20161116 Wed
3日目


11/16(月)晴

4:00
 起床。寒さで目が覚める。
5:00
 同室の男性を起こさぬよう静かに準備し、出発。星がきれい。
5:50
 11番藤井寺の山門着。懐中電灯を頼りに登山開始。6時に寺の鐘の音を聞く。6時半には夜が明けてきた。木々の隙間から海が見えた。海なんかあったっけ? よく見ると雲海だった。夜明けの青い光で雲が輝き、とてもきれいだった。やがて日も昇り、光を浴びると体が元気になった。いよいよ光合成が出来る体になったかと思ったが、先ほどの休憩でパンを食べたおかげだった。とにかく山道、杉の木が続く。
8:05
 柳水庵という小屋に着く。湧き水を頂くが、口に合わずチビチビとしか飲めない。庵から少し進んだところに泊まることのできる小屋があった。ここで泊まるのは相当楽しいだろう。辺りは真っ暗で、星がよく見えるに違いない。
9:00
 杉庵という小屋があったが、ゼイゼイでよく覚えていない。
10:50
 12番焼山寺着。周りに何もない。山の上に寺だけがある。静か。お寺の人に、7時に出発してきたとなぜか間違った時間を言ってしまい、ものすごく足が速いと言われる。それはそうだ。
11:15
 出発。何度か休憩を挟みながら歩く。本当に山道で、店が全くない。鴨島で買い貯めしてきて良かった。途中でカブに乗ったおじいさんに、お茶・バナナ・みかん・ドーナツを頂く。少し立ち話。今年の11月は春のような陽気らしい。高知では海辺をたくさん歩くが、風が吹いたら天気が崩れるから気をつけるように教えてもらう。そのあと道中で2人くらいとお話をした。来年はうるう年のため、88番から逆向きに歩く“逆打ち”をしにくる人が増えるらしい。うるう年の逆打ちは御利益が大きい(ということになっている)らしい。一度道に迷って気持ちが折れ、左脚も折れかかる。下りは登りに比べるとゆるいが、途中から延々とアスファルトで、一気に脚にきた。延々と山と川。
18:00
 おやすみなし邸という小屋に着く。本来は夜は開いておらず宿泊禁止の小屋なのだが、夜半から雨が降るという予報があったらしく、小屋を閉めにいらした管理者さんが、ご厚意で泊めてくださった。しばらくして、昨日鴨の湯で一緒だった男性も到着。特別に泊まれることを伝え、二人で喜ぶ。

0円?

鴨の湯 -(15k)- 12番 -(19.4k)- おやすみなし邸


11/16(水)晴
 どうやら参拝以外は1円も使わなかった日らしい。道中は完全に山道で店が無く、使おうと思っても使えないのだけれど。途中で食料をお接待頂けたのは本当にありがたかった。
 たしかに昼間は春のように暖かく歩きやすいかった。ただ、さすがに年末に向けて寒くなるので、時間がかかっても年内には歩き終えるようにというアドバイスをどの人からも頂いた。1月に入ってからの冬の歩きはかなりキツイし、雪で山道が通れずにすべて回れないこともあるらしい。
 焼山寺までは距離だけ見ると大したことないけれど、山道なので、ふつうの道の2~3倍時間がかかる。『るるぶ』によると、今の遍路道は焼山寺越えが一番の難所らしい。通称・遍路転がし。前日までの天気で足下は悪かったが、当日は晴れて本当に良かった。ご住職にもそう言われる。雨だった多分転がり落ちて死んでいたと思う。
 道のり的には一番の難所とはいえ、まだ3日目で体力もあるので、頑張ればなんとかなる感じ。のちのちの難所の方がキツく感じる。





コメント

by うな重 (URL)
ちょっとー!!えー今なの?ing?
なんだか凄く会いたくなりにけり。
無事に帰ってきてねー。
2016.11.17 07:27 (編集)

by ソントン (URL)
1年前に歩いてきたのよー。無事に帰ってきました!
いまはぬくぬくと過ごしています。
また会おう!いつでも会える!!
2016.11.17 21:25 (編集)


コメントフォーム

 管理者にだけ公開する

 
OFZK

山瀬まみ「ゴォ!」


booklog (→all)


 日記 (661)
 つくり話 (25)
 右上の音楽ログ (1)

 2017/10 (14)
 2017/09 (6)
 2017/08 (23)
 2016/12 (9)
 2016/11 (18)
 2016/10 (1)
 2016/09 (7)
 2016/08 (4)
 2016/07 (9)
 2016/05 (3)
 2016/03 (12)
 2016/02 (19)
 2016/01 (16)
 2015/09 (1)
 2015/08 (9)
 2015/07 (1)
 2015/06 (14)
 2015/05 (11)
 2015/04 (9)
 2015/03 (14)
 2015/02 (14)
 2015/01 (12)
 2014/12 (10)
 2014/11 (8)
 2014/10 (10)
 2014/09 (30)
 2014/08 (15)
 2014/07 (13)
 2014/06 (22)
 2014/05 (23)
 2014/04 (25)
 2014/03 (23)
 2014/02 (17)
 2014/01 (17)
 2013/12 (18)
 2013/11 (15)
 2013/10 (21)
 2013/09 (8)
 2013/08 (19)
 2013/07 (18)
 2013/06 (19)
 2013/05 (25)
 2013/04 (28)
 2013/03 (24)
 2013/02 (6)
 2013/01 (4)
 2012/12 (6)
 2012/11 (5)
 2012/10 (7)
 2012/09 (2)
 2012/08 (11)
 2012/07 (12)

OFZKed by sonton



adimin