--------
 >スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




20150326Thu
 >頭でっかちになってしまいました

 火曜に世田谷文学館で開催中の『岡崎京子展』へ行った。ぶっちゃけ『ヘルタースケルター』くらいしか読んだことが無いのだけれど、招待券を頂戴しちまいましたので、折角の機会だしと足を運んだ。昨年の初めにクラフトエヴィング商会の展覧会へ行ったぶりだ。すっかり忘れていたけど、家から結構遠い。
 平日の昼だと言うのに、結構な人出で、やはり女性客が多い。いまだに人気のある作家さんだということを実感する。展示監修は祖父江慎さんによるもので、斜めの使い方がすごく上手い。コーナーごとにハッキリと色分けしてあるのも良いし、作中の文字だけをデカデカと切り抜いて、壁に貼ってあるのも格好よろしい。
 最後の最後に、岡崎さん本人からのメッセージがあり、皆、そこでしばし足を止めていた。
 会場を出た瞬間、あるところからメールが入り、もうちょっと早く言ってくれたら、もっとしっかり観たのになあ、と一人で苦笑する。
 同時開催中のコレクション展、『世田谷クロニクル』も面白かった。特に変態天才ベーシスト・kenkenのインタビュー、地元愛が溢れまくっていて良かった。
 次回の展覧会は、『開館20周年記念 植草甚一スクラップ・ブック』だそうな。これは行くしかない。あと、ホームページにはまだ載っていないようだけど、来年頭には浦沢直樹展も予定されているらしい。きっと混む。

 文学館を出たあと、横浜の喫茶へそまがりへ行って、文フリの原稿を書く。終わらない。悪い夢を見ているようだ。あんまり悪い夢を見っぱなしなのもあれなので、休憩がてら、と自分に言い訳して、読みたかったマンガも読んだ。

新井英樹 『せかい-岡啓輔の200年』 (ビッグコミックスペリオール2015年2月13日号)
 マンガという方法がすごく上手く使われたドキュメンタリ。

村上竹尾 『死んで生き返りましたれぽ』 (双葉社)
 もともとはpixivに描かれたものだったと思う。なので無料で読める。web連載開始のころからたくさん、良い評判を聞いていた。実際に読んでみると、なるほど、主観でその光景を見た人にしか書けないものが書いてあるなぁ、と。

阿部共実 『ちーちゃんはちょっと足りない』 (秋田書店)
 第18回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞。「このマンガがすごい!2015」オンナ編第1位。
 阿部さんのマンガは『空が灰色だから』の1巻だけ読んだことがある。「うおお……」という鈍痛を与えてくる人だ。特に『ちーちゃん~』の鈍痛は、ちょっと重くって。客観的に見て実際に起こってることと、人物の実際の内面とのギャップで、うおお……ってなる。
 1巻完結ということもあって、登場人物たちが一面的な(ステレオタイプでもある)性格になってしまってるところが残念。
 阿部さんの描く、ちょっとマズイことが起こったシーンの、デフォルメが好きだ。登場人物がみょーんって伸びたりするやつ。

 もうそれぞれに評価が付けられてるので(特に新井英樹作品については、へそさんの話を聞いた方が良いと思う)、感想はこのへんにさせて下さい。どれも面白かったです。
 へそまがりへはカンヅメじゃなくて、のんびりマンガを読みに行きたい、と切に思いました。



 わけあって、本当久々に、各種ニュースサイトをブックマークして、時間をかけて巡ってみた。なんだかんだ気になるニュースは(特に本のことで)色々あるんだけれど、もうこれはやりたいことではないな、と。ネットには端っこしか転がってなくて、自分で行ってみたり、やってみたり、そういうのが本体なんだろう。

 誰に見てもらってなくても、やらなきゃいけないことがある。何かのため誰かのため、というよりは、ほんと、訳分からないんだけど、やらなきゃいけない、あの感じ。お金なんかには全然ならなくって、役にも立たなくって、外野には、趣味、と言われるしかないんだろうけど、
 頭おかしいと思われたっていいから、死ぬまでにやってみたいし、見つけたら言ってみたいな。

「これが僕の使命です」
 
 そういうこと、新井さんの短編読んで思いました。思ってるだけじゃダメなんだけど。





  

カテゴリ
日記 (619) 作り話 (25) 

過去ログ
2016/12 (9) 2016/11 (18) 2016/10 (1) 2016/09 (7) 2016/08 (4) 2016/07 (9) 2016/05 (3) 2016/03 (12) 2016/02 (19) 2016/01 (16) 2015/09 (1) 2015/08 (9) 2015/07 (1) 2015/06 (14) 2015/05 (11) 2015/04 (9) 2015/03 (14) 2015/02 (14) 2015/01 (12) 2014/12 (10) 2014/11 (8) 2014/10 (10) 2014/09 (30) 2014/08 (15) 2014/07 (13) 2014/06 (22) 2014/05 (23) 2014/04 (25) 2014/03 (23) 2014/02 (17) 2014/01 (17) 2013/12 (18) 2013/11 (15) 2013/10 (21) 2013/09 (8) 2013/08 (19) 2013/07 (18) 2013/06 (19) 2013/05 (25) 2013/04 (28) 2013/03 (24) 2013/02 (6) 2013/01 (4) 2012/12 (6) 2012/11 (5) 2012/10 (7) 2012/09 (2) 2012/08 (11) 2012/07 (12) 


このブログのタイトルは OFZK です
ソントン という人間が書いています
だいたい本を読んでいます





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。