20140728 Mon
漫喫徒然


旅をしてます。探さないでください。
東京を7時に出るはずが、おもっくそ寝坊した。2時間。
しょっぱなから、あちゃー、って思った。
普段だったら絶対に諦めてダラダラしているところだが、
この前から俺の中の何かが「Door into summer !」とうるさいので、
ササッと出かけることにした。夏のしっぽをつかまえるのだ。
宿も交通機関も予約はしていないので止めようと思えば止められるのだけど。
2日前くらいに思いついた旅だし、宿などとれるはずもない。
久しぶりにマンガ喫茶としゃれこんだ。
事前にここならいけそうって場所は調べておいた。
野宿を期待していた皆様、ご期待に沿えずすみません。
前にマンガ喫茶に泊まったのは……バンドをやっていた頃、
愛知へツアーに行ったときにメンバーで泊まったな。
僕はそのツアーで『DEATH NOTE』を全巻読破するというバカをやった。
最終巻なんてリハと本番の間にライブハウス近くのブックオフで読んだ。
名古屋までライブしに行って何をやっているのか。自分の神経を疑う。

それより以前のマンガ喫茶の思い出といえば、やはり上京当時のことである。
なんのツテもないまま東京に来て、お金が続く間はマンガ喫茶に泊まり、
その後は路上生活、正確にいうと某ドンキなんとかのトイレで寝起きをしていた。
しばらくののち同じバイト先の先輩の家に転がり込むのだけれど、インターネット環境が無かった。
バイトは日曜だけが休みだったので、土曜の仕事明けは家に帰らず、
(飲み屋だったので、3時閉店で4時があがりだった)
マンガ喫茶へ行って仮眠をとり、コンビニで『ぴあ』を買って、
映画や舞台へ行くのがお決まりのコースだった。
僕は学生の頃からホームページとブログを作っていた。
放置しっぱなしだったのだけど、あるとき気まぐれにブログを検索してみると、
上京する前の記事に、僕のことを心配するようなコメントを書いていてくれてる人がいた。
僕はそれを読んで泣いた。ご迷惑かけてすみません、という気持ちだった。
しばらくしてから、マンガ喫茶へ泊まるときは、そのブログを更新もした。
それはそれは青臭い生存報告だったと思う。
あの頃にコメントを書いてくれたりした人のことを、僕はいまだに命の恩人だと思ってる。

その後、金を貸したカタに友人の名義で携帯電話を手に入れたけど、
当時の携帯ではまだPC用のページなんて見れなかった。
学生の頃に僕のワガママで作ったバンド「MALIMO」のホームページがあったのだけど、
携帯用のホームページだったので、そこの日記はよく更新していた。
バンドのホームページのはずが、ナカイデ、東京で生きてるってよ、
という報告のためのページになっていった。
いまだに、ブログを更新しないと死んだと思われるかもという
若干の強迫観念にとらわれているのはこの頃の習慣によるものが大きい。
コメントなど寄せてくれる人たちには感謝の気持ちがキャパオーバー。ドッカーン。
ほんとにほんとにありがとうございます。

「風待」も「MALIMO」も、今はもう跡形もなくなってしまった。
ネット上のことはいつまでも残るっていうけど、あまりに昔のサービスはそうでも無かったりする。
あれから10年が経って、いろいろなことが変わったけど、
なんか僕だけは変わってないような気がする。
ブレてブレて、まだブレブレのままだ。
今もこうやって宿も取らずマンガ喫茶に転がり込んでブログなんか書いてる。
周りを見ると、落ち着いていく人が続出。そりゃそうだわ。俺たちアラサーだもんね。
僕の方は、なんていうか、すみません、って何に謝ってるのかもよく分からないんだけど、
こうしか出来なかったっていうか、そんな感じです。
いつか見てろよ、なんていう気持ちも無いし、たぶんこのままで行くことでしょう。
僕のこと見て笑ってもらえりゃそれでいいや、と。
あ、今、あなたの呆れた顔が見えました。その顔、好きですよ。

ってな感じで、またこれからもよろしくお願いします。
貧乏神につかれたと思って諦めてください。

音の間で出会った俺等は 何時になっても帰らない
増えることはあってももう減らない 多分ずっと一緒に年をとって笑う
(略)
パーティーは終わった 音は止まった
過ぎてしまったことはもうしょうがない
(略)
それよりも遂にはおまえが親が
幸せってヤツがそこにあったとはな おそらくそれに勝るものはない
時は巡り 片時も止まらない 未来は俺等の手の中
(略)
東京に そしてそれぞれの地元に
(略)
ここにこうして俺達は生き残りいつか皆がそろい遂に未来は俺等の手の中

(THA BLUE HERB 『未来は俺等の手の中』 より)




コメント

by えこ (URL)
私はソントンさんを探さないけど、ソントンさんは私を探して下さい。
その辺で行き倒れているかも知れないので!(笑)

私もHPあったなぁ。あれ、どこに行ったんだろう?
2014.07.29 21:29 (編集)

by ソントン (URL)
行き倒れるのは僕のほうが絶対早いと思うよ(笑)
けど、いくらでも探すよ!向かいのホームとか路地裏の窓とか!

今はブログの方が手軽やから、ホームページって作らんよねぇ。
2014.07.29 23:48 (編集)


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

The Jon Spencer Blues Explosion「Bellbottoms」


booklog (→all)


 日記 (645)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/09 (4)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin