20140323 Sun
青春はそんなに美しくないから


さよならを待つふたりのために (STAMP BOOKS)
昨年末あたり、結構取りざたされていた『さよならを待つふたりのために』
ようやく昨日読み終わった。
名作ってのはいつ読んでも良いものだけど、
もうちょっと早く読んで、周りに言いふらしたかったなぁ、とは思う。
それくらい、めっちゃ良かったッス。

岩波のスタンプブックスシリーズの1冊。
海外のヤングアダルト作品なんですけど、
少し前に読んだ『バイバイ,サマータイム』もすごく良かったし、
これは信頼できるシリーズだと実感した。毎回買っちゃっても後悔しないと思う。
あと、あれ、新潮のクレストブックスも。
ディミトリ・フェルフルスト『残念な日々』は特に好きです。
 全員にオススメは出来ませんが、酒飲みの方には自信を持ってオススメします)
先立つものがあれば毎回買うわ。いや、無くても買ってやる。ゴゴゴゴゴ。


本の感想は他の人もたくさん書いてますんで、まぁ今回は置いといて。

読んでいて思い出したのは、映画『永遠の僕たち』
永遠の僕たち [DVD]
たしか早稲田松竹の2本立てで観て、
一緒に観た『ラビットホール』はカケラほども覚えてないんだけど、
『永遠の僕たち』は、たぶんこれ、俺の映画ベスト10に入ってくるなぁ、
と思いながらボロボロ泣いて、ラストシーンでは主人公と一緒にクシャっと笑いました。
加瀬亮のことを格好良いと思ってる人は、是非この映画を観て、
「あ、加瀬さん、宙ぶらりんになってる」と思って頂きたいですね。

とか何とか言ってたら、『さよならを待つふたりのために』も映画になったらしくて、
アメリカでは6月公開とのこと。
予告編をYouTubeで見たんですけど、良い感じっぽいです。
予告編には映ってませんが、なんせウィレム・デフォーが重要な役で出演しますし。
日本公開楽しみ!


ってなわけで最後に、前にも貼ったことのあるけど、この曲を。
『永遠の僕たち』のラストに流れる曲です。
これが原因で、僕は『永遠の僕たち』を大好きになっちまいましたし、
『さよならを待つふたりのために』を読んでいる間もずっと頭の中で流れてました。

NICO - The Fairest of the Seasons




(以下、蛇足)

【朗報】日本のランドセル ハリウッド女優のプライベートバッグに
なんでやねん

あなたが今出会うべきだったのかもしれない7冊の絵本
俺、児童書売場の隣で働いてるのに、全然絵本のこと詳しくないんですよ……

Juan Pablo Navarro / Contratangos
ネットCDショップ・レコンキスタより。試聴したけど、だいぶ好み。



コメント

by えこたん (URL)
映画館でボロボロ泣いてみたーい。泣かせてけろ(笑)

最近、心が荒んでいる気がするので、出来るだけ気持ちの良いものに触れたいです。

「おおきな木」を友達にあげたことがあるのですが、「無償の愛ってなんだよ!この本わかんねぇよ!」と言われたことがあります。
「わかるまで持ってろ!!」と言いましたけどね。


あ、絵本を語っても宜しいのであれば何時間でも語らせて頂きます!
100冊くらい持っていくわ!(笑)
2014.03.24 13:09 (編集)

by ソントン (URL)
泣くつっても、「そこで!?」って言われることが多くって。
映画『母なる証明』のラストでなぜかボロ泣きしたり。
あれで!?って自分でも思ったけど、もうボロボロと、色々な意味で。

『おおきな木』、読んだことない……(笑)。
100冊リレーしよう!そうしよう!
2014.03.25 03:40 (編集)


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

山瀬まみ「ゴォ!」


booklog (→all)


 日記 (660)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (13)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin