20160712 Tue
フリースタイル


絶え間なくそそぐ愛の名を永遠と呼ぶことができるのかどうかは知らないが、
絶え間なく右側の鼻の穴から鼻水が流れ落ちてきたらそれはもう風邪である。

そんなわけで、10年ぶりにクーラーの下で眠ったせいか、見事に風邪をひいた。
よく考えたら数ヶ月前までバス停とか公園のベンチとかで、
寒さに震えながら丸まっていたのだ。いきなりクーラーは進化しすぎだ。
打ち水くらいから徐々に文明度を上げていかなければならなかったのだ。
外で寝るの、冬はキツイと思ったけど、この季節もツライだろうな。
家なき人の皆さん、お体には気をつけて。


最近、職場の先輩にすすめられて、『フリースタイルダンジョン』という番組を観た。
観たと言っても、R-指定やDOTAMAの、バトルのみを繋げたダイジェスト版だけど。
twitterではだいぶ前から話題になっていたのだけれど、
僕は曲になったライムの方が好きなこともあって、観ないでいた。

フリースタイルっていうのは、ラップで戦うことです。
DJが選んだビートで一定の小節数、韻を踏みながら(まあダジャレみたいなもんです)、
目の前にいる相手のことをボコボコに悪く言うのです。
優等生の僕には考えられない世界。きゃー、やめてーっていう。

自分はかなり言葉が出てくるのが遅いので、
こうやってポンポン尖った言葉が出てくる人を見ていると素直に、スゲエ……と思います。
あとはやっぱり、言葉の向きがハッキリしている方がグッとくるなあと思います。
目の前にいる相手のことをdisってたり、俺スゲエんだぜってのだったり、
客のことを煽ってたりする言葉のほうが盛り上がってる感じがする。
帳尻あわせの単語でどれだけ上手くライム・フロウしてもあまり沸かない。
あと、日本語は響きはのっぺりしてるけど、単語の意味が多角的にとれるところも、
それが前もって感覚的に共有されてたりするのも、面白いなと思います。

この前、twitterでフォローしている方が、
フリースタイルに出てきたって呟かれてて、すごいなーと、度胸あんなーと。
やっぱりちょっとでも知ってる人がやってるって方が盛り上がる。
観たかったわー。

「彼氏がいちいち韻を踏んできてウザイです」という悩み相談みたいなのもtwitterで見かけた。
フリースタイルが人気になった弊害だ。
けど、上で書いたフリースタイル出場の方も女性だし、
そもそも口喧嘩ってのは100%女性の方が強い。
たぶんその女の子は、彼氏よりも一枚も二枚も上手のラップをかまして、
彼氏のことをボコボコにしたんだろう。

てめえさっきからハンパなライムばっか超うぜえ
やるなら腹くくれやはんかくせえ
田舎くせえだせえスメル丸出しで
テレビの前でお勉強?アホくせえ
青二才の青いケツ蹴飛ばすマイスキル
マジでイル てめえはlike a 大木ビビる
いい加減てめえの無能に気づけ包茎
わかったか?さっさとそこどけクソ童貞

あー、居合わせたたかったわー現場に。





コメント


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

Reggie Watts 「A Song About Apples (Always Love Yourself)」


booklog (→all)


 日記 (658)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (11)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin