20130110Thu
YouTube地獄。


久しぶりにパソコンの前に座ったら、見事にYouTube地獄にハマってしまいました。
今日は洋楽ツアーに出てしまった。出るつもりじゃなかった。
っていうか、YouTubeでごめんなさいという感が拭えない。
音楽を聴くというのが、アルバム単位から曲単位へと移ってしまったなぁ。
CDを買ったりライブに行ったりすることも、少なくなってきた。
すっかり菊地成孔氏が言うところの“0円ファン”である。
いかん、いかんぞ。せっかく帝都東京に居るのだから、その場へ足を運ばねば。ねばねば。

Twitterに貼った2曲+1を貼って、今日はお茶を濁します。
いかん、いかんぞ。ブログもちゃんと書かねば。ねばねば。

Dead ghosts『when it comes to you』

そんなにメジャーなバンドでは無いらしい。
くそ苦手な英語を少し読んで、カナダのバンドだということだけ把握した。
まぁ音さえカッコ良ければ何でも良いのだけれどね。
やたら懐かしい匂いのするギターの音色と田舎っぽいシャッフルにやられました。
CDは10$らしいです。誰か代わりに輸入してください。


To Kill A King『Cold Skin』

こちらもまだそんなに有名なバンドではないと思う。
上のDead ghostsもそうだけど、なんせ日本語のページが無い。困る。
学生のときに英語をちゃんと勉強しておけば良かったのだけれど、
そう考え始めると、生まれてきて良かったのかどうかも怪しくなってくるので、よしておく。
ていうか僕の場合、英語が話せることをプライドのよすがとしてしまいそうで、
そんな自分は好きではない、ので、英語が分からなくてもよしとする。
うむ、己のことはさておき、曲のことも書かねば。
この曲は1月に発売予定のアルバムからの、いわゆる先行トラックらしい。
打ち込みやらバンドサウンドに、アコギの音が埋もれてない曲というのが良いですね。
あとボーカルの声質が単純に好み。なんと形容したらいいのだろうか。
中音でしめっぽいけど伸びのある声、とでも書いておきます。


最後に
Dry The River『New Ceremony』

こういうプロモが好きなわけですよ。
なんか寓意が含まれてる感、とでもいいましょうか。
あと“バンドが5人で全員が楽器を持っていると5人目は器用なやつ”
という法則はこのバンドにも当てはまってますね。
バイオリンを弾いてる人が、鍵盤やら何やらも担当してるらしいです。
このバンドも日本語のページが無いとです。ほんとに困るとです。
CDを何とかして手に入れたいと思えるので良いのですが。
まぁこの3組なら、待ってりゃ輸入盤で入ってくるでしょうし。


今日はこの10倍くらいYouTubeを巡ったので、目がショボショボです。
いよいよ詰まらんことしか書けなくなってきたので寝ます。
ミラーボールは今日も回りません。



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
Gaby Comte「Ven vení」

 OFZK

 日記 (628)
 作り話 (25)

 2017/08 (9)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin