20140707 Mon
5年前の七夕、俺は悔し涙に濡れていた



Twitterで上の情報が回ってきて、
これで何回目になるか分からん『カウボーイビバップ』を観てます。

普段アニメはほとんど観ないため、
好きなアニメはいまだに『あずまんが大王』と『カウボーイビバップ』で更新されてないんですが、
特に『カウボーイビバップ』の方はもう思い出が多すぎて、
好きなんだかなんなんだか、よく分からなくなってます。
大学に入って一人暮らしを始めて、初めて友達の家に遊びに行って、
そこで教えてもらったのがビバップでした。
なので、知ったのは若干遅いんですけど、ドハマリして。
僕が入ってた吹奏楽部の中にもファンの人がたくさん居て、
特に菅野よう子の音楽にヤラれてる人が多くって。
色々話したなーって思い出したり。

そう、菅野よう子ですよ。
僕は『カウボーイビバップ』で菅野さんのことを知って、
上京してしばらくは近所のTSUTAYAで、菅野さんのアルバムあるだけ借りて、
渋谷のTSUTAYAがまだ汚かったころに、
廃盤だった頃の『NappleTale』のサントラを両方見つけて狂喜乱舞したっけな。


ご存知の方もおられるかと思いますが、
そんな菅野さんがね、5年前の七夕、
ものすごい大赤字で一夜限りのライブをやったのですよ。
その名も超時空七夕ソニック
キラッ☆とか私の歌を聴っけー!とか、当時『マクロスF』の楽曲でより一層人気の出ていた菅野さん。
チケット争奪戦は本当に激しかった。
俺家のハイパーオールドなパソコンと亀より遅い回線速度では太刀打ち出来ないほど一瞬で売り切れた。
まだラーメンズの方がチケット取れるんじゃねえかと思った。
こんなザマだし、まさか近くに行く人もいないだろうと、
思っていたらそのまさかが居たのである。
知り合いで一人だけ、行くという人がいたのである。

俺は願いをかけた(七夕だしね)。
どうか知人が、出来るだけ多くライブの内容を覚えて帰ってきますように!

ライブの感想を事細かに教えてもらおうと思ったのだ。
ただ、不安要素はいくつもあった。
・知人は特に音楽に詳しいわけではない。
・知人は特に菅野よう子にも詳しいわけではない。
・知人は自分の金で行くわけではないので気合に欠ける。
・なにより知人は理論ではなく感覚の人なのでそもそも報告が苦手である。

むしろ不安要素しかなかったと言っても過言ではないラインナップだ。
それでも僕は一縷の望みを知人に託したのだ。
ただでさえ友人知り合いが少ない僕は、他に菅野さんのライブに行くような人も知らなかったので、
託すしかなかったのだ。

ライブ終了後、僕は速攻で知人を呼び出した。
普段そんなに会ったりはしないような間柄だったので知人も不審そうにはしていたが、
ライブの感想を聴かせてほしい、と切り出すと、
知人の顔がパッと輝くのが分かった。
ああ、これは相当良いライブだったに違いない。羨ましい。
そして知人は語り始めた。

「なんかイントロで皆出てきて、ウォーッ!ってなってー、
 で、1曲目から、あの、こーかく?のオープニング?でー、
 皆ウォーウォー!ってなってー、結局最後までそんな感じだったあべしっ」

最後の「あべしっ」はもちろん僕のチョップが知り合いの鼻っ柱に入った音である。
僕は泣いた。号泣した。
興奮のあまりテーブルをひっくり返して店員に羽交い絞めにされながらも泣き喚いた。
そして思ったのだ。悔し涙を滂沱の如く垂れ流しながら。
自分の行きたいところには、何が何でも自分で行かねばならないのだ、と。
話を聞くだけでは満足など出来やしないのだ。
百聞は一見に如かず。自分で、行かねば。

お金が無いこともあるけれど、最近引きこもってばかりいることへの自戒だ。
最後にこの言葉をみんなに送って校長先生の話は終わりです。
行けるときが、行くとき。やれるときが、やるとき。
以上で朝礼を終わります。


ってなところで今日はおしまい。最後に1曲お聴き下さい。

菅野よう子 Inner Universe

これがライブでイントロの『トルキア』に続き、1曲目に演奏された曲です。
ライブではOrigaさんがボーカルで坂本真綾さんがコーラスだったそうです。
そりゃ、うぉー!ってなるわ。



コメント

by クララ (URL)
懐かしい!
確か七夕にちなんでチケット7777円だった(笑)
友達が、跳ね上がった値段のチケット買って行ってましたよ。
もちろん友達に飛び付いて感想を聞いたんですが、残念ながら私も話の道筋を覚えられないタイプの人間なので、感想を聞いて「羨ましい」と思ったことしか覚えてないんですね。

まぁ校長が言うように、自分の目で見て確かめなさいっつーことね!
2014.07.08 02:39 (編集)

by ソントン (URL)
校長、マジで良いこと言ってた。

チケット7777円って、あの内容からすると超安い。

2014.07.12 01:20 (編集)


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

山瀬まみ「ゴォ!」


booklog (→all)


 日記 (661)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin