20140604Wed
僕たちミラーボール星の上




数年ぶりにお台場の日本科学未来館へ行ってきた。
前に行ったとき、僕は土日休みの仕事をやっていて、
子どもたちでギュウギュウな館内をなんとかかんとか歩いた記憶がある。
いまや僕は平日休みの身である。
きっとゆるりと見て回れるに違いないという予想は、しかし、
修学旅行生の群れによって覆される。
入館と同時に修学旅行生の視線が僕に襲い掛かる。
「お兄さん、平日の昼間から何してんの?」
「その黄ばんだシャツは何モード?」
「今、何歳?」
「仕事は?」
「年収は?」
そんな幻聴にバッサバッサと切りつけられながらも渾身の力で進む。
進んだところに妖精の泉とセーブポイントがあったので助かった。

僕はインドア派につき、普段あまり人と喋る機会が無いので、
情報はほぼ本から入手する。
今日の科学未来館行きを見越して、ちくまプリマー新書の
青野 由利『宇宙はこう考えられている ─ビッグバンからヒッグス粒子まで』
を読んでおいた。
僕は苦手な理系分野の知識が欲しいときはだいたい、
岩波ジュニア新書か、ちくまプリマー新書に頼ることにしている。
知識なんてはじめはそれくらいの付け焼刃で良いのよ。
必要なものは自然と残ってい、って欲しいなぁ頼むからと祈っている。

展示場は大きく2フロアに分かれているのだけれど、
どちらも中学生と思われる修学旅行生に占拠されている。
しぶしぶ順路を諦め、空いた展示をコチョコチョと見ていると、
ボランティア係員である年配の男性が解説をしてくれた。
どこかで見た顔だと思ったら、高校の時の英語の先生に似ていた。
僕がたまたま見ていたポストイットの糊の解説をしてくれた。
大まかにはもう知っていることだったのだけど、
くっ付きにくい理由は、糊の構造が球状になっているため、
など細かいところまで解説して下さり、
おそらく平日ということで大人の客が珍しかったのだろう、
近くの展示も交えてたくさんのレクチャーをしてくださった。
俺も相槌や適宜質問を挟むなど、なんだか盛り上がってきて、
個人的に特に再生医療には興味があるので、
インクジェットプリンタの仕組みを利用した人工血管の作り方には大興奮、
JAXAが打ち上げたソーラー電力セイル“イカロス”では男子の夢を共有し、
樹脂型太陽光発電の未来を熱く語り合い、
ゴキブリリモコンの話では2000匹のゴキブリにセンサーを取り付けたがる人なんていないというネタで大爆笑、
暗黒物質と暗黒エネルギーがいつか解明されるであろう未来を語り合うなど、
ともに興が乗りに乗ってしまい、気付いたら1時間以上が経過。
この時点で大量にある展示のうち一つしか見ておらず、
チケットを取っていたプラネタリウムはすでに開演していた。

慌てて礼を言い、プラネタリウムへ向かうものの、
「場内すでに暗くなっておりますので」と入場不可。
まぁ、おじさんの解説は超楽しかったので良いか、と
さきほどとは別のフロアをフラフラしていると、
何だか妙にスムーズに動く椅子に乗っているお姉さんを発見。
俺がじっと見ているのに気付いたお姉さんがスススーッと近寄ってきてくれた。
話を聞くとHONDAが開発したUNI-CUBという乗り物とのこと。
お馴染みの人型ロボットASIMOの研究成果であるバランスセンサーを使って、
何か作ることが出来ないかと開発された、
目的のためではなく手段発信、というなんとも高等遊民的発想で作られた乗り物らしい。
タイヤが非常に特徴的な構造となっていて、物凄く小回りが出来るようになっている。
スペックの説明を求めると、「最高速度は6km/hです」と言って、
前傾姿勢をとって、スイーッ!と、UNI-CUBを走らせるお姉さん。
そして案の定、集まる修学旅行生
ガキどもを千切っては投げ千切っては投げする俺。
今のUNI-CUBはすでにアップデート版であり、しばらく前から未来館内で試験運用することによって、
色々とデータを採取しているらしい。
(以前は延々と後退できたのだけど、人間は普段そんな動きしないので、
 アップデート版では、しばらく後退が続くとブレーキがかかるようになっているというソフト面から、
 椅子の座り心地が良くなったというハード面まで。さすがHONDA)
お姉さんとはその後、新型の新幹線からブルーインパルスの話まで飛び火、
免許が無いので廃線を巡ることが出来ないと悔しがるお姉さんをなぐさめ、
最後には何故か、お姉さんの年齢に絡めた自虐ネタまで飛び出し、
それに上手いことリアクションをとることが出来なかった俺は、
まだまだ人生経験が足りないな、と、
日本科学未来館は俺という人間の器の小ささまで示してくれたのだった。

ま、何が言いたいかって、
本を読むのもすげぇ楽しいけど、
やっぱ人と直接話すのは、もっと楽しい、かもしれないよね、ってことで。
結局、話してばっかで、ほとんど展示は見ないまま。楽しかった。

Flight Facilities - Crave you Feat. Giselle



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
Gaby Comte「Ven vení」

 OFZK

 日記 (627)
 作り話 (25)

 2017/08 (8)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin