20150213 Fri
忘れてはいけないこともある


 久しぶりにパソコンからブログを書く。一応毎日、パソコンの電源が点くかどうか試みているのだけど、いままで無理だった。今日はご機嫌が良かったらしく、3回電源が落ちたあとで、無事に立ち上がってくれた。いつなんどき再び電源が落ちるか分からないので、パッパと書こうと思う。パソコンが無ければこういうことすら出来ない、というのは情けないことであるが、インターネットでしか繋がってない人もいるので、僕にとっては大事なことなのです。アイラブインターネット。適切な距離を取りながら。

 水曜祝日、横浜の喫茶へそまがりへ、にたないけんの弾き語りライブを聴きに行った。バイトのあとで駆けつけたので、すでに1部の後半に差し掛かっていた。皆が畳に座り、にたないけんの歌をワイワイと聴いていた。奥の方には既に出来上がっているオッサンが何人かいた。僕が普段お世話になっている人たちだった。ああいう大人は良い大人だ。
 まだCDに入ってない曲では、『東京パンクミュージック』と『ベトナム』という曲がすごく好きだ。『トリップ』もCDでは大人しい感じがするが、ライブバージョンは大変格好良い。『ペチカ』という小曲も良かった。踊りませんか。たいへん良いライブだった。
 ライブが終わったあと、古本棚の補充をする。そういえばまだ行ったこと無かったな、と、はじめてへそまがりの2階への潜入を試みる。ちょうど玄関でギターを練習していた店主へそさんに、
「ちょっと2階へ行っても良いですか?」と聞くと、「もちろん」と返ってきた。
人の多い1階に比べ、2階には僕一人だけ。風が入っており、少し寒いくらいだった。いつか読もうと思っていた『うしおととら』、今から読み始めたら完全に終電逃すなあ、いっそへそまがりに住もうかなあ、そういえばちょうどゲストハウスの管理人募集してるしなあ、と思索にふけりながら階段を下りると、人々はもう三々五々になっており、キッチン側のスペースには、ここは立石か、というメンバーが集まっていた。にたないくんが久々に『サイゼリアの歌』を歌い始めたので、へそまがりのギターを借りてベースラインを弾いた。バンドの曲ではないのでもちろん一度も弾いたことはなかったけど、バンドで新しい曲を練習するときも、そういえばこんな感じだったなあと、にたないくんが押さえるコードの形を見てルート音を追った。やはり楽しいものだ。皆が、終電が終電が、と慌て出したところで、こっそりと先に帰る。また行きます。

 翌日は昼に起き出し上天気。コロッケとハムカツを食べながら谷中をブラブラとする。ふと思いついて、超人気のかき氷屋「ひみつ堂」へ。運良く並ばずに入れる。いちご小豆と黒糖みるくを食する。冬にかき氷を食べるというのは相当な贅沢のような気がする。
 三先坂を下っていると、台東区の循環バスが走っていった。ちょうど良いところにバス停がある。
「これってどこいくの?」
「えーっと、上野とか浅草まで行くみたい」
「100円って安いね」
「まあ一周回るだけでも楽しそうだし、行ってみましょう」と乗り込み、結局半周回って浅草で降りた。
 浅草寺でおみくじを引く。僕はもちろん、凶だった。戌井昭人さんがちょうど浅草寺で凶のおみくじを引いた友達のことを書いていたのを思い出してかなり落ち込む。何が起こるのだろうかとビクビクしていると、並んだ目の前で花月堂のメロンパンが売り切れた。凶だ。代わりに舟和の冬季限定芋ようかんおしるこを食す。ぜんぜん凶ではない。
 そのまま浅草をフラフラとする。まるで老夫婦の散歩の趣である。花やしきへの道に点在する飲み屋の一軒に入る。ホッピーとバイスサワーで乾杯。ハチノスが美味だった。彼女はハチノスは食べられるくせに、センマイの見た目がちょっとグロくて苦手だ、と言う。僕はセンマイよりもよっぽどハチノスの方が見た目グロイといつも言い張るのだけど、この議論は常に平行線を辿ってばかりいるので、今回は蒸し返さないことにした。えいひれとししゃもを食べた。老夫婦ではないけど、熟年であることは間違いない。僕ももう30歳である。小学生の頃は、30歳になればもう中年なのだと思っていた。あの頃の僕をブッ飛ばしたい。
 我々の正面に置かれたテレビで、新大久保でも韓流が下火になってきた、というようなニュースをやっていた。そういえばそんなこともあったな、と思った。もっともっと色々なことを忘れていくのだろうし、これからきっと覚えられることも少なくなっていく。ほどほどに酔っ払い、バスで再び半周回って家まで帰ってきた。半分以上寝ていた。昼と夜では当然ながら景色がずいぶんと違って面白い。

 つい先ほど、思いきりお腹を壊しトイレで呻きながら、僕は頭が悪いのだし、考えるよりも、手を動かし足を動かし、していかなければならないし、そうした方が良いに決まっている。ということを思った。それだけは忘れないようにしたい。周りが呆れるほど、笑ってしまうほど、これからも色々とやっていきたい。とっ散らかしていきたい。


→再生中
バグダッド・バッテリーズバグダッド・バッテリーズ
(2009/09/21)
ジ・オーブ

商品詳細を見る
図書館で新着CDの棚に並んでて、ジャンルも何もさっぱり分からないまま、ジャケ借り。
ミニマルなダンスミュージックでした。6トラック目あたりから、かなり良い感じ。



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

The Jon Spencer Blues Explosion「Bellbottoms」


booklog (→all)


 日記 (646)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/09 (5)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin