新時期だということと、
前にも書いたけど、1人だと死にたくなることが多いから、
あと、向いの部屋のおじいさんが、毎日水を撒くから、意味も無く。



面影ラッキーホール/
パチンコやってる間に産まれて間もない娘を車の中で死なせた...夏


歌詞がストーリー調っていうと、僕にとっては、バンプでもラッドでもなく、このバンド。
吉本隆明さんが面影ラッキーホールについて言及してるって知って驚いた。



コメント

by えこたん (URL)
ああ、彼女とか彼氏ってそういう時に必要なのか!
と普通に納得してしまった私が無知すぎる・・。
私もそういう部屋探しすれば良かったー。
結婚早まったなー。
でもあそこで結婚しなかったら今もさびしく1人確定だろうな。。

基本的には敬語なのかも知れませんが、初めてお会いしたその日に
オッサン呼ばわりされてる私は敬意を払われていませんヨ!
どういうことだ!(笑)
2013.11.06 11:33 (編集)

by ソントン (URL)
早まってないでしょ(笑)。
しかし、結婚ってやっぱりタイミングなんですかねー。
独り身の寂しさと楽しさを天秤にかけると、どうしても楽しさを失いたくないという結論に……。
このままこの道を突き進むしかないようです。

オッサンってこれは最大級の賛辞ですよ。
大惨事ですよ。あ、字を間違えました。
2013.11.07 02:55 (編集)

by ()
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.11.07 23:34 (編集)


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

The Jon Spencer Blues Explosion「Bellbottoms」


booklog (→all)


 日記 (645)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/09 (4)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin