20140314 Fri
鳴らせ、勝どきのタンバリン


花金の空気に毒されて夜の街にフラフラと出てみれば、
いつの間にか手には5冊の古本が入ったビニール袋。
違う、これは俺じゃない、俺がやったんじゃないんだ。
言い訳すれども誰も聞いちゃいない、
そもそも誰も見ていないし、責めてもいない。
後悔は自分の心の中にしかない。


帰省の切符を買いに、東京駅まで行った。
八重洲口の何かの売場に、人がごった返していた。
何ぞと見てみれば、オッサンばかり。
どうやらホワイトデーの買い物のようである。
僕の前を歩く男性2人がその惨状を見て話している。
「どうして当日混むって分かってて用意しておかねーんだろなー」
「ほんとッスよね」
「自分、計画的に動けません、って言ってるようなもんだよなー」
「その通りッスよね」
「だからうだつ上がんねーんだっつーのなー」
「まぁ僕も買ってないんスけどね」
「お、おう、そっか」
聞きながらすみませんすみません生きててすみませんと、
心の中で呟いていた僕はその後、
ドンキホーテまで慌てて買いに行ったことは言うまでもない。
職場には明日持って行きます。

あ、最近読んで面白かったマンガ、
谷 和野 『いちばんいいスカート』(フラワーコミックスアルファ)の、
Amazonレビューなぞ書いてみました。『惑星9』以来。
よかったらレビュー読んでみそ。んで、よかったら本買ってみそ。



深夜2時の迷路に手がかりなんて無い。
死ぬほど楽しい夜も、死にたいほど辛い夜も、
いつかは終わる。今は信じられないだけ。
迷路の答えはたったひとつ、朝日だけだ。
夜は頭をかかえてじっとしていろ。
そして光が射したら、鳴らせ、勝どきのタンバリン。


ってなところで今日はおしまい。最後に1曲お聴き下さい。

くるり/ばらの花 from 京都音楽博覧会2007

僕らは、旅に出ようぜ



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

山瀬まみ「ゴォ!」


booklog (→all)


 日記 (661)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin