20150131 Sat
フルマラソン走れとか言われる


 運動が嫌いである。出来れば全ての道が動く歩道だったらいいのにと常々思っている。運動が嫌いだからという理由で、中学のときに吹奏楽部を選んだほどの運動嫌いである。ちなみに吹奏楽部は下手な運動部よりも厳しいので、いままさに部活を選ぼうとしているモヤシっ子たちには、止めておいた方がいいぞ、とアドバイスをしておこう。
 いまだに鉄棒の逆上がりが出来ないし、リフティングは1回で終わるし、上着を羽織っただけで右肩の関節が外れるほど、ふだん運動というものから遠ざかっている。
 僕が20代前半のころ。東京マラソンがまだ始まったばかりで、抽選の倍率がものすごいことになっていたころのことだ(今はどうか知らないけど)。社長命令で、モヒカンにしたり、カエルを生き造りで食べたりするなど、バカな操り人形みたいなことをしていたのだけど、その流れで突然「東京マラソンに応募してみなよ」と言われた。設置されたハードルを、出来るだけ面白い格好で飛び越えようとするのが唯一の信条である。速攻で応募し、安いジャージとスニーカーを買って、翌々日くらいから7時起きで、家の近くを走り始めた。7時だともう通勤通学の人がたくさんいて、金髪でジョギングする僕はよくチラチラと見られた。いつものごとく自意識過剰だろうけど。
 もちろん東京マラソンの抽選は落ちたし、僕のジョギングも1ヶ月ほどしか続かなかった。食いつき早い分、飽きっぽいのです。けど、トレーニングの結果は、数ヵ月後に、早起きできた休日の朝に「ちょっと富士山登ってみたいな」と思って、日帰りで山頂まで往復する、という馬鹿に結実しました。休み明けに富士山土産を持っていったときは、さすがの社長も驚いてました。
 なんでこんなどうでもいいことを思い出したかというと、1週間ほど前に突然デロデロの酔っ払いたちから電話がかかってきて、「フルマラソンで4時間を切れ」という脈絡の無さにもほどがあるだろにというミッションを課されたからである。その人たちは当日、フルマラソンを走りきったばかりだったのだ。フルマラソン(42.195km)を4時間以内で完走することを“サブフォー”という。一般参加者ならば、まず完走を果たしたのち、次に5時間以内、そして次に目標とするタイムではなかろうか。高尾山に登ることもなく、いきなり日帰りで富士山頂を踏破した僕にもってこいの目標だ。
 動物の一生で心臓が鼓動する回数は決まっている、という話を聞いたことがある。もしもその話が本当なら、走ったら走った分だけ、その人は早死にすることになる。人はそれに反して走りたがるものだ。寿命が縮んだとしても、走ることは単純に楽しいのだろうなと、思う。僕にはその感覚がやっぱりよく分からないんだけど。
 けど珍しく、走ってみようかな、という気にもなっている。もしも4時間を切れた暁には、走りきったあとの飲み会で、
「じゃあ次は僕からあなたに。次の文学フリマまでに1万字で3本の小説書いてください」
って言ってやろうと思っている。ちょっとでも鼻で笑う気配があったら、そいつら全員殴り殺すくらいの気持ちで4時間切りにいこうと思う。根暗文化系男子もたまには根明体育会系男子に復讐したいのである。うぇいうぇいウルサイと言いたいのである。僕は僕で勝手に楽しくやってるので、あまり関わらないでください、というのを叩き込んでやりたいのである。ネズミだってたまには噛みつきたいのである。バカにされる気配があるなら、自分の身は守らなければならないのである。


→なうぷれい
solosolo
(2007/06/20)
高橋悠治

商品詳細を見る
あまり好きじゃないんだけど、たまに聴く、高橋悠治。まだ良さは分からない。



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

Reggie Watts 「A Song About Apples (Always Love Yourself)」


booklog (→all)


 日記 (658)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (11)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin