20140425 Fri
『WOOD JOB!』試写会


神去なあなあ日常 (徳間文庫)神去なあなあ日常 (徳間文庫)
(2012/09/07)
三浦しをん

商品詳細を見る

映画『WOOD JOB!』の試写会へ行ってきました。
ナイスなエンタメ映画。観に行って良かったです。

矢口史靖監督の作品は『スウィングガールズ』しか観たことがありません。
『ウォーターボーイズ』はご本人による原作本を読んだことがあります。
そんな感じで、あんまり知らないまま観に行きました。

『WOOD JOB!』の原作は、三浦しをん『神去なあなあ日常』。
我が故郷・三重県が舞台とあって、しばらく前に読んだんですが、
三浦さんの、取材したネタをエンタメに昇華しきる技量が活かされてて、
良い作品だったと記憶しております。

で僕は、矢口監督もエンタメの人だと認識してるんですけど、
今回はエンタメ原作→エンタメ映画ってのが上手くいってて、
観ててただただ楽しめて良かったです。

主要キャラの三人(ホームページや、チラシの表に写真が載ってる三人ね)の、
演技が、ちょっと不自然に乗っかってる具合で、
それがフィクションだなーって安心できる要因になってて、良かったと思う。
少子高齢化が進む村に林業研修生がやってきて、
余所者あつかいされるんやけど、やりがいを見つけて頑張るようになって、
周りにも認められていく、
って、ガチでやったら暗くしかならないから、
不自然な明るさくらいが丁度良いと思う。

最後の祭りのシーンとか、ちょっと原作とは違ったりするんだけど、
観てて「最新の3D技術すげえ!」って盛り上がりました。

僕が願うのはもちろん、聖地巡礼のノリで、
三重県に興味を持つ人が増えてほしいということである。
三重県って言ったら、伊勢神宮とか、熊野古道とか、松阪牛とか、
なんか土っぽいものが多いように、ほとんどの場所がド田舎で。
僕の祖父の兄弟も、映画に出てくるような山に住んでたので、
なんというか、懐かしいなぁって思いながら観てました。
鹿とか猪とか、出ます。

映画で出てくる電車は、どこの物か分かりませんでしたが、
紀勢本線単線を走るディーゼルを思い出しました。
ちなみに美杉村には、電車は走ってなかったように記憶しています。
劇中のセリフにも出てくる、

「あそこまで2時間はかかるわな、車で。近いで」

ってやつ。

僕の地元だからこそ、セリフの方言の甘さがたまに気になりましたけど、
三重県以外の人には全然平気な部分だと思います。
あと、伊藤英明ファンには例外なくオススメです。
ぶっちゃけ僕は伊藤さんのこと苦手だったんですけど、
今回でだいぶ好感度上がりました。

場内、結構笑いが起こってて、良い感じでした。
試写会って初めて行ったんですけど、
こんな機会でもなきゃ『WOOD JOB!』は観てなかったと思うんで、
良い機会を頂いたなぁと。
うん、ドキュメンタリーも観にいかんとなぁ。


ってなところで今日はおしまい。最後に1曲お聴き下さい。

HORKÝŽE SLÍŽE-NAZDAR!!!

この明るい曲調で、Aメロ4個目のマイナーコードはキュンとする!



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

山瀬まみ「ゴォ!」


booklog (→all)


 日記 (661)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin