20140519 Mon
野崎まど『2』


読んだ本
2 (メディアワークス文庫)
野崎まど『2』

再読です。
昨年読んだ本の中で個人的ベストに選んだ1冊です。

前に読んだときは図書館で予約して借りたんですけど、
今回はどうしてももう一度すぐに読みたくて、
閉店間際の池袋ジュンク堂に駆け込んで買ってしまいました。
で、少なくとも2ヶ所の誤植に気付いて、確認すると初版。
図書館のものを読んだときには違和感なかったので、
おそらく再版では修正されてるのだろうと思います。

Amazonレビューなどにもあるように、
この『2』は野崎まど第一期の集大成でして、
スタンダードな楽しみ方をするなら発表順に、
『[映] アムリタ』
『舞面真面とお面の女』
『死なない生徒殺人事件 ~識別組子とさまよえる不死~』
『小説家のつくり方』
『パーフェクトフレンド』
と読んでからの、『2』っていうのがまぁ良いんでしょうけど。

僕は「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」というブログの
持ってかれるラノベ『2』」という記事で知ったため、
いきなり『2』から入った手合いなのですが、
何を隠そう、いや隠そうなんていう意志はしょっぱなから無いんですが私、
読み終わった端から内容を忘れていってしまうようなバカでして、
初読のときの衝撃はさすがに薄れたものの、
ぜんぜん楽しめましたね。ええ。バカ最高。

ってなわけで、順に読むのはめんどくせえ、って方は、
『2』から読んじゃっても全然OKだと思います。
そんなね、本を読む順番なんて、あなたが好きに決めれば良いんスから。
たとえ『スラムダンク』を山王戦から読んだとしても誰も怒らないでしょ。
『2』、チョー面白れーッスから。オススメです。

野崎まど全作品を読んだあとで読み直してみると、
うん、ファンディスクだわ、っていう印象も無くは無い。
けどやっぱ、舞台役者の経験がある身としては、
『2』の第1章の衝撃は何度読んでも減じるものじゃないッス。

あと、このタイトルの演出。
他には『最終兵器彼女』の1巻くらいしか知らないんですけど、
……大好きです。これだけでご飯3杯いけるね。


野崎まど、多分これからもっとガシガシ来ると思いますんで、一度読んでみてください。
ラノベ読み慣れている人には『〔映〕アムリタ 』、
ラノベ苦手やわーって人には『know』、
変なのが好きって人には『独創短編シリーズ 野崎まど劇場』
をオススメします。

「メフィスト賞は、森博嗣を世に出すために作られた」みたいな話が好きで、
(実際に第1回メフィスト賞は『すべてがFになる』ですけど、
 第0回受賞作は京極夏彦『姑獲鳥の夏』っていう話もすげえ好き)
ラノベの新人賞である電撃小説から創設されたメディアワークス文庫賞も、
「野崎まどの『〔映〕アムリタ 』はラノベよりはもっと一般向きのレーベルで出したかったから」
っていう理由で作られた、みたいな話を聞いたことがあって、
メディアワークス、よくぞやってくれた、と。
同時受賞の有間カオル『太陽のあくび』も読みましたが、これも面白かったですよー。


ってなところで今日はおしまい。最後に1曲お聴き下さい。

Moon - KERA MA GO (full version)



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

Reggie Watts 「A Song About Apples (Always Love Yourself)」


booklog (→all)


 日記 (658)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (11)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin