20150417 Fri
第4回ひとつき十冊へ行った


 昨日は白楽TweedBooksで行なわれた、「第4回ひとつき十冊」へ行った。僕と同い歳ということで一方的に親近感を感じているシンジさんがメンバーから外れ、今回から雲雀洞さんが参戦された。雲雀さんの紹介された本では『君もスグできる インディアン生活術』が気になってしょうがなかったのだけど、どうもツマらない本らしい。ガッカリだよ、インディアンに。
 雲雀さんが軽い郊外ディスを口にするとともに手にしていた、越智道雄『幻想の郊外―反都市論』(青土社)。思ってたのと違った、とおっしゃられていたが、ちょうど僕はツイードさんに、山内マリコ『ここは退屈迎えに来て』(幻冬社)を買い取ってもらったばかりだった。この短編集はすごく良かった。まさに郊外、っていうか田舎。短編のタイトルの1つである、

「君がどこにも行けないのは、車持ってないから」

これほど田舎で真実な言葉はない。

 あ、そうです。TweedBooksさんに本を買い取ってもらったのです。個人の古本屋さんに買取をやってもらうのは、多分人生で初めてでした。びっくりするくらい良い値段をつけて頂きました。ありがとうございました。面白い本を、僕の手元だけに置いておいてもしょうがないからなぁ、とふと思って、じゃあ一旦ツイードさんのところへ旅立ってもらおうと。面白い本ばっかです。有名作(?)が多いですけど。
 中でも、2年位前のTwitter文学賞で1位を獲った、小田雅久仁『本にだって雄と雌があります』(新潮社)は、特にマジで面白くって、たぶん、いや絶対にこれ好きだよね、って思い込んで、小道具師の辻本さんに、何回もあげようと思ったんだけど、この前のこゆび侍のときとか、差し入れに間違えてサソリの標本を持ってってしまって、ああもう辻本さんはきっと僕からの差し入れとか期待してないっていうか「だが断る」のスタンスで来るに違いない、とビビって渡せなかったので、だれかもらってやってください。あの年に読んだ本のなかで一番面白かったです。

 


おまけ ソントンが3月に読んだ本

岡田利規 『わたしたちに許された特別な時間の終わり』(新潮社)
吉本隆明 『真贋』(講談社文庫)
植草甚一 『JJ氏の男子専科』(晶文社)
ティナ・シーリグ 『20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義』(CCCメディアハウス)
山本譲司 『累犯障害者』(新潮文庫)
柴那典 『初音ミクはなぜ世界を変えたのか?』(太田出版) →感想
鴻上尚史 『孤独と不安のレッスン』(大和書房)
イッセー尾形 『イッセー尾形の人生カタログ』(朝日文庫)
ロベルト・ピウミーニ 『逃げてゆく水平線』(東宣出版) →感想
保坂和志 『書きあぐねている人のための小説入門』(草思社)
サマンタ・シュウェブリン 『口の中の小鳥』(東宣出版)
パヴェル・ブリッチ 『夜な夜な天使は舞い降りる』(東宣出版)
海猫沢めろん 『頑張って生きるのが嫌な人のための本』(大和書房)
グリゴリー・オステル 『いろいろのはなし』(東宣出版) →感想
三島芳治 『レストー夫人』(ヤングジャンプコミックス)

15冊。特に面白かったのは太字。
また誰かと本の話したいなー。



コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

Reggie Watts 「A Song About Apples (Always Love Yourself)」


booklog (→all)


 日記 (658)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (11)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin