20140416 Wed
ぼくとともだち


昨日のブログで、あまり物に執着しないようにしよう、
みたいなことを書いたら、早速試練がやってきた。
毎日昼飯を買いに行っているクイックガストの、テイクアウトに箸が付いてこなかったのだ。
いつもならばガストまで戻って箸をもらうところだが、
今日は遅刻ギリギリの全力ダッシュで朝から体力ゲージの三分の二を消費してしまったあとだったので、
ちょっとでも休憩していたかった。
怪しくない程度に休憩室を探してみるが箸は見つからなかった。
さて、と考える。箸が無ければどうすれば良いのか。
買いに行きゃいいじゃねえか、なんて無粋なことは言わないで欲しい。

とかなんとか、うだうだ考えてるところに、ミザンがやってきた。
僕の働いている本屋の地下にはレストランが入っているのだけれど、
ミザンはそのキッチンで働いている。
バングラディシュから語学留学で日本へやってきているのだ。
僕らはキントト文庫でたまたまはち合わせて以来声を交わすようになった。

「ソントンさん、どしたん面白い顔して」
「顔は生まれつきじゃい。見ろよミザン、箸がついて来なかったんだぜ」
「バングラ風だね」
「あれ? 手で食うのってインドじゃなかったっけ?」
「俺の国も手で食べるよ」
「今は?」
「あれ、気づいてなかった? 手で食ってるよ、パンが多いけど」
「マジでか」
「いっそ今やってみたら? ソントンさんバングラ人っぽいし」

何が基準なのかはさっぱり分からなかったけど、
バングラ人にバングラ人っぽいって言ってるのだから間違いないのだろう。
ものは試しと手をしっかり洗い、思い切って若鶏竜田丼を手づかんでみた。

火傷した。

あっっっっつあああぁぁぁ!と、休憩室中を駆け回りながら絶叫する僕を尻目に、
ミザンは普通に箸で弁当を食べていた。
色々あったけど、私は元気です。


Only One - John Butler Trio


ジョンバトラートリオ、フジ来ますねー
こんなライブ太陽の下で見れたら幸せすぎる。



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

Reggie Watts 「A Song About Apples (Always Love Yourself)」


booklog (→all)


 日記 (659)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (12)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin