20150220 Fri
白楽から中野へ


昨日は、横浜白楽TweedBooksへ、「ひとつき十冊 第二回目」を拝聴しに。
今回はアルコールという燃料を禁じられて幾分元気の無い、へそさんとしんじさん。
同い年コンビ、ドジさんからツイードさんへの容赦ないツッコミの数々。
そしてドジさんが喋っているときはほぼ相槌を打たない皆。
などなど、プロレス的な見どころが多々あり、しっかりと楽しめた。
あ、もちろん、メインの本の話はバッチリです。面白かった。

ひとつき十冊へ行ったあとは、めっちゃ本が読みたくなる。
白楽からの帰りの電車で読み終わった、
 九龍ジョー『メモリースティック ポップカルチャーと社会をつなぐやり方』(DU BOOKS)
すごく面白い本だった。
前野健太・松江哲明との深い関わりあいを書いて、読み手をガッツリ掴んだあと、
ものすごく現場感のある文章で畳み掛け、
そこから立ち上るのは、現場への愛愛愛。
すごく熱量のある本でした。
今はその九龍さんの本に帯コメントを寄せている、佐々木敦さんの
 『絶対安全文芸批評』(INFA BOOKS) を読んでいます。
ご存知の方いらっしゃるかもしれませんが、佐々木さんの現場感も本当に物凄い。
この本では、毎月文芸誌5冊(+ほか数冊)に乗ってる小説を全部読んで、
うち面白かった10本に短いながらもコメントを付けていく、というのをやってらっしゃる。
でさ、いったい、この人たちの1日は何時間あるんだよ!!? っていう疑問。


あまりにお金がないので、どこへ出て行っているか書いてみようと思う。
これなら毎日ブログ書けるんじゃないだろうか。
公開家計簿である。恥はさらさないといけない。

昼ごはん 290円
茶 70円
家賃 60000円
風呂洗剤 100円
家→飯田橋 165円
飯田橋→落合 165円
コオロギ 540円
中野→家 237円
夜ご飯 300円
-----
61,587円

うん、コオロギが高い。
あと飯田橋で乗り換えミスった。100円くらい違ってくるのな。
しかし、家賃っていうのは、なんというか、実家暮らしの人が羨ましくなる出費である。
もしも6万円あれば、……まあロクなことには使わないんだろうけど。



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

山瀬まみ「ゴォ!」


booklog (→all)


 日記 (661)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin