20150810 Mon
自分の感受性くらい


 久しぶりに舞台を観に行った。好きな劇団なんだけど、初見の頃より面白さを感じなくなってしまっている。いつもより舞台上で飛び散っている汗の量が少なかった、というのもあるけど、きっと僕の慣れが大きな原因なんだろう。こういうとき“自分の感受性くらい 自分で守れ”という一節をいつも思い出す。
 麻痺してしまった自分の感受性を脇に置いて、基本的に僕は、汗が飛び散る芝居、が好きなのではないだろうか、ということに気づいた。目で見える汗に限らず、脳が汗をかくような芝居も好きだ。
 つまりは、一生懸命にやっているかどうか、ということなんだろう。
 何も芝居に限ったことではない。僕だって、一生懸命、やるべきことがあるのだ。それを頑張るのだ。

 20連勤の一週目が終わりました。応援よろしくお願いします。死なぬよう。


マンサツ 0冊




コメント

by ()
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.08.12 07:44 (編集)


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

山瀬まみ「ゴォ!」


booklog (→all)


 日記 (661)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin