--------
 >スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




20150418Sat
 >見た目も追いつかなかった

 内田樹・岡田斗司夫FREEex 『評価と贈与の経済学』(徳間書店)を読んだ。最終的には人柄が大事だ、っていうことがチロッと書かれていた。僕が最近よく思うこと(演劇とか音楽でも最後には人柄が大事、ってよく思う)と同じで、ちょっと前に内田樹の本を読んだことがあったので、知らず知らず影響を受けて引用してしまったのかもしれない、と思った。あと、シェアハウスしたいな、って思った。ひとりになったとたんダラけてしまうので、常に誰かに見張られている緊張感と共に暮らしたい。早くハゲそう。他に書かれていたことは忘れた。こういう本を読むときは、ページに直接書き込んで、あとから要約する、くらいのことをしないと、ビジネス書アフィリエイトのプロブロガーにはなれない。なるつもりはない。ページは大切にしたい。
 いつか、僕が質問・相づち役として真ん中に座って、その両側3人ずつくらいに、内田樹賛成派・内田樹反対派を配置し、朝まで生テレビ、みたいな現場に居合わせられたら面白いのにな。


 見た目が若いとよく言われる。精神年齢はそれ以上に若い。
24歳くらいのときに、バイトしていた出版社の後輩に、
「ソントンは、自分の精神年齢何歳くらいだと思ってる?」と聞かれ、
「16~17歳くらい」と答え、
「おー、分かってるんだ」と言われた。
 たぶん今は18~19歳の精神年齢で、見た目は22~23歳になってるんじゃないかと思う。ご存知のとおり、実年齢は30歳です。実年齢に、見た目と精神年齢がまったく追いついていない。
 毒きのこちゃんの稽古中には、「鳥皮さんより若いと思った」という声を頂いた。ちなみに僕より鳥皮さんの方が2~3歳年下です。
 たまに、「それで良いの!?」と詰問されることがあるんだけど、まあこれはこれで良いんじゃないかと思う。自覚と、周りからの印象、そのズレが大きくなければ良いんじゃないかと思う。屁理屈かな?
 




  

カテゴリ
日記 (619) 作り話 (25) 

過去ログ
2016/12 (9) 2016/11 (18) 2016/10 (1) 2016/09 (7) 2016/08 (4) 2016/07 (9) 2016/05 (3) 2016/03 (12) 2016/02 (19) 2016/01 (16) 2015/09 (1) 2015/08 (9) 2015/07 (1) 2015/06 (14) 2015/05 (11) 2015/04 (9) 2015/03 (14) 2015/02 (14) 2015/01 (12) 2014/12 (10) 2014/11 (8) 2014/10 (10) 2014/09 (30) 2014/08 (15) 2014/07 (13) 2014/06 (22) 2014/05 (23) 2014/04 (25) 2014/03 (23) 2014/02 (17) 2014/01 (17) 2013/12 (18) 2013/11 (15) 2013/10 (21) 2013/09 (8) 2013/08 (19) 2013/07 (18) 2013/06 (19) 2013/05 (25) 2013/04 (28) 2013/03 (24) 2013/02 (6) 2013/01 (4) 2012/12 (6) 2012/11 (5) 2012/10 (7) 2012/09 (2) 2012/08 (11) 2012/07 (12) 


このブログのタイトルは OFZK です
ソントン という人間が書いています
だいたい本を読んでいます





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。