20150126 Mon
スケールを変化させる方法を


土曜、喫茶へそまがり@横浜にて、
「三人で寄ってたかってお客さんに勝手に本を勧める会」、
盛況のうちに無事終了いたしました。皆さま、どうもありがとうございました。
やっぱり皆で本の話をするのは楽しいですね!
ありがたすぎることに、早速、第二弾開催希望のお声を頂いております。
もしも第二回が開催されたとして、ふがいなさ全開だった僕は降板になっているかもしれません。
それでも是非足を運んでいただけると嬉しいです。

3人であーだこーだとオススメの本を言わせて頂いたのですが、
花田さんの脳はどうなっているのだろうか、
というくらいの、引き出しの多さと、そのひとつひとつの深さ。
花田さんのオススメトークを隣で聞いていて、
え、今、網膜に原稿が映っているんですか? ウェアラブルなんとかですか?
というほどの、それだけでもう見事に書評になっている喋りは本当に凄かった。

そして僕の対面に座っていたTweedBooksさん。
いつもどおりのお洒落な服でキメていらっしゃった。
あと、お会いしてもすぐに分からなかったほど、髪形が変わってました。
相談を受ける途中、「恋愛小説、読んだことないなー」と天を仰ぐ仕草が良かったです。
飄々とした喋り口の裏には、確かな読書歴と、本への愛を感じました。

不肖ソントンは、うなずきと書記に徹しました。
お約束の、遅刻もかましました。大変ご迷惑をおかけしました。

中ボスとラスボスの出現は予測していたものの、
まさかの隠れボス(FFのアルテマウエポン的な)が登場。
あの方、凄かったなー。印象的には僕の800倍くらい本を読んでらっしゃった。敵わぬ。

もう初めから花田さんとツイードさんに頼ろうというなめた態度で、
僕は、お客さんに本を教えてもらう、くらいの勢いで臨んだんですけど、
聞いた話の中で特に印象に残っているのは、建築の勉強をしているという方の、
スケールを変えて物を見る、というやり方のことでした。
建築の勉強をする中で、100分の1とか、50分の1とか、
何種類ものスケールで模型を作る、というのがまずあって、
たとえば商店街に1軒、ボロボロのお店があって、
単体で見ると取り壊した方が良いような建物だったとしても、
見方を変えると、その商店街はそのお店があるおかげで良い感じになってる、ということがある。
ひとつの見方だけではなく、スケールを変えて見ること。
その自在な行き来の仕方が、すごく興味深かったです。

あと、うら若い女性に質問された、「愛とはなんですか?」

……哲学か!

この質問でツイードさんが天を仰いだんですけどね。
僕も何と答えたかあまりよく覚えてません。
つまり、愛とは何か、まったく分かっていません。
恋と愛の違いとか、むにゃむにゃ考えてたら、お腹が鳴りました。
しょせん、恋愛は食欲には勝てないのかもしれません。

結局ズバリな本のオススメは出来ませんでしたが、
映画『人生に乾杯!』、
あの感じが、愛じゃないかな、と思います。



最後に。
もしお客さんが2人くらいしか来てなかったら、僕もいくつか本をオススメしてもらおうと、
質問をいくつか考えていってたので、それを載せておきます。
良い本をご存知の方、ぜひともお教え下さい。

・ふだんあまり読まないので、面白い歴史小説を
・還暦の父に贈る本
・10年来のインターネット中毒、加速するTwitter依存を止めるための本
・女の子気持ちが分かる本

以上、よろしくお願いします。


第二弾の前に、木曜日にTweedBooksさんにて、
ドジブックスさん主催の「ひとつき十冊」というイベントがスタートします。
出演者の方が、先月読んだ10冊と、次に読む10冊を話す、というイベント。
僕も聴きに行きます。楽しみです。
ついでに一箱古本も搬入させて頂く予定。火・水曜で慌てて準備します。

僕もまたたくさん本を読もうと思います。
本なんて、生きるために全く必要ではありませんが、
必要なものよりは、無駄なものの方が好きです。






コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

The Jon Spencer Blues Explosion「Bellbottoms」


booklog (→all)


 日記 (646)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/09 (5)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin