--------
 >スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




20141005Sun
 >ソントン、ブログの更新減らすってよ

 1ヶ月ほど毎日ブログを更新してきましたけど、不定期更新に戻そうと思います。日々読んで下さってる方には感謝の雨あられを押しつけたいです。本当にありがとうございます。ブログを止めるわけではなく、8月までのように、また面白いことをやるとき・やったときに、ちょいちょい書いていきますので、読んで頂けると嬉しいです。

 先月のアクセス数の増減と記事を見てて、(そもそも一日30人も見て下さっているのというのが信じられないんですけど)、やはり、何かライブやイベントの紹介をさせてもらった日がアクセス数が多い傾向がありました。特にタイトルに具体的な名前(○○さんのライブ、○○というマンガを読みました、とか)が入ってるとアクセス数が伸びますね。検索に引っかかりやすいのもありますし、ブログを更新するとTwitterにあがるようにしてあるので、それでリツイートしてもらって閲覧数が増えるというのもありそうです。

 図々しいこと言うようですが、やっぱりせっかく書いているので、出来るだけ多くの人に読んでもらいたいというのが本音です。そもそもしっかりとブログを書き始めたのは、とある面白い舞台を紹介したかったんだけど現実で舞台に誘えるような友達が居ないのは言うまでもなく、さらにはネットでの僕の発言力はあまりにも弱くて、その団体を応援したくてもクソの役にも立たなかった、ということがあったからです。応援するためには、何回も見に行ったりしてお金を落とすのが一番手っとり早いのは分かっているんですが、残念ながら僕にはお金がありません! なので、せめてブログで応援したい対象のことを書こうと、思ったのが始まりでした。けれど僕は生来の目立ちたがり屋ですので、ブログにオリジナルの文章なんかも載せ始めてしまって、果たして自分が面白いと思うものを紹介したいのか、はたまた自分自身が面白くなりたいのか、よく分からなくなってきました。ぶっちゃけ言ってしまうと、両方なんですけどね。何にしても、いつまでも、二兎を追い続けたいと懲りずに思っています。

 頑張って1ヶ月ブログ更新してみようと思って、まあ途中でお知らせだけの日があったり、YouTube貼っただけのような日があったりしましたが、なんとか達成できました。ブログに慣れてる人からすれば、たった1ヶ月、って感じなんでしょうけれども。とりあえず、量の目標は達成できたので、じゃあ次はどうしようかな、と考えているところです。iPhoneでTwitterを見るのを止めたおかげでブログを更新し続けることが出来た、という部分もあるので、Twitterもブログも制限したら、もしかすると他に何か出来るかもなーと。でもそれって、いつものダラダラしてる僕と変わらないような気もするんですけどね。
 頑張ります。何かを。期待しないで待っててください。



  

カテゴリ
日記 (619) 作り話 (25) 

過去ログ
2016/12 (9) 2016/11 (18) 2016/10 (1) 2016/09 (7) 2016/08 (4) 2016/07 (9) 2016/05 (3) 2016/03 (12) 2016/02 (19) 2016/01 (16) 2015/09 (1) 2015/08 (9) 2015/07 (1) 2015/06 (14) 2015/05 (11) 2015/04 (9) 2015/03 (14) 2015/02 (14) 2015/01 (12) 2014/12 (10) 2014/11 (8) 2014/10 (10) 2014/09 (30) 2014/08 (15) 2014/07 (13) 2014/06 (22) 2014/05 (23) 2014/04 (25) 2014/03 (23) 2014/02 (17) 2014/01 (17) 2013/12 (18) 2013/11 (15) 2013/10 (21) 2013/09 (8) 2013/08 (19) 2013/07 (18) 2013/06 (19) 2013/05 (25) 2013/04 (28) 2013/03 (24) 2013/02 (6) 2013/01 (4) 2012/12 (6) 2012/11 (5) 2012/10 (7) 2012/09 (2) 2012/08 (11) 2012/07 (12) 


このブログのタイトルは OFZK です
ソントン という人間が書いています
だいたい本を読んでいます





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。