20140224 Mon
森野萌 『マイ・フェア・ネイバー』


はじめに宣伝。
知り合いが、マンガの単行本出しました。良かったら読んでみて下さいな。

マイ・フェア・ネイバー (デザートコミックス)
森野萌 『マイ・フェア・ネイバー』 (デザートコミックス)

蛇足ながら僕の感想を書きますよ。

デビューが講談社て……。デザートコミックスて……。
新人デビューキャンペーンのうちの一冊で、帯に金田一蓮十郎さんのコメントががが!!!
いろいろ凄すぎるやろ……。

応援したいから誉めるってのもあるけど、僕はすごく好きな内容でした。
まぁさ、表紙画のような抱き方は普段からバーベル持ってない限り無理やけどさ。

メインの2人は12歳の年の差です。俺もまだイケる! 何がだよ。
男が28歳。学生の頃は不良だったんだけど更正して、今は契約社員として働いているクール男子。
女の子は、昔、隣の家に住んでいた子で、高校入学を機に1人暮らしをはじめて、また元の部屋に戻ってきたという、ほんわか系女子。
この女の子の一途っぷりが可愛くって、見ててニヨニヨしてしまいますよねー。
俺、仕事の休憩室で読んでて、気付いたら頬がダラーンってなってて恥ずかしかったもの。
ヒロインの困り眉毛は破壊力あるわー。
あと、ヒロインが結構天然で、男ってこういう子に弱いじゃん?守ってあげたくなっちゃうじゃん?

天然ってさー結局いないんだよねー。
そうそう、あれって全部作ってるから、男ってバカだよねー。

シャラップ貴様ら。

2次元には、居るから。

ってなわけで、一応少女漫画なんだけど、
天然女子を遠目で見守ってブヒブヒ言いたい男どもにもオススメです。同志よ。

おそらく単行本化を念頭に置いた季節ごとの連載になってて、
ほぼ一話で読みきりみたいな感じになっているので長めのストーリー展開が無かったっていうのと、
(あるあるやけど)登場人物が、結局全員善人、っていうのはちょっと物足りなかったけど、
そんなのはね、ペーンッ! って跳ね除けてしまう良作!

良かったら是非是非、買ってあげてください!
これからの作品も読みたいので、応援してあげてください、って俺、何様だよ。


------------------------------------


「よっ、1週間ぶり」

待ち合わせは駒込駅前。
まだ寒いというのに、ヤツは下手くそな刺繍のスカジャンを羽織っただけの格好で現れた。
スキニージーンズに足元は何を考えているのか便所サンダルだ。
ボサボサの頭をかきむしりながら、ニヤニヤと緩んだ口元で近づいてきた。

「おせーよお前何やってんだよ」
「わりいわりい、俺にもちょっと色々あるんだよ」
「ねーよ」
「あるって」
「言ってみろよ」
「プライバシーだよ」
「ふざけんじゃねえよ」

言葉だけみるとケンカしてるようだけど、その実、ふたりは笑いながら夜道を歩く。
寒さに肩をいからせながら。息が白い。遠くでパトカーの音がした。



というわけで、休日が一週間ぶりにやってきました。
「十ウン連勤した」などという話を聞くたびに、こんな楽して申し訳ないと思います。
けど、できれば、もっと楽したいです。年中遊んで暮らしたいです。
無理でしょうか。楽園よ、お前が来い。

まぁいつものことなんやけど、明日明後日もやりたいことがたくさんある。
やるべきことをシカトしてまでやりたいことがたくさんある。
生きててすみません。

久しぶりに某爬虫類専門店へ行こうかと思っている。
突然思い出したのだが、同じ職場で洋書担当のUさんはレプタイルズショー(両生・爬虫類の展示即売会)に行ったことがあると言っていた。
「どうでした?」
「レオパ、カワイイですよね。けど、コオロギの入った袋を思い切り振って、やつらを気絶させるのが一番楽しいです」
すごい女子。



今日は仕事でなぜかテンションが上がらなかった。
昨日仕事のこと(っていうか賃金のこと)を色々考えたせいもあるだろう。
生き方は色々あるし、何が合ってて、何が間違ってるか、なんて人それぞれだろう。
そもそも俺ごときがどうのこうの言えるわけがない。

けど、たしかにこれだけは言えるよね。

納得のいく、生き方を。



ポニーのヒサミツ - 休日




コメント

by えこたん (URL)
私、女子高だったじゃないですか?
男の先生は基本おじいちゃん寄りのおじさんばかりですが、既婚者であれば何歳でもOKみたいなの。
でね、前年まで工業高校にいた30歳ぐらいの男性教師(体育)が、ウチの高校へ赴任してきた時には、あからさまに目じりが下がってた。先生、あかんやろ!ってぐらい(笑)
まあ、それを逆手に取り、水泳は対して得意じゃなかったにも関わらず10段階で10の評価を勝ち取りましたけどね。。

そんな私は天然じゃないと思う。テンネンってナニ?(笑)

コオロギを気絶ってのをやってみたい!!
2014.02.25 13:50 (編集)

by ソントン (URL)
女子高の話、今度もっと聞かせてよね!
なんだったら、いまから女子高の教師目指すから。

えこさんは天然じゃないと思うよ。ちょっとオカシナだけで。

コオロギ、カルシウム剤をつけるときに袋に入れて振るんやけど、面白いよ!
けど、すぐ気絶から立ち直って、
袋から飛び出て、部屋のどこかへ消えていくのよ……。
2014.02.26 01:24 (編集)

by えこたん (URL)
女子高の良さを体験して頂けないのが本当に残念だよ。あんな楽園ないわ。

で、で、ちょっとオカシナって何よ?至って普通。むしろ平均値。
2014.02.26 06:54 (編集)

by ソントン (URL)
まだこれから女子高に行ける機会も巡り巡ってくると信じて人生頑張っていこうと思います。

平均かぁ……。平均ってなんだっけねぇ……(笑)。
2014.02.27 00:27 (編集)


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

Reggie Watts 「A Song About Apples (Always Love Yourself)」


booklog (→all)


 日記 (658)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (11)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin