20141207 Sun
10代女子(中高生)にオススメする本を考える


 遅番バイト中、平積みしてある本を整えていると、間もなく早番シフトが終わるツンさんが近づいてきた。
 再三再四の説明になって申し訳ないが、“ツンさん”とは、我が書店の誇るイケメンかつ出来る男。『書店男子』登場以降はメディアへの露出も増え、いま注目のメンズ☆、である。
 普段は、学参の神様、と崇め奉られている伝説の社員さんの下で、僕とツンさんは、学習参考書の棚を担当している。ツンさんは僕より数ヶ月後輩なのだが、どっちが仕事できるかはまあ、お察しの通りである。これでとても良いヤツなのだから、神は配分間違えてると思う。ギブミーモア。
 そんなツンさんが僕のそばでおもむろに棚整理を始めた。これは何か言いにくいことがあるに違いない。今日は忙しかったから、多分俺またクレジットカードの控えにハンコ押し忘れてて、それをツンさんがそっと直してくれたんだけど、健忘症が進んできたためか他にも最近あまりにミスが目立つ僕に対していよいよ堪忍袋の尾が切れたツンさんは「いい加減にしてください、もしくは死ね」とか言うに違いない。
 あまりのプレッシャーに、せっかく整えた本の山が崩れるほどガタガタと震えていると、
「そうそう、ソントンさんに聞きたいことがあったんですよー」
と、ツンさんが切り出した。
 ほらきたー! 昨日僕がレジに入ってる間、副本店長がマンマークのようにべったりと背後に張り付いていたのは、きっと僕の前の客捌きが速いのをいぶかしんで張っていたに決まっている。実際に僕ってば、社員から言われててやらなきゃいけない作業をかなりかっ飛ばしちゃってるもんだから、それがとうとう露見したに違いない。そして副本店長が掲示板か何かに書き込んでて、僕がいまだに社内掲示板などを使えないということを知っているツンさんがやれやれとばかりにその件を伝えに来たに違いない。よし、何か言われる前に舌を噛み切って死のう。

「実はまた取材が来てて、オススメの本を挙げなきゃいけないんですけど、ソントンさん何か良い本知ってますか?」
「ふひゃい?」(←舌を噛んでいる)

 話を聞くと、女子中高生向けの某雑誌から「10代の女性向けにオススメの本を3冊挙げてください」というFAXが来て、ツンさんに話がくるまえに、なんか勝手に引き受けることになっていたらしい。不憫な子や。メディア怖い。
 書店員とはいえ、皆が皆、代官山TSUTAYAの間室さんみたいに、ポンポンと本の名前が出てくるわけじゃない。あの人、この前ラジオで「最近は読む量が少なくなって、1日1冊、休日に3冊くらいですね」っておっしゃってたからね、凄すぎるって。
 僕もそこまで本に詳しいわけではないけれども、ツンさんには普段不甲斐ない僕を庇いまくってくれている恩義があるので、
「一旦手前どもで引き取らせて頂きます」と考えてみることにした。
そもそも10代女子中高生が身近に居ないというハードルはこの際、無視を決め込む。


10代女子中高生にオススメする本3冊、1冊ごとに一言コメントも必要(マンガ・写真集はなし)

○梨木香歩 『西の魔女が死んだ』
→現実逃避したいときにはこの本の中の、おばあちゃんの家に行きましょう。

○山田詠美 『ぼくは勉強ができない』
→ぼくも勉強ができないので読みました。勉強が出来るあなたもぜひ。

○まはら三桃 『鉄のしぶきがはねる』
→リケジョの青春。さあ、鉄を削ろう!!

こういう特集に目を通す人なら、上2つ、特に『西の魔女が死んだ』はおそらく読んでいると思う。そこをフックにして視線誘導を考えてみました。こずるいなー。けど、まはら三桃、面白いッスよ。


 この3冊で10代女子は上手く騙せたとしても、OFZK読者層にはご納得頂けないだろうと思ったので、別のも考えてみました。


○本谷有希子 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』
→あったかホームコメディです。嘘です。けど最高です。

○岡崎京子 『ぼくたちは何だかすべて忘れてしまうね』
→僕が知ったときには、すでに伝説になっていました。

○雨宮処凛 『生き地獄天国―雨宮処凛自伝』
→いつかの年間ベストに選んだ1冊。面白い文を書く人は、書いてる本人も面白いひとである。


 こういう頼まれごとをすると、もっと本読まなきゃなー、とか、読み方浅いなー、とか色々反省します。ありがたいことに、年始にも1個イベントお誘い頂いてるところだし、もっともっと色々な本を読もう。
 どれだけ本を読んでも何の役にも立ちゃしませんが、無駄なことの積み重ねが、活きる瞬間がきっとあるさ。



○今日読んだ本
伊藤計劃 『ハーモニー』
 初読のはずなんだけど、どこかで読んだ覚えがあった。もしかすると、ノベルスのときに手に取ったのを忘れているだけかもしれない。劇場アニメ楽しみ。



コメント

by えこ (URL)
「ねぇ、ソントンさんいた?」
「ううん。イケメンくんはいるけど見つからない」
というのが、いつもそちらの本屋へ行った時の会話です。
ツンさん、王子様みたいだもん。

私が高校生の時、長野まゆみさんの「少年アリス」を読んで、なんて素敵なんだろうと思ったのは覚えております。
最近読んだ草野たきさんの「空中トライアングル」は中高生女子向けに感じましたよ。
2014.12.08 13:41 (編集)

by ボーズ (URL)
打海文三の応化戦記シリーズは是非読んで欲しいけど、全5冊で未完だからなあ。
辻村深月のスロウハイツの神様もおすすめだけど、あれも上下巻だし…。

あ、ミラーボール回ラズってのはどうでしょ?
2014.12.08 14:23 (編集)

by ソントン (URL)
イケメンくん(笑)。
ツンさん、最近パーマをかけて、よりイケメン度が上がっております。

少年アリス、大学生の頃に読んでたんやけど、ちょうど最近読み直してるところよ。
あんな薄いのに、ちょこちょこ読んでるんで、いつ読み終わるかは未定。

草野たき、まったく知らんかったわー。
中高生女子になったつもりで読んでみる!
2014.12.12 01:21 (編集)

by ソントン (URL)
自推いいですねー!
こんど、女子中高生向けの作りましょうよ(笑)
2014.12.12 01:31 (編集)


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

山瀬まみ「ゴォ!」


booklog (→all)


 日記 (661)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin