20150427 Mon
一軒家を何人かで借りて一緒に住むという計画


 何人かで一軒家に住んで、そこで何かお店でも出来たら楽しいのにな、って夢みたいなことをいつまでも言い続けていこうと思う。

 ひとりで家にいると、ダメダメになっていく気がしてならない。すぐに自分に甘えてしまうので、できるだけ誰かに気をつかってちゃんとしていたい。3人か4人くらいで集まって住みたい。その人々に気を使って、たまに甘えて、そうやっていきたい。
 夜な夜な下らないことをいつまでも話し続けたい。夜になっても踊り続けたい。朝になっても眠り続けたい。
 次に僕らがドアを開けたとき、世界はすっかり変わってしまってて、人は一歩も外に出ず、ロボットが町を歩き、車は空を飛んでいて、いまちょうど、怪獣がウルトラマンをやっつけたところ。
 やあやあ、こいつぁピンチだ。我々がどうにかせねばな。よっこいしょういち。
 そして僕たちは、音楽と物語とダンスと嘘八百で怪獣に立ち向かい、そしていつしか怪獣も仲間になり、ずんどこずんどこと、一緒に楽しく暮らしましたとさ、ウルトラマンバイバイ。

 みたいな感じで。



Maanam - Cykady na cykladach






コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

Reggie Watts 「A Song About Apples (Always Love Yourself)」


booklog (→all)


 日記 (658)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (11)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin