20141016Thu
「本を読まなくなったへそくんに 本をススメてみる人たち」に参加しました


横浜の喫茶へそまがりにて行なわれたイベント、
「本を読まなくなったへそくんに 本をススメてみる人たち」に発表者として参加しました。

今回は、要はビブリオバトルみたいなものだったんですけど、
公式ルールは適用せずに、自分達で試してルールを作りながら進行、
終始アットホームな雰囲気ですごく楽しかったです。

へそさんからリクエストされたテーマは、
 “本を読まなくなった人に薦める”
 “1日あれば読める”
 “文字の本”
ということでした。

1人2冊紹介することができ、僕がオススメしたのは、
 最相葉月『なんといふ空』
 笹井宏之『えーえんとくちから 笹井宏之作品集』
でした。

前者は、ノンフィクション作家、最相葉月さんの書いたエッセイ集。
一遍が3~4ページしかなく、サクサクと読めます。
けれど、一番初めのエッセイ「わが心の町 大阪君のこと」が、わずか1200文字程度にして、
映画『ココニイルコト』(145分)の原作になったことからも分かるように、
1作1作が、じんと沁みるように濃い。けれど、狙ってる感じはなくて、ただ見たままを書いている感じ。
僕の場合。ものすごく死にたいなぁ、と布団の上で鬱々していた日に、
たまたま手を伸ばしたらこの本が枕元にあって、読み始めたら止まらず、
一気に読み終わって、もうちょっと生きてみるか、と思わされた本です。命の恩人ですね。

後者は夭折の歌人、笹井宏之さんの歌集です。
日本SFは、伊藤計劃の登場によって新しい時代へと突入しましたが、
僕の中の現代短歌は、笹井宏之との出会いによってずいぶん幸せなものになりました。
文字数にすると十分一日で読めますが、僕はじっくり読んだり何度も読んだりで、
読了までにずいぶん時間がかかりました。
まずタイトルからの、1首目でやられます。
この本の中で僕の一番好きな歌は、
 この森で軍手を売って暮らしたい まちがえて図書館を建てたい
です。


他の皆様がオススメしていた本は、
 クラフト・エヴィング商會『クラウド・コレクター』
 筒井康隆『原始人』
 ラッタウット・ラープチャルーンサップ『観光』
 ニール・ドナルド ウォルシュ『神との対話―宇宙をみつける自分をみつける』
 南直哉『老師と少年』
 会田誠『青春と変態』
でした。どれも面白そうやったよ!
実際、『クラウド・コレクター』と『観光』は読んだことあるんですけど、げっちゃ面白いッス。
『クラウド・コレクター』を紹介された方が、
「ゲームの取説や設定資料集を読んでいる感じ」っておっしゃってて、
それー! って思いました。

へそくん賞は、会田誠『青春と変態』
お客さん賞は、筒井康隆『原始人』
でした。



千代田区のビブリオバトルでは終わってすぐに解散になってしまったけど、
今回は参加されてた方たちと、じっくりお話をすることが出来て嬉しかった。
やっぱ僕、本が好きな人のことを、好きです。

「本にコーヒーってのはもうあるし、店をやるんだったら、本の他に何を付ければ良いのか」
っていう話題には、思わずそうそうって思った。僕も最近よく考えてた。
文房具・コーヒー・音楽・アート、ってのはもうよくあるので、
本屋×プロレスっていう伝説のイベントをやった、伊野尾書店を思い出したり。


僕の、一番好きな本屋はどこですか?という質問に
「ガケ書房」っていう答えも。
そう、恵文社より、ガケなんですよね!
僕もガケの方でいっぱい買ってしまいました。

ここしばらく悩んでいた、「大きい本屋と小さい本屋では仕事はどう違うのか」
っていう疑問にも、色々と回答を頂いてスッキリした。
どこかで聞きたいと思ってたんだけど、今まで機会がなかったもんで。

皆さん、本好きなんだなーっていうのがガシガシ分かって、
出来ることならずっとずっと話していたかったー!

また近々本に関するイベントをやろうみたいな流れにもなって、すごくワクワクしたし、
まず、本好きの人たちと知り合えたのも嬉しかった。
参加して本当に良かったです!



へそまがり、ほんとに良い場所。
横浜に行ったら、中華街よりまずへそまがり。これ決まり。



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
Gaby Comte「Ven vení」

 OFZK

 日記 (627)
 作り話 (25)

 2017/08 (8)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin