--------
 >スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




20160913Tue
 >ベイビー戻ってきておくれ

住みたい場所があるのだけれど、家賃が7万円なのだという。
くそう、ままならねえ。
いや、もし東京だったら7万は安いと思うよ?
けどここ、三重よ、三重。過疎地代表選手よ。
人口よりもソーラー発電パネルの方が多い土地よ。
しかも僕の給料ってあれだから、あなたドン引きするくらい安いから。
僕の住みたい場所って、そんなに便利な場所・便利な設備でもないのに7万って……。
けど、いつかは住みたいところなので、頭の片隅に置いておく。
無理してでも、虚勢を張ってでも住む。
そしてまた自滅してやる。ナカイデは何度だってよみがえるのだよ。


昼にラジオを点けたら、めっちゃカッコいいアフロビートが流れてた。
なんて番組だろ、誰の曲だろ、って聞いてたら、
今まであまり好きじゃなかった番組に、
ゲストで来ていたあまり興味のなかった人の曲だった。
ブルーノートと契約した某日本人トランペッターです。
先入観ってほんと邪魔してくるなーって反省した。
けど、曲が終わってからの番組MCがド下手で、
やっぱり番組は好きじゃないなって思い直した。

ジャズはやっぱり50~60年代だよ、っていうのになんとなく反発があったんだけど、
自分も情報の段階でなんだかんだ、今ジャズの日本人、ってだけで聞くの遠慮してた。
もっと分け隔て無くいかなければ、良いものはやってこないよな。

番組の途中でそのトランペッターが、
『Bring it on home to me』をソロで吹いていた。
サム・クックで有名な曲だけど、僕はこの曲をトータス松本のカバーアルバムで知った。
それ以来、女の子にフラれては毎度、この曲が頭に流れるようになったのでした。
うらぶれた男子の背中に似合う曲です。

I know I laughed when you left
But now I know I only hurt myself
Oh-oh bring it to me
Bring your sweet loving
Bring it on home to me





  

カテゴリ
日記 (619) 作り話 (25) 

過去ログ
2016/12 (9) 2016/11 (18) 2016/10 (1) 2016/09 (7) 2016/08 (4) 2016/07 (9) 2016/05 (3) 2016/03 (12) 2016/02 (19) 2016/01 (16) 2015/09 (1) 2015/08 (9) 2015/07 (1) 2015/06 (14) 2015/05 (11) 2015/04 (9) 2015/03 (14) 2015/02 (14) 2015/01 (12) 2014/12 (10) 2014/11 (8) 2014/10 (10) 2014/09 (30) 2014/08 (15) 2014/07 (13) 2014/06 (22) 2014/05 (23) 2014/04 (25) 2014/03 (23) 2014/02 (17) 2014/01 (17) 2013/12 (18) 2013/11 (15) 2013/10 (21) 2013/09 (8) 2013/08 (19) 2013/07 (18) 2013/06 (19) 2013/05 (25) 2013/04 (28) 2013/03 (24) 2013/02 (6) 2013/01 (4) 2012/12 (6) 2012/11 (5) 2012/10 (7) 2012/09 (2) 2012/08 (11) 2012/07 (12) 


このブログのタイトルは OFZK です
ソントン という人間が書いています
だいたい本を読んでいます





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。