20121107 Wed
隅々までスミを。


妙に気合入れて企画とか始めると、
ブログの更新がたちどころにとどこおるよね。
ってわけで、徒然と。


オトコノコの例に漏れず、以前、
刺青を入れたいなぁと思ってたことがありまして。

洋物の柄が似合うような顔ではないので、和彫にしようと思い立ち。
一生モノだから縁起を担ぐような柄がよいなぁと、
私の干支が子年でして、調べてみると、子年の観音がなんと千手観音。
いやいや、千手て。これはどこに行っても、断られるだろうと。
ってか、和彫で手を千本も彫ってたら、痛みで狂うぞと。
かといって、龍や虎や鯉みたいなスタンダードな柄は嫌だし、
(刺青を入れるという行為がスタンダードかどうかの、そもそも論はさて置いて)
色々な図柄の意味を調べるうちに行き着いたのが、金魚。
金魚っていうサカナがまず好きだし、

金魚の原産地の中国では、金魚の事を「チンユイ」と発音する。
この「チンユイ」とは中国語の「金余」(余裕が出る)という言葉と発音が同じ事から、
中国では金魚は『金が余る』『蓄財』に通じる縁起の良い魚とされており、
この事から「金魚」=「金運上昇の絵柄」とされてきた。
http://yellow.ap.teacup.com/keneriowl/11.html より)

という意味があるらしい。
金に執着する性格では無いけれど、無いよりあったに越したことはない。
そして何より決め手は、

で、俺の腕に彫ってある金魚の意味は「煮ても焼いても食えない」。
そういうの、洒落で言うのよ。
http://info.linkclub.or.jp/nl/2004_05/art.html より)

っていうナイスな解釈があったから。
うわ、めっちゃカッコええやん!と、ひねたオトコノコのハートにはド真ん中ストライク。

当時働いていた飲み屋で、ドリンクを担当していたマツさんに早速相談。
マツさんは当時25か26歳。見た目は和製フレディマーキュリーみたいな感じ。
とにかく、すこぶる気の良い兄ちゃんでした。キレると尋常じゃないくらい怖かったけど。
s_Freddie.jpg
(↑俺の記憶の中のマツさんに一番似ているフレディ、という本末転倒画像)

マツさんは、元はアウトローな人という噂で、全身に刺青が入ってました。
めっちゃ手先が器用で、利き手で彫れる部分は下絵から彫りまで自分でやったとのこと。
一度部屋に遊びに行ったことがあって、ゲームの鉄拳がクソ巧かったのを覚えてる。
部屋に転がってた葉っぱと巻紙には全力で気付かないフリをしたのも覚えてる。

さて、仕事場でマツさんに声をかける僕。
「マツさん! スミ入れたいんですけど!」
「おー、マジか。痛いのは大丈夫?」
「話には聞きますけど、だいたいどのくらい痛いんスか?」
「和彫だと機械は使わないから、まぁ、こんくらいかなー」

と、近場にあった安全ピンを遠慮なく、僕の手の甲に突き刺すマツさん。

「いっっってえええええぇぇぇぇぇ!!!」

営業前のホールに響き渡る僕の絶叫。
その後、ホトケのマツに「生半可に刺青を入れるとか言うんじゃありません、めっ!」
とお叱りを受けたのは言うまでもありません。

そんな、ハタチの頃の思い出でございます。



刺青・秘密 (新潮文庫)刺青・秘密 (新潮文庫)
(1969/08/05)
谷崎 潤一郎

商品詳細を見る



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

山瀬まみ「ゴォ!」


booklog (→all)


 日記 (661)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin