20140818 Mon
思い出より、物


鹿児島へはリュックひとつで行った。

パンツ・シャツ・タオル・靴下(各2)、
タンクトップ・タイパンツ(寝巻きセット)、
歯ブラシ、ボディソープ、ヒゲソリ、
虫除け、汗拭き、制汗剤、
『本屋図鑑』、文庫本、テリー、充電器、イヤフォン、
財布、iphone、水、メモ帳、筆記具

こんなものだろうか。夏は荷物が少なくて良い。
目下、歩いても疲れないサンダルが一番欲しい。
ちなみに虫除けは、古本屋に入る前にかけます。
森なんかよりも古本屋の方が蚊が多い気がする。


どこかへ遠出するときは、大体このリュックに荷物を詰め込んで行く。
ボストンバッグも持ってるんだけど、実家に行くときなど、
荷物を置いておけるときにしか使わない。
それ以外の場所では、旅先でも遠慮なく増える本のせいで
重くなったリュックを背負い、ゼエゼエ言いながら歩いている。

周りがポーターだのグレゴリーだのノースフェイスだの持ってる中、
俺はかたくなにG.T.ホーキンスを使っている。
ダサいと思っていたロゴももはや一周してカッコよく思えてきた。

かたくなに、というのも、このリュック実は、高校入学のときに買ってもらったものなのだ。
たしか、三重のデパートで選んだものなので、
そもそもそんなに格好の良いものなんて無かったし、
そもそも俺にブランドの知識なんて欠落していたし、
っていうか校則指定のものなので、圧倒的に地味。

なんだかんだで、かれこれ14年くらい使い続けていることになる。
大学入学で九州へ渡るときにキャリーケースを買ってもらったのだけれど、
あまりに使いづらく、かつ当時は本当に大量の荷物をブチこんでいたので、
重さに耐え切れず車輪が砕け散るという事故が起こり、
それ以降はホーキンス一本槍できた。ホーキンス最強。

なぜ今、東京にこのリュックがあるかといえば、
九州から上京するときに荷物をブチ込んできたのが、このリュックだからである。
いまもむかしも、鈍行電車では足置き代わりに、路上で寝るときは枕代わりに。
疲れたときの俺を支えてくれるナイスガイだ。


よく見れば分かるのだけれど、このリュック、
余ったひもが変なところで玉結びになっていたり、
ジョイント(というのだろうか?)が変なところに刺さってたりする。

これらは全部、高校の同級生、
吹奏楽部でサックスを吹いていた友達がやったもので。
なんと14年のときを越えて、いまだにイタズラが真空パックで保存されているのだ。

やった本人は絶対に覚えてないと思う。
そもそも卒業するまですら覚えてなかったと思う。
やった直後は「早く戻しなよー」みたいに言ってた覚えもあるけど、
その後は何も言われなくなったもの。うん。

めんどくさかったから、という理由で戻さなかっただけなのだけれど、
この変な結び目を見るたびに、
部室を入ってすぐの場所に、無造作に投げられてペシャリとなっていたこのリュックや。
練習をやめて部室の電気を消し、津新町駅まで歩く道、
馬鹿な話から真面目な話まで皆で色々しゃべったこと。
他諸々の思い出が芋づる式にずるずると思い出され、
なんだか気まずく、にへへ、と笑ったりしている14年後の俺。

夏は部活と夏期講習ばっかで、あまり遊んだって記憶がないけど、
なんだかんだ、楽しかった、ような気がする。
あーしときゃよかった、こーしときゃよかった、ってのはもちろんあるけど。

しかし、14年前から俺って全然変わってないなぁと、改めて思う。
高校の頃には、大人になったらしっかりするぜ、みたいな幻想はあまりなくなってて、
たぶん一生どうしようもないままだな、ってのは頭の片隅にあったと思う。
とは言っても、大学やめるとまでは思ってもなかったけどね。

数年前のことだとまだ近くて誤差が大きいから、
もう記憶もハッキリしなくなった昔のことを都合よく、
物によって思い出して、自己連続性の確認をする。
だなんてセンチメンタルね!



Cavalleria rusticana - Intermezzo

いちばんうつくしいおんがく



コメント

by えこ (URL)
私なんていつもセンチメンタル☆
センチメンタル=ワタシ。

ホーキンスでいいじゃんー。
ウチの息子も見てわかるように使いやすさ重視ですし、
やはり気が合うのではないかい?

松菱に行かなくちゃ!
2014.08.20 06:33 (編集)

by ソントン (URL)
えこtheセンチメンタル、やね。

そうそう。使いやすさ重視で良いと思う。
オイラたちは人様に見せるために使ってるわけじゃないので(笑)。

松菱って行ったことないかも。覚えてないだけかもしれないけど……。
2014.08.20 22:39 (編集)


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

The Jon Spencer Blues Explosion「Bellbottoms」


booklog (→all)


 日記 (645)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/09 (4)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin