--------
 >スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




20150401Wed
 >汚れた僕の鏡で映せるたった一つの偽物じゃない光

 明日、っていうか今日、4/2(木)、本番です。3年ぶりにお芝居します。小芝居します。
 舞台やバンドをちょこちょことやっていたころに比べて、衰えたこと・出来なくなったことばかりですが、いまだから分かったこともあります。単純なことでした。年をとると出来なくなることが沢山ありますけど、歳をとらないと分からないことだってあります。もしかするとそれって諦めみたいなことなのかもしれないけど、歳をとることはそう悪いことじゃない、と思ってます。
 明日の本番が終われば多分また何年間か、何十年間か、ひょっとするともう死ぬまで芝居することはないかもしれないので、良かったら観に来てください。

 今日の稽古は、世田谷区の下馬地区会館、という場所で行なわれた。窓口の人の話では、2ヶ月前に新設された会館とのことだった。そりゃそうだ。僕が住んでいた頃には、こんな建物なかった。
 僕が上京した10年前に転がり込んだバイト先の先輩の部屋は、今日の稽古場から100mと離れていない場所だった。
 見覚えのあるYショップ、遅刻ギリギリのときに乗ったバス、クリーニング屋のダサい壁画。なにより、あの、ローソン。寮住まいのボーイ・スカウト・女の子は、皆まとめてあのローソンで下ろされていた。普通の飲み屋は女の子しか送ってもらえないのだけれど、僕が働いていたお店はボーイも送ってもらえるという好待遇で。僕は先輩と週6は一緒に帰ってきていた。働いた日はローソンで一緒に買い物して帰ったし、始発まで呑んだ日はもちろん送りが無いので、贅沢にも駅からワンメーターでタクシーに乗って帰った。
 一度だけ、指名数ナンバーワンの女の子と送りの車で一緒になったことがあった。「全盛期は本物の妖精みたいだった」という評判のその女性は、垢抜けていない小僧から見たらその時点でも充分妖精で。そんな妖精が普通にローソンで買い物しているとか、ちょっと信じられない光景だった。店員さんも目を疑っていた。妖精は岩清水しか飲まないものだと思っていたけど、コントレックスとか買ってた。
 ローソンで僕は『ぴあ』と『ダ・ヴィンチ』を毎号買っていた。『ぴあ』は確か木曜発売で、金土曜でよくよく内容を吟味し、仕事が休みの日曜には、よく舞台や映画を観に行っていた。1日2本観ることもあったし、半分寝ぼけながら3本行ったこともあった。『ぴあ』で調べて、勇気を出してスズナリ、東京で初めて観た演劇は、ザ・シャンプーハットの『事件』だった。シベリア少女鉄道毛皮族には衝撃を受けた。知り合いもいないし、チケットの予約の方法なんて知らなかったので、全部当日券だった。
 あの頃僕は台所で寝てて。先輩の部屋のテレビから『めざにゅ~』の始まりの「これからお休みになる方も、そしてお目覚めの方も~」というあいさつに、お休みの方ですと答えるのが日課だった。ヤカンが無いので無謀にもスチール缶で湯を沸かそうとした先輩がこぼした熱湯で寝入りばなに目を覚まさせられてブチ切れたりしていた。戦国無双のレベル上げを頼まれて必要以上に1キャラだけ育てに育てて逆に怒られたりした。僕の貯金箱から盗った金をパチンコでスッタ先輩に説教食らわすこともあった。
 どうしようもないなりに、あれは青春だった、ような気もする。

 10年前の下馬のバカへ。
 うすうす気付いてるとは思いますが、残念ながら10年後もそんなに僕は変わってません。何も成功してませんし、そもそも仕事もしてません。っていうか収入は君の半分もありません。歳をとったぶん情況は着実に悪化してます。学生時代に学んだことが抜けて、さらにバカになりました。良いことなんて片手ほどもありません。
 けどまあ、仲良くしてくれる奇特な人もいるし、自分ひとり食ってけるバイトもあるし。人が言う幸せってやつには一生手が届かないと思いますが、すぐに死ぬほど不幸なわけではありません。ただただぬるい地獄です。だけど所詮それも死ぬまでです。
 そんな、誰にも羨ましがられない・憧れられないような生き方ですが、10年前の君が思ってた、いつか芝居をやりたいという夢は叶えられたので、それだけは自慢しておきます。
 ではまた、思い出すことがあったら会いましょう。あなたが笑ってくれるようなやり方で、これからも、やっていきます。



the Pillows 「ONE LIFE」




  

カテゴリ
日記 (619) 作り話 (25) 

過去ログ
2016/12 (9) 2016/11 (18) 2016/10 (1) 2016/09 (7) 2016/08 (4) 2016/07 (9) 2016/05 (3) 2016/03 (12) 2016/02 (19) 2016/01 (16) 2015/09 (1) 2015/08 (9) 2015/07 (1) 2015/06 (14) 2015/05 (11) 2015/04 (9) 2015/03 (14) 2015/02 (14) 2015/01 (12) 2014/12 (10) 2014/11 (8) 2014/10 (10) 2014/09 (30) 2014/08 (15) 2014/07 (13) 2014/06 (22) 2014/05 (23) 2014/04 (25) 2014/03 (23) 2014/02 (17) 2014/01 (17) 2013/12 (18) 2013/11 (15) 2013/10 (21) 2013/09 (8) 2013/08 (19) 2013/07 (18) 2013/06 (19) 2013/05 (25) 2013/04 (28) 2013/03 (24) 2013/02 (6) 2013/01 (4) 2012/12 (6) 2012/11 (5) 2012/10 (7) 2012/09 (2) 2012/08 (11) 2012/07 (12) 


このブログのタイトルは OFZK です
ソントン という人間が書いています
だいたい本を読んでいます





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。