20120831Fri
静かにゆくものは 健やかに行く 健やかにゆくものは 遠く行く


「静かにゆくものは 健やかに行く 健やかにゆくものは 遠く行く」

tumblr_lqnrw8vZhl1qlo2foo1_500.jpg

タイトルはイタリアのことわざらしいです。良い言葉ですね。
 謙虚に、そして笑って過ごせ、そしたら行けるところまで行けるぜ
というような意味に、僕は捉えております。

ふと、週に5日は働いてるんだから、週に5冊くらい本も読みたいなー、
と思ってしまったので、頑張ってもっと本を読もうと思います。
どうか応援してください。じゃないと、めげます。

“読書メーター”というアプリも使ってるんですが、
こっちの方でも本のことを書ければ良いなと、思います。


蛇足。つまり普通の日記。
月曜の夜に新宿バルト9で『バークアンドヘア』という映画を観ました。
0:40の1回しかないという鬼仕様。観終わる時間に当然終電もありません。
僕以外に7人ほどバカ……もといお客さんがいたんですが、あの人たちは一体どこへ行ったのでしょうか。
2丁目やゴールデン街で飲み明かすとか、そういうことできる人たちではなさそうだった、という偏見。
僕はといえば、普通に路上で座って寝ました。いわゆる野宿です。
映画自体は、まぁまぁ面白いね、っていう内容でした。ラストは良かった。

明けて火曜。昼前に起きるという奇跡。というか、暑かっただけ。
ママチャリで築地へ。1時間弱の灼熱サイクリング。
墨田書房という、市場内にある書店へ。
まるで屋台のような印象。料理書が中心の品揃え。
外国人が撮った築地の写真集なんかも置いてありました。
ちなみに墨田書房は、あくまで市場内の労働者対象の書店なので、
朝の5時に開いて、昼の1時には閉まります。早起きが大事。

市場内の喫茶店マックモアで名物のマグロ中落ち定食(!)を食べ、チャリを飛ばし、
もはや今まで何回行ったか分からない銀座のヴァニラ画廊
「レズビアン&クィアアート写真展」。とにかくオシャレである。
しかし僕はほんとに、一点特化した写真家さんが好きだな。なにせ分かりやすい。
近くにあるニコンサロンも冷やかしに行く。佐野久里子という方の写真展。
どうやら渡部さとるさんの「2B」出身の人であるらしい。2Bは本当に面白い場所やな。

銀座の街並みをスルーしつつ、東京駅へ。9月末で閉店が決まった松丸本舗へ入る。
平日ともあって人が少なく、ゆっくりじっくりと全ての棚を徘徊。
お店の方とも少し話す。
「探し物はみつかりましたか?」
「ええ。ここに」
話した内容はこんなもんである。
これだけ書くとなんともオシャレであるが、実際は推して知るべし。

ほんの気まぐれに秋葉原のベースステーションへ行き、弦を買う。
実はバンドを辞めて以来半年強、一度もベースに触ってない。
この前弟が遊びに来たとき、そろそろメンテしろと怒られたので、重い腰を上げたわけです。
ちなみにまだ弦は張り替えてはいない。腰は中腰くらいで止まっている。
バンドの時は3600円の弦、しかし今回は600円の弦を買う。なにせ財布の中身が切実。

家への帰宅途中、閉店間際の近江屋洋菓子店に飛び込む。
僕の他には、カップルが1組と女性が1名。
まさか店内で食べるとは思わなかったのだろう。店員の女性が
「てっ、店内のご利用ですか!?」というニュアンスで接客してくれて楽しかった。
値段をよく見ずにケーキを頼んだので、ドリンクバーと合わせると、
昼に食べた中落ち定食より高かった。資本主義とは不可解である。
元をとらんとするあまり、アイスティー・アボガドミルク・オレンジジュース・アイスコーヒーと
腹の中でケーキが難破する量のドリンクを飲みまくり、
当然の結果として、帰宅後、腹を壊す。資本主義を恨む。

ついに築地までママチャリで行ってしまったことも含め、実に楽しい休日だった。
この勢いで、東京西側にもチャリで行きたい。でもいつも池袋あたりで疲れる。

ってところで最後に1曲、お聴きください。

「Philippe Nicaud - C'ex」


死ぬまでにしたい100のこと
8「面白い写真集を作る」



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
Gaby Comte「Ven vení」

 OFZK

 日記 (627)
 作り話 (25)

 2017/08 (8)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin